読書

2022年9月26日 (月)

『峠』を読む

31人による31編の紀行文がおさめられている。
31の峠。
書いている者の職業は色々。
銀行員・俳人・新聞記者・生物学者・物理学者・学生等々。

本書に記述があって私が通過したことのある峠は、
 北見峠:上白滝駅から自転車で
 碓井峠:横川駅から軽井沢駅までをジェイアール関東バスで
 小仏峠:新宿から富士山吉田ルート登山口に向かう富士急バスで

本書の初版は、今年の3月。
が、タネ本は、1939(昭和14)年に深田久弥によって編まれた『峠』。
だから、書かれているのは、
 北見峠:石北本線は未開通開部分があり、北見トンネルも開通前
 碓井峠:アプト式電車での峠越え
 小仏峠:小仏トンネルも中央自動車道も開通前
の紀行。

Photo_20220923094801
こんな喫茶店で読み始め。

北見峠紀行を書いたのは、伊藤秀五郎(いとう ひでごろう)。
このヒトの書いたものは、以前にも読んでいる

明治から戦後すぐくらいまでの北海道内の山行記を読むには、〝駅逓(えきてい)〟を知っておく必要がある。
駅逓とは行政境界の峠などに置かれた、郵便の中継、貨物の中継、それらを運ぶ馬を引き継ぐ施設。
道内に600ヶ所以上あって、宿泊もできた。
登山者だと、そこで食料を調達したり、山に向かう基地にできる。

大正は1926年12月25日で終わり、26、27、28、29、30、31日の6日間が昭和元年。
明けて、1927年は昭和2年。
著者らは4人で、その1月に天塩岳(1558メートル)に登り、その足で北見峠の駅逓に向かう。
北見峠にあった その駅逓を管理していたのは香川県出身の夫婦。
里の開墾地での収穫を終え、雪が積もる頃に夫婦で峠の駅逓に入り、春を待つ。
冬の北見峠の駅逓は訪れる人の少ない白一色に埋もれてあった。
著者らが訪れた時、駅逓の夫婦は改元されたことも知らずにいたという。

スキーで北見峠に向かった著者らは、湿った雪にワックスが合わずに大汗をかかされている。

本夕、読了。

書かれた時代は古い。
本書は、仮名遣いと字体を旧から新に。
さらに、難読漢字に振り仮名を加えて読みやすくしてはいるが、当時の一級のインテリが、同好・同門の者を相手に書いた文章。
見慣れない漢熟語が多い。

本書は、私にとっては知的峠(^^;

| コメント (0)

2022年9月24日 (土)

『すーちゃん』を読む

益田ミリのマンガ。

本店と掛け持ちの店長とマネージャー、二人の正社員と何人かのアルバイト店員で食事も出すカフェが回る。
その二人の正社員のうちの一人が〝すーちゃん〟。
〝岩井さん〟が、もう一人の正社員。
男はマネージャーだけ。

すーちゃんは一人暮らし。
今の住まいに移って7年、カフェに勤めて3年。
34歳。

すーちゃんの親友は、OLの〝まいちゃん〟。
まいちゃんも一人暮らし。

すーちゃんはマネージャーに好意を持っている。
ところが、岩井さんとマネージャーがデキて、岩井さんは退職することに。
妻子持ちと不倫中だった親友のまいちゃんは 不倫を清算、結婚相談所で見合いをした相手と結婚することに。
そして、すーちゃんは、店長をまかされることになる。

Photo_20220924092501
こんな飯屋で読み始め。

マネージャーへの片思いが、はかなく終わって・・・
幾日かのち、すーちゃんは日記にこう書く。

 少しずつ復活してる気がする。
 くよくよ考えるなって言う人もいると思うけど 
 それは私じゃない誰かの意見だ。
 私はゆっくり考えて復活する。

本夕、読了。

店長になった すーちゃん。
仕事を終えて部屋に帰り、ひとりごちる。

 ずっと変わりたいと思って生きてきたけれど
 いろんなあたしを増やせばいいかな~
 って思うようになって なんていうか少し楽だ
 違う誰かのようになりたいと思わないのは
 いい気分だ
 あたしでいい
 あたしでいいっていうか
 あたしも悪くない感じ
 
益田ミリは、救いを知っているヒトだ。

| コメント (0)

2022年9月19日 (月)

