釣り

2023年12月 2日 (土)

絵鞆マリン俱楽部 総会・納会

日本で新型コロナウイルスの感染流行が確認されたのは、'20年の初め。
よって、絵鞆マリン俱楽部の総会は'19年を最後に、'20年・'21年・'22年と書面によって。
総会直後に行っていた宿泊納会も、同期間は休会。

この年末は、久しぶりの4年ぶりに顔を合わせての総会・納会。
総会では、
 ・マリン倶楽部と無線クラブを統合
 ・釣りダービー登録方法
 ・釣り情報発信の場
 ・新会員の獲得
などを考えたいとの方針が執行部から提案され、異論なく承認。

231202
で、納会では年間釣りダービー入賞者の発表と表彰をサカナに、飲んで・食って・話して・聞いて。
事情があって、広い宴会場を確保できず、席の移動がままならない。
皆さんに お酌をして回れなかった ご無礼ご容赦のほど。

また、集合写真を撮れなかったことが残念。
今日の この会に集まったメンバーの年齢にもなれば、次の総会・納会までは アッという間。
今度の納会後には、K事務局長兼カメラマンに是非 集合写真を撮ってもらいましょう。

ちなみに、上の画像の背中側にもメンバー多数。
楽しいひとときでした。
ありがとうございました。

| コメント (6)

2023年6月25日 (日)

アタリはあったが

21日の夏至の日の日出は、3時58分だった。
この日を境に、日出時刻は遅くなる。
今日のそれは、3時59分。

4時、出航。

ベタナギ。
ベタナギなら根。

2023062501
今日の出竿は、こんな風景の見える海域。

雲が低く、空も海も暗い。
はるか東の水平線上に隙間があり、そこだけに日の気配。

ホッケがいるらしい。
が、毛バリを沈めるもスカ(^^;

2023062502
で、海域を変えて、再出竿は、こんな風景の見える海域。
しかし、ここでもスカ(^^;

2023062503
ならばと、再度海域を変えて、再々出竿は、こんな風景の見える海域。
やがて晴れわたり、刺すような日射。

横着釣法を改め、ジグを放り、底をチョンチョンと。

2023062504
アタリはあった。
アタリはあったが、こんなのが2枚。
とてもヒラメとは呼べない。
リリース。

| コメント (2)

2023年6月24日 (土)

それだけ(^^;

家を出る時は、霧雨。
が、輪西あたりから それも上がり、路面が乾いた。

7時30分、出航。

20230624
今日の出竿は、こんな風景の見える海域。

北海道では、ブリ・フグ・ウナギ・ヒラメを調理して出す飲食店は少ない。
それらは北海道のサカナではなく、それらを流通に乗せるだけの水揚げ量がなかったせい。
それが 近年、ブリ・フグの都道府県別漁獲高の第1位は北海道なのだそう。

私の竿にも、先日、カタのいいトラフグが掛かった。
今日は、良カタのマフグが掛かった。
それだけ(^^;

ところで、この海域に浮かぶ艇が狙うのはヒラメ。
今日、ここに浮かんだ ある艇は、2人で、22枚だか24枚だかのヒラメを掛けたんだと。

| コメント (2)

2023年6月18日 (日)

右向き

北西の風。
その風が、交通安全旗をたなびかせ、街路樹の枝を揺らす。

いくらか 風が落ち着いた。
7時20分、出航。

沖の波は、200波に1波くらいの頻度で頭が白く崩れる。

2023061801
今日の出竿は、こんな風景の見える海域。

風と潮の合成された力で船が押される。
方向は南西。
海岸線とほぼ平行に、船が1.5ノット前後で流れる。

やがて、風の勢力が回復。
頭が白く崩れる波が10波に1波くらいの頻度に増し、釣りをする海況ではなくなった。

釣りをする海況ではなくなる前、ヒラメらしいアタリは何度か。
が、姿を見るところまで浮かせることができたのは1回のみ。

その1回。
タモに収めることができず(^^;

2023061802
結局、船のデッキに上がったのは、これ1尾だけ。
右向き。
ヒラメではなく、イシモチ(^^;

| コメント (4)

2023年6月11日 (日)

