2020年9月26日 (土)

『美意識の値段』を読む

室蘭市の日の出町にある卸売市場で毎朝行われているのが、青果・魚介の〝競り〟。
静内の軽種馬農協市場で行われているのは、サラブレッド1歳馬の〝競り〟。
サイバー空間のヤフオクで行われているのも〝競り〟、扱われているのは種々雑多・玉石混交。

演台をハンマーで叩いて〝競り〟の成立を告げるスタイルを採用しているのが、オークションハウス。

250年以上の伝統と品格を誇るオークションハウスが、クリスティーズとサザビーズ。

Photo_20200920175601
こんな飯屋で読み始め。

本著者はクリスティーズのニューヨーク・ロンドンに長く勤務した人。
現在はクリスティーズジャパン社長。
専門は日本美術。
仕事はオークションに出品する作品を探し出し、鑑定し、査定し、売ること。

著書名は『美意識の値段』だが、要するに〝査定〟のこと。
〝アート〟に〝値〟を付けること。
〝値〟を付けるとは、〝値〟を貨幣価値に置き換えること。
コレを売るならナンボ、アレを買うならナンボ。

しかし、そもそも〝アート〟を貨幣価値に置き換えることはできないことだろう(と、私は思う)。
〝アート〟に限らず、〝値〟を貨幣価値で考えること自体、下品でイヤらしいこと(と、私は思う)。

著者は言う。
時代を経た〝アート〟も誕生したときは現代アート。
古いアートはただ時代を経ただけでなく、今においても現代的なのだと。
だから、それを所有しようとするヒトは、ほんのいっとき それを預かり次の歴史へと継続させていると。

本夕、読了。

クリスティーズでオークションにかかる出品物の、下は400ドル、上は4憶ドル。

クリスティーズは東京でもオークションを開催していたことがある。
バブル景気の頃。
その身の程知らずの 調子に乗った文字通りの〝泡〟景気が去った今、アートの世界は日本を相手にしていない。
クリスティーズのアジアでのオークション開催都市は、香港・シンガポール・バンコク。

| コメント (2)

2020年9月19日 (土)

『釣りの名著50冊』を読む

作家、芸能人、作曲家、政治家等、50人が書いた50冊の〝釣り〟に関わる本が紹介される。
いわゆる〝本の本〟。
シケが続いている秋の日に、釣り師(のつもり)が読むのにふさわしい本だろう。

最終ページに書かれた著者の言葉は、以下の三行。

人生の喜怒哀楽は時に1本のサオにも及ばない。
釣り人が味わう一投一打の悲喜劇は、それほど激しく強烈であると、私は思う。

Photo_20200916093301
こんな飯屋で読み始め。

『古今東西の「水辺の哲学」を読み解く』が副題。
最終ページの著者の言葉も大ゲサだが、副題も何ともハァーいい気なもん、と言うか・・・
まァ、しかし、釣り師とは、そんな言葉を吐く人種だ。

アーネスト・ヘミングウェイの『老人と海』
アイザック・ウォルトンの『釣魚大全』
といった著名本もあれば、
桂歌丸の『岩魚の休日~ちょっとうるさい釣り行脚』
児玉誉士夫の『生ぐさ太公望』
なんてのも。

50冊には、
生活のための釣り
もあれば、
遊びのための釣り
もある。
無釣果で帰りヤケ酒をあおる釣り
もあれば、
戦災から逃れての疎開先で空腹を満たす釣り
もある。
家庭を壊す釣り
もあれば、
家庭を作る釣り
もある。