『生物たちのハイテク戦略』を読む

大腸菌。
移動は、体から出ている細長い組織(鞭毛:べんもう)を使う。
鞭(むち)とは書くが、くねらせているのではなく回転させている。
新体操のリボン種目のようにクルクル回すのとは違う動作原理。
電動機軸のように本体との直接の接触を必要とせずに、鞭毛の先っぽから根元まですべてがクルクル回る。
鞭毛モーター。
電動機の回転子は、固定子との間での電磁気力でクルクル回る。
鞭毛は本体と間の化学力でクルクル回る。
関与するタンパク質は200種。
鞭毛モーターを構成するパーツは30個。
〝進化論〟は、長期間・徐々・自然選択がキーワード。
しかし、鞭毛モーターに そんな悠長な〝進化論〟は通じない。
鞭毛モーターが機能するには、この30のパーツが一挙に同時に出来上がる必要がある。

Photo_20220919141401
こんな喫茶店で読み始め。

カッコウの仲間は托卵する。
托卵された卵は托卵先の卵より必ず先にふ化する。
そして、ふ化直後でまだ目も見えていないのに、托卵先のふ化前の卵や遅れてふ化してきたヒナを巣から落とし、里親が運ぶエサを独占する。
ところが、托卵先にされたトリが擬態卵を見分ける力を得、自分のものではない卵を巣から排除したり、巣そのものを放棄するようになったと。
カッコウが托卵先とするトリは、モズ。ホオジロ、オナガなど二十数種。
托卵するカッコウの多い地域では、里親種に托卵拒否行動が広がっているという。
カッコウはカッコウで托卵先を開拓。
オナガへの托卵は最近のこと。
そのオナガに、托卵拒否行動が見られだしたという。

本夕、読了。

最近、カッコウがオナガへ托卵することが発見され、さらに最近、オナガの托卵拒否が始まったのは、本書に書かれていること。

托卵先の拡大・托卵拒否は、循環なのか一本道なのか。
その時間をさかのぼるとどうなのかについて、本書には書かれていない。
カッコウの托卵は、今から1千年、1万年前に始まったことではないだろう。
何百万年も前からカッコウは托卵していたはず。
ヒトが観察する程度の時間間隔で托卵先の拡大・托卵拒否が言えるのであれば、1万年前、10万年前、100万年前のカッコウの托卵先は、どんなトリだったのだろう。
1000年前だっていい。
現在の托卵先と違うのならば、著者の論調は正しい。
現在と変わらないのであれば、托卵先が拡大しているわけでも、その原因が托卵拒否でもないだろう。
ヒトが観察しきれていなかっただけ。
私は、後者だと思う・・・

| コメント (0)

2022年9月 8日 (木)

『誤報』を読む

予定稿とは、新聞社が事項の発生前に作っておく原稿。
 著名人の逝去記事 
 ノーベル賞受賞記事
 文化勲章叙勲記事
など色々考えられる。
経歴や業績、結果の影響などを、ことが起きてから調べたり考えたりしているようではマヌケ。
前もって、調べ考えて記事の原稿を作って、いざという時に備える。
放送局でも同様だろう。

ロシアがウクライナに砲口を開いたのは、今年の2月24日。
その翌々日の2月26日、東京にも支局を持つロシアのノーボスチ通信社が、
 「ウクライナがロシアに戻った」
と告げる記事を、ネット上にアップ。
しかし、それは予定稿。
ただちに削除したが、時すでに遅く、それが世界中に拡散した。
まァ、しかし、誤報が誤報だと認識できる記事なのだから、大恥をかいたが通信社としての罪は軽い。

著者は、新聞社々員を務め上げたのち、マスコミ論を講じる大学教員。

Photo_20220831173701
こんな飯屋で読み始め。

副題が、『新聞報道の死角』。
〝死角〟とは、
 思い込み
 取材源からの情報・リークのいいとこ取り、つなぎ合わせ、憶測
 特オチへの不安からの勇み足(本書内では見切り発車と表現している)
 
新聞(に限らないが)は、何度も何度も誤報を出している。
そのたびに、謝罪・経緯・反省・対策は出すが、〝ンなことはタナに上げて〟書く(書かねばならない)のが新聞人。
朝刊・夕刊に間に合わせるための締め切りがある。
ウラ取り、確認、根掘り葉掘りは重要。
しかし、調査権も捜査権も持っていない報道機関にそれを強く求めるのは酷だろう(と思う)。

