釣り

2022年6月25日 (土)

3秒で5回の1.7ヘルツ

大雨が上がり、今日は穏やか。
こんなことばかりしていて、いいのだろうか。
いいとは思えないが、今日もこんなこと(^^;

8時、出航。

荒天直後だから、ゴミが浮いて水が濁っているだろう。
と、予想して出たが、意外にもゴミも浮いてなく、水色も それほど悪くない。

2022062502
今日の出竿は、こんな風景の見える海域。

気温が上がった。
Tシャツ1枚になってバケを泳がす。

根掛かり。
ン!?
いや、リールを巻くと、海底からベリっとはがれた。
で、ゴンゴン。
そのゴンゴン、3秒で5回の1.7ヘルツ。
それが、10秒も続いたか。

今日いち引いたサカナの姿を見ることは かなわず(^^;

2022062503
港口すぐ沖に鳥山。
鳥山の下では、イルカが採餌中。
言い方が逆だ。
採餌中のイルカの上に、おこぼれ頂戴の鳥山。

で、その背中側では、タモを使う艇。
2022062504_20220625195201
タモを使っていたのは、RERA。
我が眼前でヒラメが上がった。

それを見てのち、KON-chan号入港。
しかし、それを見たことに刺激された。
一旦入港したが、Uターン。
再出港、再出竿。

2022062504
今日いちをバラしたのちは、
フグ
フグ
アブラコ
ちびヒラメ
ちびヒラメ

リリース。

| コメント (1)

2022年6月19日 (日)

昨日と同じ今日

昨日は、ボーズで帰港。
こんなことばかりしていて、いいのだろうか。
いいわけない。

いいわけないが、昨日は昨日、今日は今日。

出航前のボートヤードで聞いたのは、たった今 92センチが掛かったと。
海域は、あそこ。

いいわけないが今日もこんなこと。

7時45分、出航。

2022061801_20220619193701
今日の出竿は、こんな風景の見える海域。
誘導してくれたのは、画像の艇、Sea Dragon
サンクス。

かの艇では、20枚だか40枚だか掛かったと。
私の竿もいい感じで曲がるのだが、1枚も船上まで上げることができないでいる内に強雨。

2022061802
北西からの雨雲と競争し南東へ。
ここまで戻ってきた。
カマイルカの宴会海域。

昨日は昨日、今日は今日。
いや、昨日と同じ今日。

ボーズ(^^;

| コメント (4)

2022年6月18日 (土)

アッチであったことはコッチでも

今日の日出は、3時59分。
4時10分、出航。

アッチかコッチか。
アッチへ。

2022061801
今日の出竿は、こんな風景の見える海域。
画像の艇は、Sea Roman。

風穏やかで、良ナギ。

雲が垂れ、空気がどんよりしている。
こんな日は、サカナの掛かりがいい。
そんな気がする。
そんな気がするだけで、そんないい思いをした経験はない。

やがて、10メートルもない浅い海域にイルカ。
そして、日が射したり、陰ったり。

アタリがあってもハリ掛かりせず。
ヒラメでは なかったのかもしれない。

帰港前に、コッチの海域でも。
アッチであったことはコッチでも。

ボーズ(^^;

| コメント (6)

2022年6月17日 (金)

コッチの海域へ

この時季、当地はオホーツク高気圧から吹き込むヤマセ(東風)で、薄ら寒い日が続く。
今日は風が変わり、日が射す予報。
あれこれあって、私は公休。
ンなわけで、竿をかついでマリーナへ。

8時20分、出航。

アッチの海域へ。
と思っていたが、防波堤を出たところで気が変わり、コッチの海域へ。

2022061701
今日の出竿は、こんな風景の見える海域。

風弱く、良ナギ。
潮が速い。
その速い潮に乗って、船は南東へと流れる。

ここで竿を出しているのは、見える限りは我が艇のみ。
最初に竿先を揺らしたのは、タモサイズのアブラコ。

2022061703
根掛かりか。
と、竿をあおったらゴンゴン(^^) 

80センチ。
しかし、竿をゴンゴンと曲げたのは、これ1枚のみ。

次に竿先を揺らしたのが、なぜここにいるのかクロソイ。
それを機に、正午30分、沖上がり。

| コメント (4)

2022年6月12日 (日)

いずれもタモを使うに至らず

昨日、KON-chan号を下架・係留。
その際、釣行を終えて帰ってきた艇の船長らから聞いたのは、
 アッチは釣れるが、小さい。
 ソッチはいない。
 コッチはウネリで、釣りづらい。

来週の21日は夏至。
だから、今時期は日の出が早い。
今日のそれは、3時59分。

4時15分、出航。

2022081203
初めに入ったのは、こんな風景の見える海域。
釣れるが小さいという、アッチの海域。

遠景は羊蹄山
羊蹄山の手前、昭和新山
左に有珠山

この狭い海域に、今シーズン、延べで何艇入ったンだろう。
500艇、いや600艇・・・
すでに釣り切られてしまったのか、私の誘いがまずいのか。
アタったのは、タモサイズのデカいアブラコが2尾。
ヒラメはアタらず(^^;

で、アッチの更にアッチへ。

2022081201
今日の出竿は、こんな風景の見える海域。
誘導してくれたのは、画像の艇 Sea Dragon
サンクス。
かの艇では82センチが掛かったと。

私の竿にも4枚掛かった。
しかし、アッチの海域で掛かったアブラコよりも弱い引き。
いずれもタモを使うに至らず。
どころか、内2枚は、40センチもない、船べりでのリリースサイズ(^^;

2022081202
キープしたのは2枚。
50センチあるかないか。

| コメント (4)

2022年6月 4日 (土)