釣りの話。
相手はサカナだから、いずれにしてもそれほどドラマチックな話はない。

1本のサオにも及ばない人生の喜怒哀楽が、あろうはずがない。
水辺に哲学なんぞ、あろうはずがない。

ンなこと、釣り師は百も承知。
百も承知だが、
人生の喜怒哀楽を超える魚信得るため
水中に哲学を求め
釣り師は、竿を抱えて釣り場に向かう・・・

本夕、読了。

田中角栄逮捕時の法務大臣は、稲葉修。
その彼の著書『アユ釣り・海釣り』が紹介されている。

山形県の小河川でアユの友釣りに興じていた彼に、法務省刑事局長から緊急電が入る。
「今日中に、検察が田中角栄の逮捕状を裁判所に請求する。ついては、そのご許可を」
彼はその求めに許可を与え、そのことを閣僚にも党幹部にも伝えず、再び川に入ってアユ釣りを始める。
入れ掛かり。
同行5人で200尾掛けたと。

| コメント (0)

2020年9月14日 (月)

『愛国心を裏切られた天才』を読む

ブルゾンちえみは芸能界から身を引いたそうで。
そのブルゾンちえみの決めゼリフは、〝35億。 あと5000万〟。
〝35億〟とは、世界の人口の半数の男性数を表す。
〝あと5000万〟とは日本の人口の半数の男性数を表す。

世界人口の推移は、
1800年 10億人
1900年 20億人
1960年 30億人
1974年 40億人
1987年 50億人
1999年 60億人
最新の統計を見ると、世界の人口は77億を超えている。

人口の増加を支える穀物の生産は、肥料にかかっている。
肥料の3要素は、窒素・リン酸・カリ。
代表的な窒素肥料の硫酸アンモニウム(硫安:(NH)SO )は、アンモニアと硫酸から合成される。
さらにその前段階、窒素と水素からアンモニア(NH)を工業規模で合成する方法がハーバー・ボッシュ法。

本書の副題は『ノーベル賞科学者ハーバーの栄光と悲劇』。
ハーバー・ボッシュ法の発明者のフリッツ・ハーバー(1868年ー1934年)の生涯が、本書で語られる。

Photo_20200523192201
こんな飯屋で読み始め。

第一次世界大戦は、1914年ー1918年。
敗戦国ドイツの人のハーバーのノーベル賞受賞は、大戦の終わった年の1918年。

ハーバーは1924年に来日するのだが、それを伝える東京朝日新聞の記事が掲載されている。
見出しは、〝毒ガスを発明したドイツの博士来る

1900年代初頭、アンモニア合成法の発明で祖国の農業生産量の拡大に貢献したハーバーは、第一次世界大戦においては、祖国の勝利のために毒ガス兵器の開発と実戦への投入法を指導している。
日本においては、新聞記事の見出しの通り、彼の知名度はアンモニア合成法の発明者としてより、西部戦線に用いられた毒ガスの発明者としてのほうが高かったくらい。
だから、ハーバーへノーベル賞が授与され、しかもその時期が大戦直後だったことに対し、当時、ノーベル財団へは国際的に批判の声が多く投げかけられたという。
しかし、科学に対するノーベル財団の中立性・客観性の純粋さはハーバーへのノーベル賞の授与で示されたともいえる。

ハーバーはユダヤ人。
同じくユダヤの同時代人のアインシュタインがコスモポリタンだったのに対し、ハーバーは極めて土着、内向きのヒト。
そのドイツ愛国のゆえから、ユダヤ教からプロテスタントに転向。
ハーバーは科学者として優秀だったことに加えて、管理者としても大変に優秀なヒトだったようだ。
平和時はドイツの工業力のため、戦争時はドイツの軍事力のため、その天才を発揮。
研究所の運営、テーマの遂行、課題の解決に寝食を忘れる。

でありながらも、彼は祖国を追われ、没地はスイス。

本夕、読了。

函館公園内の函館博物館近くに、フリッツ・ハーバーの叔父に当たるルードヴィッヒ・ハーバーの殉難碑があることを知るヒトは少ない。
ルードヴィッヒは維新間もない日本の駐函館領事補で、排外人思想を持つ旧秋田藩士に斬殺されている。
その没後50年祭にフリッツ・ハーバーが訪れて献花している。
毒ガスを発明したドイツの博士来る〟と報道された来日時のこと。

| コメント (2)