本夕、読了。

新聞人は、知識人である。
権力の監視人である。
大衆が意識を向ける方向を示し、大衆を誘導できる立場でもある。
そのオピニオンリーダー、啓蒙者としてのプライドからくるミスリードと言うか恣意的な編集でストーリィを作り上げることもある。
記者、カメラマンの功名心からくるデッチあげという、どうしようもないのさえある。

この先も、思い込みの、憶測の、見切り発車の、デッチあげによる誤報・偽報・虚報はなくならない。
しかし、言論の自由、報道の自由は、謝罪し、経緯を書き、反省し、対策を出し、それにより情報を正していくことで保障されるのだろう。

って、本記事の最終行が、中学生がホームルームで言う程度のことなのがこそばゆい(^^;

| コメント (2)

2022年8月27日 (土)

『サムライと英語』を読む

明治まで あと15年の1853(嘉永6)年。
ペリー率いる米国東インド艦隊の4隻の黒船が、東京湾口 浦賀沖に錨を入れる。

長崎の出島のオランダ商館を通じて、幕府は世界の近況をよく知っていた。
なので、この黒船が来ること、さらにはその来航の目的までも、幕府は1年以上も前から知っていた。

元国連事務次長の明石 康(あかし やすし )と、NHK「英語でしゃべらナイト」取材班の共著。

Photo_20220825155501
こんな喫茶店で読み始め。

協働・協業の場では、組織内・間で、情報の共有、風通しの良さ、縦串を刺す、横串を刺すことの重要さが言われる。
が、今の世でも、過ぎた世でも、今後の世でも、同質の情報を上の階層から下の階層まで そろって共有できるはずがない。
そうであっていいはずもない。
下々(しもじも)は蚊帳の外。
そういう言い方が悪ければ、上位層のみが持つべき情報というものはある、と言い換えよう。

というわけで、浦賀奉行所に詰めていたサムライには、黒船が来航することは知らされていなかった。
浦賀奉行所の通詞(通訳)のサムライが使える外国語はオランダ語。
浦賀奉行所のサムライは、いかにこの事態に対峙したか。

ペリー側も、オランダ語を使える者、中国語を使える者を同行させて来ていた。
で、日米はオランダ語を介して通じ合うことになる。

本夕、読了。

艦内に招き入れられたサムライは、教養の高さをペリーらに感心される。
米国人が見せる地球儀に、サムライはワシントン・ニューヨーク・イギリス・フランス・デンマークを的確に指し示したという。
また、トンネル技術や蒸気機関のみならず、進捗中のパナマ運河の工事にまで及ぶ質問をサムライはしている。

オランダ語を学んでいたサムライが、この頃から英語へと学びの方向をシフトし、それがまたとても熱心。

シャープは台湾資本、経営トップも台湾人、
が、社内公用語は英語。
日産もルノーが筆頭株主で、トップにフランス人が就いていたこともある。
しかし、社内公用語は英語。
それらの会社が英語を使う事情は分かる。
ところで、ユニクロ(ファーストリテイリング)や楽天が社内公用語を英語とするのは、シャープや日産とは違う理由だろう。
何だかんだと提供される話題に軽さを感じさせる両社だが、トップの思いは幕末のサムライに近いのかもしれない。

| コメント (0)

2022年8月22日 (月)

『なぜかいい町 一泊旅行』を読む

著者は、ドイツ文学者。
教授職にいた大学を56歳で早期退官、以降、フリーランスの文筆家。
著者は、長く日本全国を東に西に、北に南にと旅行してきたヒト。
本書におさめられているのは、16編、15の町と1つの村を訪れた紀行文。

本書中のイラストも著者による。
上手い絵ではない。
しかし、これがいい。

橋の欄干を支えにして、川の上流に向かって立ち、スケッチブックに筆を走らせているヒトを、私も、あの町、この町で見たことがある。

シライデザインの帆布のリュックに、折りたたみ傘と文庫本を入れて、私も随分とあちらこちらの町を歩いた。
小さなリュックだが、A5版のスケッチブックなら入るだろう。
それを背負い、私も、汽車に乗り、バスに乗ろうと思う。

