日記・コラム・つぶやき

2024年3月 2日 (土)

『大名格差』を読む

北村桃児(きたむら とうじ)作詞の、
 歌謡浪曲『あゝ松の廊下』
には、以下のセリフが入る。

 放してくだされ梶川殿
 五万三千石
 家をも身をもかえりみず
 上野介(こうずけのすけ)を討つは
 将軍家の御威光と役職を笠に着て
 私利私欲に走る人非人を斬るためじゃ
 その手を放して下され梶川殿

北村桃児とは、三波春夫の作詞家としてのペンネーム。
 家をも身をもかえりみず
に吉良上野介を討とうとするのは、播磨赤穂藩 五万三千石の藩主 大名 浅野内匠頭 長矩󠄁(あさの たくみのかみ ながのり)。

Photo_20240225185701 
こんな飯屋で読み始め。

斬られた吉良上野介は四千二百石の旗本。

だが、官位は、
 内匠頭 従五位下(じゅごいのげ)(注)
 上野介 従四位上(じゅしいのじょう)
と、上野介が上。

 将軍家の御威光と役職を笠に着て
というセリフがこれ。

衣装、その色、江戸城入城の際にカゴから降りる場所に至るまで、大名には細かい規則で差が付けられていた。

本夕、読了。

NHK大河ドラマ『光る君へ』の舞台は平安中期。
役者も それを観る方も現代人。
なので、演出家は、
 「行っちゃおゥかなァ」
などと、平安貴族を演じる役者に現代人口調で話させる。
が、「死ぬ」を「みまかる」と言わせるところは、やはりNHK、時代考証に抜かりはない。

ところで、裳(も:平安時代の和式ロングスカート)に隠れて あらわには見えないが、まひろ(紫式部)ら平安女性は片膝をついて座っている。
いわゆる正座は もっとずっとあとの座り方で、ここにも確かな時代考証。

男は近世までアグラ。
徳川幕府は、将軍の前では大名・旗本を含む臣下の者に正座を強いた。
仮に将軍に手を出そうとしても、この座り方ではひと呼吸遅れる。

(注)

官位職を言うとき、〝従〟を〝じゅう〟と発音しては笑われる。
この場合、〝従〟の発音は〝じゅ〟。

| コメント (0)

2024年2月24日 (土)

『文豪のすごい語彙力』を読む

本書で取り上げているのは、芥川龍之介の〝的皪(てきれき)〟から、谷崎潤一郎の〝懇親〟までの63人、63語。

海上自衛隊の行進曲は、〝軍艦マーチ(軍艦行進曲)〟。
米国海軍なら、〝錨を上げて〟。
 出航用意!
 そして、次に続くのは、
 舫い(もやい)を解け!

この、舫いを解くことを解纜(かいらん)という。
檀一雄は、『リツ子 その愛・その死』で、
 船は解纜したようだった。
 丸窓が閉ざされているので皆目外は見えないが、
 波の動揺がしきりと感じられてくる。
と、綴っている。

Photo_20240223105401
こんな飯屋で読み始め。

〟は訓では、〝ともづな〟と読む。
〝ともづな〟は、〝もやいづな〟のこと。

本夕、読了。

〝ともづな〟は〝艫綱〟とも書き、〝艫(とも)〟は船尾のこと。
なので、〝ともづな〟の辞書の説明は、〝船尾から出して船を陸につなぐ綱〟。

本書者は、
〝ともづな〟の〝とも〟は、〝ともだおれ〟、〝おともする〟の〝とも〟と同じで、〝複数〟の意。であると説明する。
船と岸は、複数の綱で固定するからだ、と。
これも一理ある。

| コメント (0)

2024年2月18日 (日)

『寄書の世界史』を読む

「寄書」とは、〝奇〟跡 の書でも、〝寄〟せ書きの書でもない。
「寄書」とは、〝奇〟妙な書 、〝奇〟天烈な書のこと。

国内で出版される書籍(CD・DVD なども含む)は、決められた部数を国立国会図書館におさめなければならない(国立国会図書館法:納本制度)。
国は、その販価の50パーセントを納入者に補償する。
誰でも考え付く悪知恵が、以下。
外国文字をランダムに印刷しただけの、執筆も編集工程もない書籍を納本し、50パーセントの補償でも十分過ぎる益を得る出版社が現れた。
こんなのは〝寄書〟といえるだろう。

Photo_20240216074701
こんな飯屋で読み始め。

16の寄書が紹介されている。
内、ひとつが、江戸の終わり頃の椿井文書(つばいもんじょ)。
拙ブログでも 『椿井文書』を読む として記事にしたが、近畿の20の市町史編纂者が、これにコロッとだまされている。
『椿井文書』は、つい最近まで寄書ではなかった。