2020年9月 5日 (土)

『精神科医は今日も、やりたい放題』を読む

著者は、内科医・漢方医。
毀誉褒貶の多いヒト。
というより、〝誉〟・〝褒〟は聞こえてこない。
聞こえてくるのは、〝毀〟・〝貶〟ばかりのヒト。

自身を、ヤクザ医師、キチガイ医師という。
『医者が教える、過激ながらも大切な話』が副題。

Photo_20200428135101 
こんな飯屋で読み始め。

気分が沈む、やる気がでないという状態。
それは誰にでも訪れる精神状態であり、〝病〟ではなく〝感覚〟。
しかし、精神科医は、それを〝うつ状態〟とは呼ばず、〝うつ病〟と診断する。
食欲がない。
それも誰にでも訪れる精神状態であり、〝病〟ではなく〝感覚〟。
しかし、精神科医は、それを〝食欲不振〟とは呼ばず、〝拒食症〟と診断する。

〝うつ〟が〝病〟なら、それは脳の疾患。
〝拒食〟が〝病〟なら、それも脳の疾患。
で、脳のどこのどのような疾患で、その原因は何なのかを言える者はいない。
精神病のすべては医学的、科学的には証明できない。

よって、精神〝病〟の診断は、精神科医の〝主観〟。

以上は、本著者の主張。

本夕、読了。

脳のどこのどのような疾患で、その原因は何なのかを言える者はいない。
だからと言って、〝病〟ではない、と断言していいものだろうか。
科学的な証明がない。
だからと言って、〝科学的な証明がない〟精神の不調の全てが、〝病〟ではない、と断言していいものだろうか。

今々現在は、〝分からない〟。
今々現在は、〝証明できない〟。
しかし、将来にわたって客観的な診断基準が見出だせないとは言えないだろう。
てな、私の言い方も証明なし(^^;

本著者なら、こう言うだろう。
あんた、そんな言い方は誰にでもできる。
あんたの言い分は、エビデンスのない、ただの主観。
と(^^;

| コメント (2)

2020年8月13日 (木)

『ヤクザ式 心理戦に勝つ「ものの言い方」』を読む

本著者が居酒屋で飲んでいた時に見た風景。

入ってきたのが、一見して分かるヤクザ。
店主が、
「すみません、カンバンなんですが」
その男、
「そこの客、飲んでるじゃないか。この店は、何時までやっているんだ」
その後のやり取りは、
「11時です」
「過ぎてるじゃねェか」
「お客さんが残ってらしたもんで」
「客がいたら飲ませるってことだな」
「いえ、そういうわけじゃ・・・」
「てめェ。客を選り好みすんのか!」

以上、本書より。

Photo_20200811175301
こんな飯屋で読み始め。

上記のやり取りで、心理戦に勝ったヤクザの「ものの言い方」の重要伏線は、
〝この店は、何時までやっているんだ〟
それに対し、不用意に
〝11時です〟
と応じてしまったのが敗因。

反射神経だけの会話のやり取りでは、相手によってはエライ目にあうことがある。
本書が教えるのは、その逆。
相手に対し優位に立つ「ものの言い方」。
それが45パターン。

本夕、読了。

我が小さな町にも、夜になるとパトカーが張り付いていた場所があった・・・

以下は、私のことではないが。
某ゴルフ場で。

先にプレーする組に、球を打ち込んでしまった。
で、打ち込まれた組の一人が、手を挙げた。
右利きのゴルファーは、左手にグローブをつける。
わざわざ、その左手のグローブを取って、手を挙げた。
手のひらの形はグー・チョキ・パーのパー。
そのパー、小指が短い。
打ち込んだ先は、小指の短いヒトの組(^^;