北海道は3町、斜里町・上川町・岩内町を歩いた話。

Photo_20220819145701
こんな喫茶店で読み始め。

東にドーンと独立峰の羊蹄山(1898メートル)。
その西に順に、
 ニセコアンヌプリ 1308メートル
 イワオヌプリ   1116メートル
 ニトヌプリ    1080メートル
 チセヌプリ    1134メートル
 シャクナゲ岳   1074メートル
 白樺山       959メートル
 前目国内岳     980メートル
 目国内岳     1220メートル
と、私が山頂に立ったニセコの山々が並ぶ。
その目国内岳の山頂に立ち、歩いてきた尾根を背にする。
と、そこに見えるのが、雷電山(1211メートル)。

著者は、この雷電山に登るため、夏に岩内町を訪れる。
そして、後年、今度は冬に岩内町を訪れる。

1954(昭和29)年9月に北海道に上陸したのは、洞爺丸台風。
洞爺丸事件の起きた同じ日、この台風の風にあおられて、いわゆる岩内大火が起きる。
本書には、以下の記述がある。
 郷土館には岩内大火を伝える新聞の切り抜きがパネルにして
 あった。<中略>小さな記事に目がとまった。火事騒ぎのさ
 なか強盗殺人事件があり、二人を殺傷して犯人は逃走中。
 <中略>とほうもない海難事故と町の大火にかくれて小さな
 かこみ記事になった。<中略>作家水上勉が、<中略>強風
 と火炎のさなかの殺人事件が、小説家の想像力を刺激したに
 ちがいない。代表作『飢餓海峡』は小さなかこみ記事から生
 まれた。

岩内町の8割を焼き、死者・不明者38名を出したのが岩内大火。
港に浮かんでいた漁船も、岩内駅も、北海道・北海道拓殖・北洋相互銀行の各岩内支店も、火葬場までが消失している。

洞爺丸遭難を伝える新聞を、私も読んだ。
確かに、紙面は洞爺丸の転覆事件の記事で埋め尽くされ、岩内大火はわずか300文字ほど。
小さなかこみ記事だと言える。

本夕、読了。

水上勉が、洞爺丸事件と岩内大火を背景に『飢餓海峡』を執筆したのは本著者が書いた通り。
しかし、『飢餓海峡』中の殺人事件は、水上勉の創作。

私が読んだのは1紙のみ。(室蘭市内からアクセスできるデータベース限界)
また、私のこと、記事の読み落としもあるだろう。
という前提で言うのだが、
 火事騒ぎのさなか強盗殺人事件があり、二人を殺傷して犯人
 は逃走中。
との、本著者が言うところの小さなかこみ記事を見つけることはできなかった。
まァ、これ以上は言うまい・・・

| コメント (4)

2022年8月17日 (水)

『物理がわかる実例計算101選』を読む

長さ1メートルと1ミリ、つまり 1001ミリの針金。(図の上)
その真ん中をちょっと曲げて、両端間隔1000ミリの  の字型にする。
曲げを大げさに描くと、図の下のようになる。
 底辺が 500ミリ
 斜辺が 500.5ミリ
 高さが hミリ
の、直角三角形の背中合わせ。
Photo_20220817084001
この時、
「h はいくらか」
と問われたら、この直角三角形に、〝ピタゴラスの定理〟を当てはめればいい。
ピタゴラスは2500年以上も前のヒト。
〝ピタゴラスの定理〟は、中学3年生で習う。

ところで、電卓を叩く前に、 h の大きさをイメージできるだろうか。
 2ミリ
いや、
 3ミリ
でも、
 10ミリはないだろう・・・

いやいやいや。
電卓を使い、
 500.5の2乗から500の2乗を引き
 その値の平方根を計算する
と、h は 22ミリ とちょっとになる。
この値は我々の直観より、ずっと大きくはないだろうか。

Photo_20220816192101
こんな飯屋で、読み始め。

さァ、我々の数量感覚を修正するために、計算しよう。

上腕二頭筋は、チカラコブのできる筋肉。
上腕三頭筋は、上腕骨を挟んで、上腕二頭筋の反対側にある筋肉。

上腕二頭筋が縮むことで、手(前腕)が上がり
上腕三頭筋が縮むことで、手(前腕)が下がる

図は、上腕二頭筋が縮んでいる状態。

Photo_20220817093901
前腕は関節を支点として上下する。
前腕を上に動かす二頭筋の付いているところは、関節から5センチの位置。
関節から35センチ先に手(のひら)が付いている。

