2020年9月 8日 (火)

羊蹄山を歩く

以下は、昨日のこと。

体が汗をかきたがっている。
で、羊蹄山(1898メートル)へ。

利尻山(1721メートル)と羊蹄山。
稼がなければならない標高差はいずれもほぼ同じ。
1500メートル超。
1500メートルの高度差を日帰りで登って下りてくることを前提とする山は、北海道にはこの2山しかない。
羊蹄山を日帰りできたら、北海道の山ならどこでも歩けると思っていい。

2020090701
京極ルート。
この農道の突き当たりから登りに取り掛かる。

羊蹄山の中腹から上は雲。
日は背中から射す。

2020090702
1000メートルちょっとまで高度をあげたところで、雲の上に出た。

きつい日射。
加えて、風が穏やか。
汗が乾かず、暑い。

2020090703
昇り詰めて京極ピーク。(注)
1893メートルにて。

2020090705
山頂。
1898メートルにて。

2020090706
山頂から真南にレンズを向けると洞爺湖。
その向こうは噴火湾。
右のほうにわずかに水平線が見える。
雲が湧いてきた。

2020090707
山は、ヤマハハコの白、キキョウ・リンドウの紫。
画像は、オノエリンドウ。

山歩き時間、9時間40分。
23676歩。

全給水量は、
 ・1700CC

暑い日だった。
持って上がった水は2200CC。
熱中症予防のため、20分毎に、水を口に含んだ。

山頂直下にて、
 ・森永製菓 inゼリー 2パック

Gpslog_20200908105701

(注)
ちょっと古い地図だと、羊蹄山の標高は189メートル。
京極ピークに一等三角点があり、そこが1892.7メートルなのが根拠。
深田久弥の『日本百名山』の記述も、189米となっている。

現在の地図では、ここから火口縁をわずかに時計回りした189メートル地点を羊蹄山々頂としている。

| コメント (6)

2020年8月28日 (金)

十勝岳を歩く 2

以下は、今日(28日) のこと。

2020082801
昨日は夕刻よりガス。
ガスに包まれてシュラフにもぐった。

そして、目覚め。
もっと早く起きて、空を見上げるべきだった。
もうすでに夜明けを感じさせる空の色。
西に沈みゆくハクチョウ。
東から昇るオリオン、明けの明星。
ガスが晴れ、全く瞬かない星々。

空気が静止している。
今日は好天だろう。

2020082802
東の空が燃えた。
間もなく、日が昇る。

雲海から頭を出す大雪の山々。
太陽が顔を出そうとするすぐ右。
トムラウシ山の特徴のある頂が見える。

山歩き時間3時間50分。

16109歩。

全給水量は、
 ・1400CC

上ホロ野営指定地にて、
 ・函館美鈴 コピルアク 1ドリップ

Gpslog_20200828200301 

| コメント (6)

十勝岳を歩く 1

深田久弥の『日本百名山』によれば、北海道
  第1位の高峰は旭岳(2201メートル)
  第2位の高峰はトムラウシ山(2141メートル)
  第3位の高峰は十勝岳(2077メートル)(注)

その、十勝岳へ。
十勝岳温泉に前泊。

以下は、昨日(27日) のこと。

8月になると水を得にくい山とのことで、テント泊装備にプラスした
水は5リットル。
ザック重量は19キロ。
トムラウシ山々行時より1キロ重い。

2020082701
上富良野岳(かみふらのだけ 1898メートル)山頂にて。

十勝岳温泉から十勝岳に登頂しようとすると、上富良野岳と上ホロカメットク山は通過点。

2020082702
上ホロカメットク山 (かみホロカメットクやま 1920メートル)山頂にて。
画像右奥のピークが十勝岳。

画像すぐ奥は急斜面。
その斜面を下り切ったところが上ホロ野営指定地。
テントを設営し、そこに装備をデポ。
身軽になって十勝岳を目指す。

2020082703
噴煙が真っすぐに上がる。
無風。
新しい山で、浸食が進行中。
たった今、ガケの崩落する音がする。

2020082704
十勝岳(2077メートル)山頂にて。
山頂標識の向こう20キロほど先、雲をかぶっている山がトムラウシ山。
先月の28日にピークを踏んだ山だ。