カラス頭とは言わない

釣行時、竿のほかに船に持ち込むのは、カゴ。
スーパーのレジカゴと同スペックのカゴで、釣り道具や船上食が入っている。

キャビンのドアを開け、ライフジャケットを着け終えてから、カゴをキャビン内に収容する。
その逆もある。
カゴをキャビン内に収容してから、ライフジャケットを着ける。
その短い時間に、カラスに船上食を盗られること2回。
更に、出港届を出すためにマリーナの建物に入っているすきに、入口外に置いていたカゴから船上食を盗られること1回。

今日。
マリーナ上下架クレーン下に到着後、マリーナスタッフにより、KON-chan号はヤードの定位置に移動。
その間ともう少しの時間、某艇船長らとヤードの片隅で駄ボラ吹き。
で、手を付けていなかった船上食をカラスに盗られた(^^;

サカナ釣りばかりしていると、バカになる。
バカを表現するのに、トリ頭とかニワトリ頭とかと言う。
カラス頭とは言わない。
私は、カラスに到底及ばない ただのバカ(^^;

良ナギ予報。
ただのバカの私が船長のKON-chan号、8時、出航。

2022060401
今日の出竿は、こんな風景の見える海域。

昨日は、アッチの海域で竿を出し、スカ。
ンで、今日はコッチの海域へ。

予報は良ナギだったが、予報は予報。
西風強く、波も深い。
11時、沖上がり。

2022060402
マリーナからの帰宅時、立ち寄ったのは私の定点観測地、イタンキの丘。
この丘にエゾカンゾウ(ニッコウキスゲ)の花の黄色が見えると、私の竿にヒラメが掛かる。
黄色は見えず。

長い長い前置きだった。
ボーズ(^^;

| コメント (4)

2022年6月 3日 (金)

まだ黄色は見えない

イタンキの丘は、私の定点観測地。
この丘にエゾカンゾウ(ニッコウキスゲ)が咲くのは6月。
この花の黄色が見えると、私の竿にヒラメが掛かる。


2022060302
イタンキの丘にて。
丘に、まだ黄色は見えない。
が、あれこれあって、今日の私は休日。
黄色は見えないし、サカナ釣りばかりやっているとバカになる。

ではあるが、7時40分、出航。

2022060301
今日の出竿は、こんな風景の見える海域。
風穏やかで、良ナギ、

1投目でデカいアブラコ。
リリース。
好釣を予感させたが、それっきり(^^;
釣果極めて上品。
ボーズ(^^;

| コメント (6)

2022年5月25日 (水)

参考程度だが、参考にはなる

のっぴきV船長のシャコさんらが、マスを掛けた話が聞こえてくる。
出竿海域は41分あたり、苫小牧西港と勇払マリーナの中間海域らしい。

そこまで行かずとも、KON-chan号進出範囲の太平洋に仕掛けられた定置網に、千本を単位とする数のサクラマス、青マス(カラフトマス)が入ったんだと。
 マスが網に入った
 サケが網に入った
 ブリが網に入った
ということと、船から出した竿が曲がるかということとは別問題。
まァ、参考程度。
参考程度だが、参考にはなる。

昨年、一昨年はスカだったが、その前の年のこの時季、我が艇でもサクラマスが掛かった。

燃料を満タンにして、8時、出航。

2022052501
今日の出竿は、こんな風景の見える海域。
航海時間、1時間30分。
白老沖。
良ナギだが、流れ藻・ゴミが多い。

誘導してくれたのは、画像の艇。
POPEYE。
終日、この艇が移動するたびにタグに牽かれる作業台船のごとく我が艇も移動した。

しかし、サクラマスも青マスもひとアタリもなし(^^;

2022052502
本日の釣果は、帰航途中に掛けた自家消費分のソウハチのみ(^^;

| コメント (6)

2022年5月23日 (月)

艇是にふさわしい釣果となった(^^;

濃いガス。
風力発電の風車塔のプロペラがやっと見えるほど。
そのやっと見えるプロペラの回転が、ごく遅い。
北西の風、穏やか。

あれこれあって、今日の私は公休日。
8時、出航。

防波堤を出てすぐのガスでおおわれた海面に、ぎっしりとミズナギドリが着水。
こんなオカに近い海域に、コアホウドリまでが。

その鳥たちの休息海域を微速で通過後、ヒラメ仕掛けを泳がせる。
2時間ばかり それを続けるも、魚信は得られず(^^;

2022052301
今日の出竿は、こんな風景の見える海域。
ガスで閉ざされていた視界が開けてきた。

ベイトの反応が濃い。
それをめがけてソウハチサビキを入れるも、魚信なし。

2022052302
根からの反応も遠い。
我が艇是は釣果上品。
その艇是にふさわしい、釣果となった(^^;

| コメント (7)

2022年5月18日 (水)

潮のぼり19回

サカナ釣りばかりやっていては、バカになる。
バカになるも何も、すでにバカ(^^;
あれこれあって、今日の私は公休。

バカが竿をかついで、8時10分、出航。

2022051801
今日の出竿は、こんな風景の見える海域。
と言っても何も見えない。
沖は濃いガスで、視程0.1海里。

風は穏やか。
が、波がゴツゴツしていて、底を取りづらい。

2022051804
やがて、ガスが晴れ、空気が乾いてきた。
それに合わせてゴツゴツしていた波の頭が柔らかくなり、ベタナギ。

中潮。
しかし、10時12分の最干潮の潮止まりを過ぎると潮が走り出し、サカナのタナにワームが届く前に、船が根から外れる。
で、根から思いっきり潮の上流で船を止め、潮流に乗ってワームを沈める。

2022051803
潮のぼり19回。
釣果も19尾。
 クロソイ 16尾
 マダラ   3尾
と、下品な釣果となった。

正午、沖上がり。

| コメント (4)

より以前の記事一覧