マルコ・ポーロの『東方見聞録』。
それには、黄金の国ジパングが記載されている。
『東方見聞録』は、世界史に残る紀行の書。
今現在でも、寄書とはいわないだろう。

紀伊國屋やジュンク堂には、『円周率1000000桁表』とか『素数表150000個』とか『自然対数の底1000000桁表』とかが売られている。
書かれている数字は正しい。
が、寄書(だと思う)。

本夕、読了。

誰でも電卓を持てるようになった頃でも、理工学書の巻末や理科年表には、平方根表や対数表や三角関数表がのせられていた。
丸善の『五桁対数表』は今でも版を重ねている。
これらは寄書とはいわない(だろう)。

| コメント (0)

2024年2月12日 (月)

『地図バカ』を読む

電気事業法では、ある規模以上の発電設備などは、その設置を国に申請して許可を得なくてはならないとしている。
その申請資料には、設備スペックとともに、設置場所を示した国土地理院の5万分の1の地形図を添付することになっている。(注)

その添付する国土地理院の5万分の1の地形図の『室蘭』は、つまらない。
地図全体の99.9パーセントは海で、右上隅にほんの少しだけ陸地。

Photo_20240212102001
こんな喫茶店で読み始め。

 1マイルは1760ヤード
 1ヤードは3フィート
 1フィートは12インチ
と、ヤード・ポンド法は10進法ではない。

バングラデシュは英国に植民されていたので、ヤード・ポンド法の国。
だから、バングラデシュ全国図の縮尺は、63万3600分の1と中途半端。
この縮尺だと、地図上での1インチが1マイル(哩:陸里 1マイルは1609メートル)となる。

宗首国だった英国では、50年前には、地図のメートル法への置き換えが終わっている。

本夕、読了。

サンスケと略称される物差しがある。
三角スケールのことで、6種の縮尺、多くは1/100、1/200、1/300、1/400、1/500、1/600 に対応する目盛りが切ってある。

ところで、建設図・構造図などはA1サイズで出図されることが多い。
この大きさでは、デスク上で使うには不便なので、これをA2やA3にダウンサイズコピーすることが多い。
例えば、元図がA1の図面をA2に落とすと、縮尺の分母は元の√2倍になる。
1/100の図面なら、1/141の図面になる。
なので、上記の目盛りの三角スケールは使えない。

図面検討会と称する会議の場に、胸ポケットにこんな三角スケールをさして出席してはマヌケ。
良くしたもので、ダウンサイズコピー用の三角スケールがある。
それを、我々はゼロックススケールと呼んでいた。

多分、ゼロックス社の社員は このことを知らないと思う。

(注)
5万分の1の地形図の『室蘭』を添付した資料を持参して、札幌の第1合同庁舎の経産局に通う仕事をしたことがあった。
今現在のことは知らないが、その当時の経産局の担当者は、添付する地図は国土地理院の5万分の1の地形図の『室蘭』でなくともいいと言っていた。

| コメント (0)

『自転車に乗る前に読む本』を読む

ヒザに故障をかかえたランナーでも、自転車には乗れる。
ペダルを回す動作は、ヒザへの負荷が小さいから。

著者は生理学者。
その専門知識を背景にして書かれた本書の副題は、
 『生理学データで読み解く「身体と自転車の科学」』

本書には、健康に好影響を与える自転車の走らせ方が書かれている。

Photo_20240210181701
こんな喫茶店で読み始め。

自転車のペダルを回す1分間の回転数(rpm)をケイデンス(cadence)と呼ぶ。
血圧の単位は水銀柱ミリメートル(mmHg)だが、それを省略し、
 上が120、下が70
などと数値のみを言うのが普通。
ケイデンスも同様。
普通、数値のみを言う。
以下、数値はケイデンスを示す。

トライアスロン競技者は、80~90
対し、
エネルギー消費量が最小になるのは、70
筋肉の疲労が最小になるのは、80~90

競技者は、エネルギーの消費量よりも、脚の疲労のしにくさを優先する。
と、思いきや、自転車を専門とする競技者は、エネルギーの消費効率の悪化も、筋肉の疲労も増えるのを分かった上で、90から110で走る。

本朝、読了。

競技者でない者は、70も回せない。
著者は、まず65を目標に、と提案する。

著者の学位論文は、
『自転車運動に対する身体適応および日常的自転車使用による健康づくりの可能性』
が、著者、自転車には乗らない。
健康づくりは、ジョギングで。
通勤は、エンジンバイク。

| コメント (2)

2024年2月 9日 (金)