山歩き時間6時間50分。
21623歩。

全給水量は、
 ・1900CC

上ホロ野営指定地にて、昼食兼夕食として、
 ・サタケ 梅じゃこご飯 1パック 
 ・函館美鈴 コピルアク 1ドリップ

(注)
国土地理院発行の2万5千分の1地形図上でピークの標高を拾うと、高い順から、
 1旭岳        2290メートル★
 2北鎮岳       2244メートル★
 3白雲岳       2230メートル★
 4後旭岳       2216メートル
   5熊ケ岳       2210メートル
 6比布岳       2197メートル
 7安足間岳      2194メートル
 8間宮岳       2185メートル★
 9荒井岳       2180メートル★
10小泉岳       2158メートル★
11北海岳         2149メートル★
12鋸岳            2142メートル
13トムラウシ山  2141メートル★
(★:私が踏んだ経験のあるピーク)

旭岳が北海道第1位峰なのは確かだが、トムラウシ山は第2位峰ではないし、十勝岳も第3位峰ではない。

深田久弥の言う第1位峰、第2位峰、第3位峰の意味が分かるのは山を歩く者だけだろう。
登山者にとっての山の評価基準は、地図上のピークの値も重要だが、それよりも何よりも、そのピークが山塊・連峰の〝主峰〟か否か。
〝主峰〟と呼ぶにふさわしい山容か否か。

| コメント (6)

2020年7月30日 (木)

トムラウシを歩く 1

拙ブログで7月16日に話題にしたのは、トムラウシ山(トムラウシやま)。

山頂標高は2141メートル。(注)
旭岳と十勝岳の中間位置にあるトムラウシ山は、造山の歴史からは大雪山系に属する。

遠い山だ。
そのトムラウシ山へ。

トムラウシ温泉東大雪荘に前泊。

【以下、7月28日の話】
テント泊装備の重いザックを担いでの入山。
山で寝るつもり。

2020072801
奇岩が見え始める頃は、標高1760メートル。
まだ、先は長い。

空気が湿っぽくなってきた。
雲中登山へと。

2020072802
ガスは濃くなったり薄まったり。

ガスの向こうは、メアカキンバイやイワヒゲやチングルマの群落。
画像は、すぐ近くのチングルマ。
右下にエゾノツガザクラ。

虫媒花だが、花粉を運ぶ羽虫はほとんど見ない。

2020072803
南沼野営指定地にて。
1950メートル、

画像左に雪渓。
その融雪の沢が背中。
奥、テントの真上が山頂。
山頂は、ガスの中。

テント設営後、空身(からみ)になって山頂へ。

2020072804
2141メートル、トムラウシ山々頂にて。

大雪の山々も十勝連峰も見渡せる山だが、ガスが取れたのはほんの数十秒。

山歩き時間10時間20分。
23455歩。

全給水量は、
 ・900CC

歩きながら、
 ・グリコ アーモンドピーク 6個

南沼野営指定地にて、昼食兼夕食として、
 ・森永製菓 inゼリー エネルギーイン 2パック

食料は十分量持ってきている。
ザックを軽くするためにも、食べたい。
しかし、これ以上はノドを通らず。

(注)
深田久弥は、『日本百名山』で、北海道第二位の高峰をトムラウシ山であるとしている。
国土地理院発行の2万5千分の1地形図に記されているピークは、高い順から、
 1旭岳        2290メートル★
 2北鎮岳       2244メートル★
 3白雲岳       2230メートル★
 4後旭岳       2216メートル
   5熊ケ岳       2210メートル
 6比布岳       2197メートル
 7安足間岳      2194メートル
 8間宮岳       2185メートル★
 9荒井岳       2180メートル★
10小泉岳       2158メートル★
11北海岳         2149メートル★
12鋸岳            2142メートル
13トムラウシ山  2141メートル
(★:私が踏んだ経験のあるピーク)

地図で山名のあるピークを拾うと、トムラウシ山は北海道二位の高峰ではない。
上記は全て大雪山系の山々。
北海道第二位峰をトムラウシ山とする深田久弥の北海道の山に対する評価は、大雪山系を歩く者なら納得できるだろう。

| コメント (2)

2020年7月16日 (木)

『トムラウシ山遭難はなぜ起きたか』を読む

トムラウシ山(トムラウシやま)は、大雪山系中の山(2141メートル)。
トムラウシ山遭難とは、2009年7月16日に起きた事故。
(読み始めてから気付いたのだが、今日が12回忌に当たる)

パーティの構成は、
 男性ガイド3名
 男性ツアー登山者5名
 女性ツアー登山者10名
内、
 男性ガイド1名
 男性ツアー登山者1名
 女性ツアー登山者6名
が、低体温症(疲労凍死)を死因として遭難死したもの。