小学6年生で習う〝てこの原理〟は、アルキメデスによる。
今から2200年以上も前のヒト。

2200年前の知識をウデに適用すると、
 支 点:関節
 力 点:支点から5センチ
 作用点:支点から35センチ
とすると、ヒトのウデは、筋肉の出す力の、なんと 7分の1 しか手の先に伝えることができない構造になっている。
ヒトのウデは、力で大損して、距離・速さで得をするという仕組み。
二頭筋が5センチ縮めば、手の先は 7倍 の35センチ上がる構造。

その理由の、私の理解は・・・
例えば、
 うっかり、熱いモノに触れ
 アチッ
 となったとき、力はどうでもいい。
 サッとウデを引っ込めねばならない。
 というような、生命にとって安全サイドに立った構造を、
 進化の過程で人体は獲得したのではないかと。
 
本夕、読了。

ヒトのウデは、力で大損して、距離・速さで得をする構造。
だから、懸垂や腕立て伏せがツライ運動なのも、納得できる。

我が竿に掛かるサカナが小さいのは、私の上腕二頭筋に合わせて。
ということなのかも知れない(^^;

| コメント (4)

2022年8月13日 (土)

『砂戦争』を読む

中国のコンクリート消費量は、年に25億トン。
米国が20世紀の100年間に使ったコンクリートの総量は45億トン。
米国が100年かけて消費した量を、中国は2年を経ずして生産し、築港、護岸、ダム、ビル、舗装へと消費する。

これは、中国の急速な発展の証でもあるし、中国の建設能力の高さの証でもあろう。
その証拠に、地上高が300メートル以上ある超高層ビルは、世界に178本。
内、半分、88本が中国に建つ。

著者は、環境問題研究家。
新聞記者、国連職員、外交官、130ヶ国以上で調査・研究、国内外の大学で講義した経歴を持つ実務家で かつ教養人。

Photo_20220812181801
こんな喫茶店で読み始め。

現代の高層建築の構造を成り立たせ、強度を担っている主要部材は鋼材。
が、基礎・地下部分はもちろん、高層階でも床材はコンクリート。

コンクリートは、セメント1に対し、砂を2~3、砂利を3~4。(重量比)
それに水を加えて練る。
その砂や砂利のことを骨材(こつざい)という。
本書では、この骨材のことを〝砂〟という言葉で代表させている。

世界で採掘される砂は、年に500億トン前後。
この7割がたが建設用コンクリートの骨材になる。
この500億トンという数字は、世界中の河川が1年間に運ぶ土砂量の2倍に相当する。
つまり、我々は自然が供給する以上の砂を消費していることになる。

国内では、良質の砂の入手は困難になっている。
 甲子園の砂は、中国産
 東京五輪ビーチバレーコートの砂は、ベトナム産

本夕、読了。

現在でありながら、すでに未来都市なのは、東の上海と西のドバイ。

中東の砂漠の国際都市、ドバイ。
地上高828メートルのブルジュ・ハリファタワーと、ペルシャ湾の人工島、それとゴルフ場のジュメイラ ゴルフエステーツが有名。
砂漠にあるゴルフ場なのに、バンカーの砂は米国から。
砂漠の砂だとサラサラしすぎて、ボールが沈んでしまうのだと。

| コメント (2)

2022年8月 5日 (金)

『鳥類学者だからって、鳥が好きだと思うなよ。』を読む

垂直跳びの得意な遊牧民のマサイ族。
彼らの主食は牛乳と牛の生き血。
ルーマニアのドラキュラ伯爵も美女の生き血を吸うが、こちらは創作。

鳥類、1万と6百種。
このうち、吸血の記録があるのは、ガラパゴスに棲む3種とアフリカ南部に棲む2種の計5種。

ところが、著者は日本にも血を飲むトリがいることを知り、第6種目の吸血鳥を発見したと論文にする。
動物園で飼育されているニホンジカの背中をつついて皮膚を傷つけ血を飲んでいたのは、ハシブトガラス。
私の船上食の菓子パンを、2回も3回も、いや、4回も盗った あのハシブトガラスだ。

しかし、この論文は学会誌への掲載を拒否される。
理由は、生物学会誌には未発表だが、畜産業界誌には既に吸血するカラスのことが発表されていたから。
カラスが乳牛の乳房に浮き出ている血管を傷付けて吸血。
それを病因とする敗血症などで死に至る牛さえ出ていることが、北海道などの畜産業界で問題になっていたことを著者は知らなかった。