午後の釣行

やァ、食った食った。
サカナが掛かったのではなく、私の腹が満ちたということ(^^) 
充実したパワーランチだった。

ところで、サカナ釣りのほうは早上がりだった。
で、後片付けをサボり、コソコソっと雲隠れ。

14時00分、再出航。
腹ごなし釣行。

2023061104
再出航後の出竿は、こんな風景の見える海域。

2023061106
ヒラメも腹が減っていないようだ。
小さいのが1枚(^^;

| コメント (4)

絵鞆マリン倶楽部 春の釣り大会

新型コロナ感染拡大防止のため、多人数での集会が はばかれられていた。
絵鞆マリン倶楽部主催の釣り大会と年末の総会・納会は、しばらく中止のまま。

今日は、久しぶりの集会、春の釣り大会。

私は釣り大会への参加というよりも、パワーランチの準備への参加。
といっても、全くの出遅れ。
豚汁の ささがきゴボウに、ほんの短時間 包丁を使っただけ。

2023061103
パワーランチ。
豚汁・ジンギスカン・焼き鳥、焼きソーセージ。

ごちそうさまでした。

食えなくなった・食わなくなった。
と、いう言葉が、異口同音に。
食が細くなったのは、加齢からくるもの。
我が身も同じ(^^;

| コメント (0)

午前の釣行

来週、21日は夏至。
今時季は だから、日出が早い。
今日の日出は、3時58分。

4時30分、出航。

2023061101
今日の出竿は、こんな風景の見える海域。

オカは風力発電のプロペラが見えないほどの濃いガス、
が、沖は気になるほどではなかった。

今日は、絵鞆マリン倶楽部 春の釣り大会。
私は、パワーランチの準備に参加するつもり。

で、9時30分、早上がり。

2023061102
画像のほかに、小さいのが1枚。
また、デカいトラフグが掛かった。

| コメント (2)

2023年6月 6日 (火)

下心マンマンの、下品な平日午後釣行

午後いち、野暮用。
それが すぐにカタがつき、その足でマリーナへ。

14時30分、出航。

2023060601
今日の出竿は、こんな風景の見える海域。

無風。
ベタナギ。

船を押す風はないが、南から北へと走る潮は速く、船は0.7ノット前後で流れる。
ヒラメを掛けるには、悪くない雰囲気。

一投目、30秒でアタリ。
しかし、そうそうウマい話が続くわけがなく、掛かったのは手のひらサイズのヒラメの幼魚(^^;
キープサイズのアタリは遠い。

2023060602
下心マンマンの、下品な平日午後釣行。
しかし、釣果は上品。
キープサイズは2枚。

16時30分、沖上がり。

| コメント (2)

2023年6月 4日 (日)

竿を曲げたのは やはり外道

雨が上がった。

ヤマセ(東風)が、昼には西からの強い風に変わる予報、
なのに、朝いちモタモタ。
で、8時、出航。

2023060401
今日の出竿は、こんな風景の見える海域。

一昨日だったか、先週末だったのかは聞きそびれた。
が、この海域で竿を出すと1人2ケタのヒラメが掛かったと。
何人乗ってたのか、船中70枚掛けた艇もあったらしい。

オカから沖へと船が流れ、時折 竿が曲がる。

一昨日のことは、一昨日のこと。
先週末のことは、先週末のこと。
今日 竿を曲げるのは、ギスカジカばかり(^^;

風が止まり、やがて沖へと船を押していた風が、オカへと押す風に変わった。
正午、沖上がり。

2023060402
沖上がりの直前。
竿を曲げたのは やはり外道。
マツカワ。

| コメント (6)

2023年5月28日 (日)

むこうの海域へ

穏やかに夜が明けた。

今日の日出は、4時04分。
4時30分、出航。

アッチでもなく、コッチでもなく、むこうの海域へ。

2023052801
今日の出竿は、こんな風景の見える海域。
誘導してくれたのは、画像の艇、Sea Dragon3
サンクス。

船をオカへと流す風。

8メートルから流す。
アタルのは、6メートル。
その水深、ヒラメのほかにイシモチとギスもいて、アタリは多い。

が、目的魚のヒラメは なかなかハリ掛かりしない(^^;

2023052802
Sea Dragon3では良カタがあがったようだが、我が艇ではアオッパサイズのみ。
リリース 2尾。

左の2尾はイシモチ。
左ヒラメの右カレイ。

| コメント (6)

より以前の記事一覧