500万円ってのは、いくらなんでも・・・
5万か・・・
小指が短い。
だからといって、4万5千円を持っていったら半殺しにされるだろう。
40万も同様だろう。

って、打ち込んだそのヒトが用意したのは50万。

ものを言わずして、ヤクザは心理戦に勝つ・・・

| コメント (0)

2020年8月11日 (火)

『数学する人生』を読む

STAP細胞発見の発表をした女性研究者が研究室でドレスの上に着ていたのは、コート型白衣ではなく割烹着だった。

高校生の時。
1年生の冬休み後の3学期だけ臨時に教えに来た数学教師は、総白髪のオバアちゃん。
で、和服に割烹着。
オバアちゃん先生、奈良女子大の数学科出身だと聞いた。

岡潔(おか きよし)は、その奈良女子大で長く数学研究と女子教育に携わったヒト。(注)
本書は岡潔の残した多くのエッセーからチョイスされたものと、岡婦人が岡潔の人柄を書いた文章を1冊に編んだもの。

Photo_20200731211901 
こんな飯屋で読み始め。

本書の対象とする読者は、せいぜい加減乗除を使うことぐらいで日々を過ごしていける、私のような者。
だから、編者の選んだ岡潔の文章には、数式も数学用語も出てこない。
『数学する人生』という題名だが、〝数学する〟話はない。
年にレポート用紙で1000枚を使って考えることを2年。
それで20枚くらいの論文を1本。
数学者としての彼の仕事の風景は、それくらいのことしか書かれていない。

岡潔が文化勲章を受章した前後を〝騒動記〟として書いた夫人の文章に、岡潔の人となりが見える。

どこへ行くのにもノーネクタイ。
晴雨問わず、行き先問わず、いつもゴム長靴。
朝ごはんは、白米の上にトマトをのせて醤油。
食事時間は不定期、腹が減ったら食う。
ビールを1本か2本。

本夕、読了。

文化勲章受章者には年金が出るのだが、夫人が言うには、
「大学から十分な給金をもらっているので必要ない」
その十分な給金額とは、4万7千円。
1970(昭和45)年のことで、その年の国家公務員上級職の初任給で3万とちょっと。
60歳の国立大学教授のフトコロ具合の何とつつましやかなこと。

岡潔は夫人帯同でフランスに3年間留学している。
夫婦ともヨーロッパの文化にひたっていた時期があるが、日本に戻ってからの生活はいたって和式。

岡潔の日常は、上に書いた通り。
そんな彼に、夫人はソーサーにスプーンも付けてブラックコーヒーを出す。

(注)

邦人数学者で国際的業績をあげた二人をあげよと言われたら、高木貞治(たかぎていじ)とこのヒト。

岡 潔。
1901(明治34)年-1978(昭和53)年。
多変数解析関数論上の「三つの大問題」を解決した数学者。
って、私には何のことか(^^;

欧州の数学者らは、この「三つの大問題」が大変な難問であることから、一人で三つ全てを解決できるとは考えていなかったようだ。
それゆえ、Kiyoshi Okaとは、数学者集団を表す名称だと信じていたようだ。

| コメント (0)

2020年7月16日 (木)

『トムラウシ山遭難はなぜ起きたか』を読む

トムラウシ山(トムラウシやま)は、大雪山系中の山(2141メートル)。
トムラウシ山遭難とは、2009年7月16日に起きた事故。
(読み始めてから気付いたのだが、今日が12回忌に当たる)

パーティの構成は、
 男性ガイド3名
 男性ツアー登山者5名
 女性ツアー登山者10名
内、
 男性ガイド1名
 男性ツアー登山者1名
 女性ツアー登山者6名
が、低体温症(疲労凍死)を死因として遭難死したもの。

Photo_20200716202801
こんな喫茶店で読み始め。

雨。
そして強風の中の登山。
当日の最低気温は3℃以下。(注)
西風は20メートル以上だったものと推定されている。

遭難のあらましを、フリーライターが
当日の現地の気象の推測を、気象学者が
低体温症についてを、医師が
登山の運動生理学を、生理学者が
それぞれ1章を受け持って執筆している。