『ぼくらの近代建築デラックス!』を読む

建築基準法施行令第88条は、地震力を規定している。
〝標準〟という前提付きで書かれているその数値の最低値は、剪(せん)断力係数で0.2。
この0.2は、建物重量の20パーセント相当の力のこと。
建物の重心位置に 水平方向にこの力をかけても建物に致命的な損傷を生じさせない設計をするための目安。
この0.2には根拠がある。
関東大震災で倒れた墓石の調査結果。

新館建設のため1968年(昭和43年)に解体されたのは、1923年(大正12年)竣工のフランク・ロイド・ライト 設計の帝国ホテル(ライト館)。(注)
このライト館の完成披露パーティーの その当日に起きたのが、関東大震災。

この地震に、ライト館は耐えた。

Photo_20240206175001
こんな喫茶店で読み始め。

先月 直木賞を受賞した万城目学(まきめ まなぶ)と、推理小説作家の門井慶喜(かどい よしのぶ)が、大阪・京都・神戸・横浜・東京・台湾の近代建築を訪ねる。

1931(昭和6)年竣工のモロ近代建築に外側だけ化粧をほどこした大阪城天守から、1904(明治37)年竣工の横浜正金銀行(現:神奈川県立歴史博物館)といった落ち着きと品の良さを感じさせる建物まで67棟。

文化史学を専攻した門井の近代史と建築の知識が広く深い。

本夕、読了。

東京・横浜・神戸にある近代建築は、震災と戦災をくぐってきているので それだけでも貴重。
前調べは旅をつまらなくするというヒトもいるけれど、二人とも予習、あるいは再訪しての確認十分。
訪れるのは、ヒトが作ったモノ。
かつ、作ったヒトは優秀。
予習なしでは、ポカンと口を開けるだけだろう。
私がそれ。
ポカンと口を開けて読み進めた(^^;

(注)
『フランク・ロイド・ライトの20世紀建築作品群』として、世界遺産に登録されている建物が8棟ある。

| コメント (0)

2024年2月 4日 (日)

『将棋カメラマン』を読む

将棋は指し、碁は打つ。
でも、
 将棋指し も棋士
 碁打ち  も棋士
ところで、
 チェス  だとプレーヤー
 麻雀   だと雀士
 丁半   なら緋牡丹お竜、藤純子
 ポーカー ならルーヴル美術館のラ・トゥールの絵、
     『ダイヤのエースを持つ いかさま師』

本著者が撮るのは、将棋指し。
副題は、
 大山康晴から藤井聡太まで
 「名棋士の素顔」

その写歴は50年。

Photo_20240128195001
こんな喫茶店で読み始め。

演劇場やコンサート会場では、写真撮影は原則禁止。
そんな世界の、例えば歌舞伎界には舞台専属カメラマンがいる。
専属カメラマンを持つオーケストラもある。

将棋の勝負の場にいるのは、シャッター音を消し、ストロボを発光させず、動きを殺したカメラマンの著者。

本夕、読了。

朝刊には、将棋・囲碁の観戦記が載る。
技術的なことは全然わからないが、盤外を描写した ほんの十数文字が光っている日がある。

川端康成は、自身が経験した碁の観戦を『名人』という小説に仕立てている。
書かれているのはヒト、二十一世本因坊秀哉。
先月の4日に亡くなった篠山紀信が撮ったのもヒト。
本著者の撮るのもヒト。
 対戦中の棋士
 麻雀卓を囲む棋士
 バイオリンを弾く棋士
 酒場で飲む棋士
 旅先の街路を歩く棋士
 素っ裸で鳥取砂丘に立つ棋士
 教会堂で祈りをささげる棋士
 テニスに興じる棋士

| コメント (2)

2024年1月27日 (土)

『「悪所」の民俗誌』を読む

渋谷区松濤(しょうとう)地区に、コンビニはない。
マックもスタバもない。
ここは、商売っ気を微塵も感じさせない歴史ある高級邸宅街。

松濤の南に接続して あるのが、かつての色町 円山(まるやま)。
今はラブホテル街。
書名の「悪所」は、かつての円山のようなところをいう。

著者は社会学者で桃山学院大学で教え、学長も務めた沖浦和光(おきうら かずてる)。
副題は、
『色町・芝居町のトポロジー』

トポロジーとは位相幾何学のことだが、ここでは、〝連続している〟くらいの意味だろう。

Photo_20240118195301
こんな喫茶店で読み始め。

著者は、「悪所」の特質を
 ・匿名性の高い非日常的空間
 ・新しい文化情報の発信・収集の場
 ・誰でも出入りできる場
 ・混沌(カオス)性が増殖していく場
 ・遊女が理想形となる人倫秩序の転倒した場
 ・役者が表現する場
と、まとめる。
特に、最後の〝役者〟は、
 「漂泊する神人」の影が漂い
表現するのは、
 身に潜めた呪力
であると書く。