Photo_20200716202801
こんな喫茶店で読み始め。

雨。
そして強風の中の登山。
当日の最低気温は3℃以下。(注)
西風は20メートル以上だったものと推定されている。

遭難のあらましを、フリーライターが
当日の現地の気象の推測を、気象学者が
低体温症についてを、医師が
登山の運動生理学を、生理学者が
それぞれ1章を受け持って執筆している。

いずれも、当該分野の専門家で、かつ登山経験豊かなヒトたち。

出発しない、あるいは引き返すという判断をする機会はあった。
しかし、ガイドはそれをしなかった。
と、非難するのは簡単。

死者の中には、ザックの中に防寒着を残したままの者がいる。
なぜ、着なかった。
と、非難するのは簡単。

しかし、本書執筆者らはそれをしない。

本夕、読了。

副題は『低体温症事故の教訓』。
同じ環境下にいながら、分かれる生と死。
そうなった事実が調べられ、そこから引き出される教訓が書かれている。

山を歩く者は知っている。
判断が必要になった時点で、ほとんどの場合は手遅れなのを。

山を歩く者は知っている。
降雨(降雪)、強風の中でザックをおろし、雨着の下に防寒着を着ることの困難さを。

本書執筆者らが〝指摘〟はしても〝非難〟しない理由だ。

(注)
ところで、トムラウシ山よりやや北の、ほぼ同じ標高域の大雪山系を私も歩いている。
私が歩いたのは、すでに晩秋期の山で
'16年9月18日には降雪
'17年9月17日には霜、氷
を見ている。
大雪山系に、四季はない。
あるのは、春・秋・冬の三季。

| コメント (2)

2020年4月 4日 (土)

雪山を歩く

山へ。

 登り:水元沢コース
 下り:冬コース

腐った雪で沈む。
もう冬の雪ではない。
タイトルを、『冬山を歩く』から『雪山を歩く』に変えた。

ネックウォーマーを取り、ニット帽から耳を出して歩いた。

2020040401 
水元沢を登りで使うと、初めに高度を200メートル捨てなくてはならない。
水元沢で見るトレース(足跡)は、動物のものだけ。
ヒトのトレースはない。

鷲別川の最初の渡渉点。
瀬音高く、流れが速い。

2020040402
滑滝にて。

タオルを濡らして、顔をぬぐう。
沢を流れるのは雪解け水よりも、一度地中を通過した湧き水のほうが多そうだ。

この沢水を汲んでコーヒーを淹れた。

2020040404
室蘭岳山頂にて。
山頂寒暖計は3℃。

2020040405
山頂から見る水元沢方向。
風が強くなり出し、雲が迫って来た。

2020040407
冬コースを下りた。
ササが濃く、雪がないと歩けないルートだ。
そのササが雪の上に出てきた。

山歩き時間6時間00分。
19088歩。

全給水量は、
 ・400CC

滑滝で、
 ・UCC職人のコーヒー 2ドリップ

Gpslog_20200404175801

| コメント (4)

2020年3月21日 (土)

冬山を歩く 19

西風強く、我が小船では沖に出られない。
長く山を歩きたい気分。
で、

 登り:西尾根コース
 下り:水元沢コース

山を大きく時計回りに歩く。

2020032101
ペトトル川を渡渉。
登りに掛かる。

2020032102
西尾根825メートルピークにて。

昨晩は雪が降ったようで、古い雪の上にほんの数ミリ新しい雪。
空は深い青。
しかし、左から右へ猛風。
スネまで埋まる雪質。

2020032103
 室蘭岳山頂にて。

山頂寒暖計は氷点下1℃。
このあと、高度を下げるに従って気温が上がる。
ネックウォーマーを取り、帽子から耳を出して歩いた。

2020032105 
水元沢へ至る斜面は雪が深く、埋まる。
100歩に1歩くらいの割合で、太モモまで埋まる。
特に冬は使いにくいルートなので、今日もヒトのトレース(足跡)はない。
ウサギの足跡も見ない。

2020032106
根開き(ねあき・ねひらき)。
春の季語だが、山はまだ冬。

2020032107
滑滝にて。

2020032108
鷲別川は減水して飛び石があらわ。
しかし、どうしても靴を濡らさねば通過できない一歩がある。

この先、200メートルの登り返し。

山歩き時間6時間10分。
16620歩。

飲食なし。
Gpslog_20200321165401

| コメント (2)

2020年2月29日 (土)

冬山を歩く 18

車を降りる時は、氷点下3℃。
しかし、日射しに力があり、高度を上げるに従って気温が上がっていった。
帽子から耳を出し、防寒手袋のアウターを外し、インナーグローブだけでの山歩き。