いずれも、当該分野の専門家で、かつ登山経験豊かなヒトたち。

出発しない、あるいは引き返すという判断をする機会はあった。
しかし、ガイドはそれをしなかった。
と、非難するのは簡単。

死者の中には、ザックの中に防寒着を残したままの者がいる。
なぜ、着なかった。
と、非難するのは簡単。

しかし、本書執筆者らはそれをしない。

本夕、読了。

副題は『低体温症事故の教訓』。
同じ環境下にいながら、分かれる生と死。
そうなった事実が調べられ、そこから引き出される教訓が書かれている。

山を歩く者は知っている。
判断が必要になった時点で、ほとんどの場合は手遅れなのを。

山を歩く者は知っている。
降雨(降雪)、強風の中でザックをおろし、雨着の下に防寒着を着ることの困難さを。

本書執筆者らが〝指摘〟はしても〝非難〟しない理由だ。

(注)
ところで、トムラウシ山よりやや北の、ほぼ同じ標高域の大雪山系を私も歩いている。
私が歩いたのは、すでに晩秋期の山で
'16年9月18日には降雪
'17年9月17日には霜、氷
を見ている。
大雪山系に、四季はない。
あるのは、春・秋・冬の三季。

| コメント (2)

2020年5月11日 (月)

『オノマトペ』を読む

擬音語とは、実際の音をまねた語のこと。
例えば、ワンワンとかピッポッパとか。
擬音語をオノマトペという。

擬態語とは、音以外の雰囲気を表現した語。
たとえばゆらゆらとかオッパッピーとか。
擬態語は擬態語で、オノマトペとは言わない。

本書の題名は『オノマトペ』。
副題は『擬音語・擬態語の世界』。
擬音語に限らず擬態語も扱っている。
著者は国語学の専門家。

本書内では、擬音語・擬態語両方ともオノマトペとして扱っている。
本記事も、それにならうことにする。

Photo_20200511194401
こんな喫茶店で、読み始め。

日本に残る最古の文書は、古事記(成立、712年)。
この古事記にすでにオノマトペが記されているという。

古事記は全て漢字で書き表されているが、その一部を現代人に分かりやすく書き下すと、

是(ここ)に、天つ神 諸(もろもろ)の命以(みこともち)て、伊耶那岐命(いざなきのみこと)・伊耶那美命(いざなみのみこと)の二柱(ふたはしら)の神に・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
こをろこをろに画(か)き鳴らして、引き上げし時に・・・・・・・・・・・・

このこをろは〝かわら〟のことで、こをろこをろカラカラという音を表しているのだと。

映画『伊豆の踊子』は吉永小百合、山口百恵と私が知っているだけでも5人はヒロインを演じている。
『伊豆の踊子』の最重要シーンは、風呂場で踊り子が両手を上げて〝私〟に何かを言おうとするカット。
風呂場だから踊り子は素っ裸なのだが、演じているのは吉永小百合や山口百恵。
湯気をブラインドに使って、オケケはもちろん、チクビさえも見えそうで見えないように映される。

踊り子のその様子を見ている〝私〟を川端康成の原文に当たると、

若桐のやうに足のよく伸びた白い裸身を眺めて、私は心に清水を感じ、深い息を吐いてから、ことことと笑つた。

このことことがオノマトペ。
こんな表現、我々には決してできない。

本夕、読了。

湯気の向こうに、若い頃の素っ裸の吉永小百合や山口百恵が見えたとしたら、オイラ、ノーベル賞作家のように、ことことと笑っていられるだろうか。
ムラムラとかウヒウヒとか、そんな下品なオノマトペが湧き上がるだけ・・・(^^;

竿先がグンッ
リールのドラグがジー
ハンドルをギーコギーコ
ラインがピンピンと糸鳴り
で、船上に取り込み、ヤッホー

てな、オノマトペ一杯の釣りをしてみたいなァ、っと(^^;

| コメント (0)