本夕、読了。

本書、平安の世まで時代をさかのぼる。
当時の記録から、天皇・法皇に寵愛を受けた局(つぼね:宮中に自室を与えられた高位女官)のなかには、出自が遊女の者がいたことを明らかにする。
〝遊女が理想形となる人倫秩序の転倒した場〟が、ここに見える。

悪所といえば、博打場もそうだろう。
が、著者は、博打場についてはひとことも触れていない。
博打が成立するには貨幣が回る世界が必要だが、本書が広げる世界は すでに貨幣経済の時代。
著者、おそらく、競馬・パチンコ・麻雀を知らないヒトなのだと思う。

| コメント (0)

2024年1月14日 (日)

『水素分子はかなりすごい』を読む

元素周期表は、原子番号1、原子量1.0の水素(H)から始まる。
安定した分子の水素(H2)でも、分子量は2.0。
原子番号2のヘリウム(He)の原子量が4.0だから、水素は原子でも分子でも小さい。

水素脆化(すいそぜいか)と呼ばれる金属の粘りや強度が落ちる現象(割れたり、欠けたりしやすくなる)がある。
金属結合中に水素が侵入することが悪さの原因なのは確かなのだが、脆化に至るメカニズムは はっきりしていない。
民生品として大量に使われるステンレス鋼に その現象が大きくあらわれるので、問題はやっかいだ。

Photo_20240114090001
こんな喫茶店で読み始め。

著者は物性物理学者。
副題は、
 『生命科学と医療効果の最前線』

本書で言う水素は、水素イオン(H:プロトン:陽子)ではなく、水素分子(H2)。
それを水に溶かして、あるいは空気と混ぜて摂取すると、
 酸化ストレス抑制
 動脈硬化抑制
 神経性疾患抑制
  パーキンソン病
  アルツハイマー病
等に効果がある、と。

水素には、抗酸化性があるのは確かなのだが・・・

本夕、読了。

伊藤園では、310mlアルミボトル入りのミネラルウォーターを、
 水素水 2
という商品名で販売している。
この水素水、成分表を見ると、1本当たりの水素量は0.09~0.24mg。
中間値の0.17mgで計算すると、大気圧体積で2CCほどの水素ガスが含まれていることになる。

ヒトは1日に15000リットル前後の空気を吸う。
我々の吸う空気には、体積で0.00005%の水素が含まれている。
呼吸で肺に入る水素は、1日に7CCくらい。

| コメント (12)

2024年1月 7日 (日)

『文豪たちが書いた喧嘩の名作短編集』を読む

今日の某紙朝刊日曜版。
見開き2ページで書評されていたのは8冊。
その内の1冊が、大江健三郎の『親密な手紙』。

安部公房が、
 「大江君に絶交されちゃった」
と、どこかに書いていたのに対し、
大江健三郎は、
 「安部さんに絶交された」
と、その『親密な手紙』に書いているらしい。

安部公房の生涯は、 1924年ー1993年
大江健三郎の生涯は、1935年-2023年
安部のほうが 一回り上だが、同時代人といっていいだろう。
1994年に、大江がノーベル文学賞を受賞。
もし、その年に安部が存命だったのなら、その受賞は安部だったはず。

その二人に、互いに〝絶交〟を宣するようなイザコザがあったらしい。
文豪同士の喧嘩。

Photo_20240106220801
こんな飯屋で読み始め。

本書におさめられているのは、短いエッセーや短編小説16編。
書いたのは、安部公房や大江健三郎よりヒト世代さかのぼった時代の作家の太宰治、檀一雄、坂口安吾など16人。

どれもテーマは〝喧嘩〟。
喧嘩の組み合わせは、作家同士、夫婦、母娘など。
創作もあるし、事実の文章化もある。

本夕、読了。

作家は、ペンで食うヒト。
ペンだけでなく、口も達者。
だが、本書の作家は、みな運動不足。
その体に加えて、サケ・タバコ・ハイミナール(睡眠薬)・恋愛。
 私の年齢が そう感じさせるのか。
 当時の作家の不健康さが そう感じさせるのか。
そんな者同士の喧嘩は、読んでいても幼児の喧嘩ほどの迫力も感じない。

安部公房や大江健三郎は、彼らよりずっと健康そう。
でも、喧嘩は、
 「オマエの母ちゃん、デーベーソ」
レベルだったような気がする(^^;

| コメント (0)

より以前の記事一覧