著者は、林学を学んだあとに、鳥類学に進んだ生態学者。

Photo_20220804155201
こんな喫茶店で読み始め。

小笠原諸島。
 諸島北側(日本本土寄り)が、有人島のある小笠原群島
 諸島南側(赤道寄り)が、無人島群の火山列島
ここに固有種のヒヨドリが棲む。

小笠原群島に、オガサワラヒヨドリ。
火山列島に、ハシブトヒヨドリ。

トリの渡りは、南から北へ、北から南へ。
日本から遠い側の火山列島に棲むハシブトヒヨドリは、本土・伊豆諸島由来。
と、渡りの原則通り。

なのに、本土に近い側の小笠原群島に棲むオガサワラヒヨドリが、小笠原群島と同緯度はるか1800キロ西の八重山諸島由来と、渡りの方向が東西。
この原則破りの渡りを、著者らはDNA分析から明らかにする。

で、小笠原群島と火山列島間距離は160キロ。
しかし、この2種に遺伝的交流のないことも、著者らの研究で明らかになる。

本夕、読了。

みたいな、ヒヨドリの説明があるかと思えば、

上半身がヒト、下半身がトリ、背中から翼。
極楽浄土で鳴く、〝迦陵頻伽(かりょうびんが)〟。

ヒトのオンナの体に、手足先は猛禽類、後頭部から翼。
永井豪の漫画『デビルマン』に登場する、〝妖鳥シレーヌ〟。

森永のチョコボールのパッケージに描かれているトリの、〝キョロちゃん〟。

なども、本書内で話題にあがる。

| コメント (2)

2022年7月27日 (水)

『卑日』を読む

『魏志人伝』に記されている「国の女王」とは、馬台国女王弥呼のこと。

は、小の「」の やへん を にんべん に置き換えた漢字。 小さな人の意。
は、魔、道の
は、屈、猥の
文字を持っていなかった日本を、古代中国は〝 〟や〝〟や〝〟を使って表現していた。

日〟は、日本人ジャーナリストによる造語。
だから、ほとんどの韓国人は〝日〟という語を知らないらしい。
しかし、かつて(今も)、〝用日〟・〝嫌日〟・〝克日〟と日本に対していた韓国人の新たな意識は、〝日〟。
本書によると、〝卑日(ビイル:日本を見下す)〟とは、
 「日本を乗り越える必要はない。なぜなら、韓国がもっと上にある
  からだ」と設定し、自分自身は何もする必要がないシチュエーシ
  ョンを作る
という意味になる。

著者は、シンシア・リー(Sincere LEE)。
正直者の李というような意味の筆名だろう。
韓国生まれの韓国育ちで、韓国内で歯科医院を開業していたが、´17年に日本に移住。
現在は、日本への帰化を考えているという親日・好日家。
というプロフィールの人物だから、本書に書かれていることは大きく割り引いて読む必要があろう。

Photo_20220725150701
こんな飯屋で読み始め。

大韓民国憲法前文は、
 悠久な歴史と伝統に輝く我々大韓国民は、3・1運動で建立された
 大韓民国臨時政府の法統と、不義に抗拒した4・19民主理念を継
 承し・・・

ここで、〝3・1運動〟とは、1919年3月1日に発生した朝鮮の大日本帝国からの独立運動のこと。
また、〝大韓民国臨時政府〟とは、3・1運動後、中国へ亡命した抗日組織のこと。

本書では、こう説明している。
 「日本の反対側に立つ」、「反」「日」思想の大まかな概念は、少
 なくとも大韓民国ができてから変わったことはないし、いまでも憲
 法前文に韓国は抗日団体「臨時政府」の後を継ぐと明記されている。

本夕、読了。

著者は、広く深い知識に裏付けされた冷静な歴史観を持っている。
しかし、読んでいて感じるのは、本著者の目線の低さ、もっと言うと、見る目の浅ましさ・いやらしさ。
許容するしない、それは自由だとしても、せめて理解は・・・

『日本人とユダヤ人』の著者のイスラエル人のイザヤ・ベンダサンが、実は山本七平の成りすましだったように、シンシア・リーも実は・・・
のような気がする。

| コメント (0)

より以前の記事一覧