2020年4月21日 (火)

『死なないやつら』を読む

副題が、『極限から考える「生命とは何か」』。
〝死なないやつら〟とは、極限環境下においても絶えない生物のこと。
その〝極限環境〟とは、地球上ではあり得ない環境のこと。

Photo_20200418174401 
こんな飯屋で読み始め。

我が家の冷蔵庫にあった よつ葉牛乳。
殺菌は120℃で2秒間。
ところが、122℃で増殖する微生物が発見されている。

この流れで、色々な極限のトップ生物を並べると・・・

地球の最水深は11000メートル、1100気圧。
大腸菌は20000気圧に耐える。

海水の塩分濃度は3.5%。
飽和食塩水で30%。
そこで生きられるバクテリアがいる。
そのバクテリアは、真水では生きられないだろう。
なぜなら浸透圧がどうたらこうたらだから。
なんぞと生半可な知識を振り回してはいけない。
飽和食塩水中で生きるバクテリアは、真水の中でも生きる。

0-400メートル、12秒、かなり速い。
0.6G。
戦闘機パイロットは、9Gに耐える。
洗濯機の脱水、50G。
ぬるい、ぬるい。
大腸菌は、400000Gでも細胞分裂する。

真空に耐える。
高レベル放射線に耐える。
絶対零度(マイナス273℃)に耐える。

地球の生命として過剰、無駄な能力を何ゆえ有しているのか。

本夕、読了。

地球の自然にはありえない条件下で生き得る能力を持つ理由を、著者は正直に書く。
〝全く分からない〟と。

物理学者はこう考える。
宇宙に浮かぶ銀河を全部数え上げる。
大変な数だ。
そこに地球の環境に似た星の数は、その存在確率を0.00・・・01と思いっきり小さく見積もっても0個ということにはならない。
5個か100個か100000000個か。
だから、地球外にも生命はいるはず・・・

ところが著者を含めた生物学者の多くは、そうは考えない。
生命を作る物質が全部そろい、40億年の時間が与えられる。
としても、生命が誕生するとは考えられない。
生命とは不思議。
不思議そのものだ、と。

| コメント (2)

2020年4月15日 (水)

『イーハトーブ釣り倶楽部』を読む

著者は岩手県一関(いちのせき)市在住の作家。
で、フライフィッシャー。
岩手のあの川この川を釣り歩く。
ソロで。
釣友とで。

Photo_20200415180601
こんな飯屋で読み始め。

〝木漏れ日が雨のように〟とか、〝カワガラスが鋭く啼く〟とか〝午後になると決まって上流から下流に風が吹いてくる〟とか、そんなふうに表現される川に立ち込んで毛鈎を流す。
イワナが掛かる。
ヤマメが掛かる。
イトを切られる。
同じポイントで2度もイトを切られる。
やっと1尾の日もあれば、入れ食いの1時間もある。

〝渓相〟という言葉がある。
フライフィッシャーの著者は、言葉だけで〝渓相〟を見せてくれる。

本夕、読了。

著者の生まれは瀬棚町。
しかし、物心がつく前に北海道を離れ岩手に転居。
以降一度も北海道の地を踏むことなく過ごすのだが、瀬棚を離れた理由を両親は話したがらなかったという。

岩手の川で著者に釣りを教えたのは父親。
瀬棚の川で、父がもう一度竿を出したがっていた。
が、それは叶わぬこと。
すでに老いての臨終の床の父親。

父親の逝去後18年を経て、著者は瀬棚を訪れ、その瀬棚の川で竿を振る。
ヤマメが竿を曲げる。
アメマスが竿を曲げる。
そして、その川の瀬に、フィルムケースに入れて岩手から持ってきた二片の父親の遺骨を流す。

フライフィッシャーらしい供養だ。

| コメント (6)

より以前の記事一覧