 登り:冬コース
 下り:水元沢コース

2020022901 
締まった雪で、沈まない。
アイゼンの爪が、堅い雪に音を立てて刺さる。

空は青く、風穏やか。

2020022902
室蘭岳山頂にて。
山頂寒暖計は氷点下1℃。

2020022903
山頂から見る、羊蹄山。

2020022904
水元沢に至る斜面に立つ孤立木。
背丈を超えるササヤブが雪で埋まって、その上に立てる時期でなければ、見ることのできない木だ。

水元沢は山の東側。
雪を伴った北西の季節風が山の西面に当たり、水元沢に吹き下りて雪が溜まる。
だから、このあたりは、スノーシューを付けていないと太モモまで埋まる。

水元沢は長い。
加えて、山行の最後に200メートルの登り返しがあるので、冬はもちろん夏でも このルートを使うヒトは少ない。
(逆に、水元沢を登りに使うと、山行の初めに高度を200メートル捨てなくてはならない)
トレースのない水元沢に至る斜面を進む。

2020022906
滑滝。

左(右も)はシカさえも登り下りできない急斜面。
その斜面を下りてきた。

ここは、南北に走る谷の底。
草が枯れ、木の葉が落ちる晩秋から、滝が氷雪で閉じてしまうまでの間。
日が傾きかけてから斜面にさえぎられるまでのわずかな時間、この滝壺の水面に左から日光が届く。
その反射が、右の急斜面に光の斑(ふ)を見せる。

氷と雪で閉ざされていた滝壺の水面が開き、滑滝を走る水も見えだした。

バーナーに点火。
雪を溶かしてコーヒーを淹れた。

冬の風は、ヒトから正気を奪う。
冬の重い風が、ヒトの声のように聞こえる。
しかし、今日の風は軽くゆるい。

いや、重い風が吹いてなくても、私は変調している(^^;
今日もヒトの声が聞こえる(^^;

山歩き時間4時間50分。
14248歩。

全給水量は、
 ・200CC

滑滝で、
 ・ホテルオークラ オリジナルコーヒー 1ドリップ
 ・COOP ラムレーズンサンド 1個
Gpslog_20200229170301

| コメント (4)

2020年2月22日 (土)

冬山を歩く 17

今週は、里にも除雪車が出る降雪で始まった。
山の雪も増えただろう。

 登り:西尾根コース
 下り:水元沢コース

のつもりで入山するも、西尾根640メートルから引き返し、スダレの滝経由で下山。

2020022201
ペトトル川を渡渉。

締まった雪の上に、昨日今日の新しい雪が10センチ。
しかし、歩きやすい雪質で、沈まない。

600メートルからは雲の中。
さらに高度を上げると、猛風。
その上、5メートル先も見えないほどガスが濃くなる。

640メートルまで高度を上げたあたり、そこを今日の頂上とし引き返した。

2020022202
樹林帯まで下りると、見通しがきいてきた。

2020022203
歩き足りない。
ブナ林の中に入った。

黒松内町歌才(うたさい)のブナ林は有名だが、面積・木の数とも西尾根のほうが上だろう。

ただし、ササが雪で埋まらないとヤブ漕ぎ必須。
歩けるのは、積雪期のみ。

2020022204
地元の登山者は、ここをスダレの滝と呼んでいる。
オーバーハングしたガケから染み出る地下水が凍る。

スダレの滝の下はペトトル川。

2020022205 
ブナの木にアカゲラ。

山歩き時間2時間30分。
8988歩。

飲食なし。

Gpslog_20200222122801

| コメント (0)

2020年2月16日 (日)

冬山を歩く 16

山へ。

 登り:冬コース
 下り:西尾根コース

昨日と逆回り。

2020021602
残高60メートル。
風は右から。
東風。
この風が急速に強くなり、間もなく猛風。

2020021604
山頂にて。
山頂寒暖計は、氷点下10℃。

2020021603
山頂から見る室蘭港。

2020021605
山頂から見る羊蹄山。
雲底1500メートルくらい。

2020021606
西尾根825メートルピークで振り返り見る山頂。

山頂からここまでは、猛風を背中に受けて歩いてきた。
ここからは、樹林帯に入るまで、猛風を左真横から受けて歩く。
ザックを背負っている。
重心が上がっているのに加えて、受風面積が大きくなっているので体を進めるのに大いに難儀。

2020021601
体をかがめての耐風姿勢。
と、雪面のくぼみにセッケイムシ。

セッケイムシも耐風姿勢。

山歩き時間3時間00分。
12506歩。

飲食なし。

Gpslpg_20200216130001

| コメント (0)

より以前の記事一覧