« 『旅をする木』を読む | トップページ | 『人は、こんなことで死んでしまうのか!』を読む »

2024年7月 7日 (日)

『残酷な進化論』を読む

昨年度の、
 「科学技術分野の文部科学大臣表彰科学技術賞(理解増進部門)」
を受賞したのは、YouTuberのヨビノリたくみ。
彼が配信した番組の中には、カッコいい理系用語とダサい理系用語といった息抜きモノもある。

カッコいい用語の、
 1位は 赤の女王仮説
 2位は 生成消滅演算子
 3位は 宇宙際タイヒミュラー理論

ダサい用語の、
 1位は 箱ひげ図
 2位は ベン図
 3位は 井戸型ポテンシャル

ちなみに、箱ひげ図はExcelの統計グラフ内にテンプレートが用意されているし、ベン図は円の組み合わせ。
当然、Excelで描画できる。

Photo_20240707074901
こんな喫茶店で読み始め。

このダサい用語の1位から3位までを決定する過程では、〝おばあちゃん細胞仮説(grandmother cell hypothesis)〟も候補にあげられていた。
おばあちゃん細胞仮説〟とは全然違う概念なのだが、本書には〝おばあさん仮説(grandmother hypothesis)〟が紹介されている。

チンパンジーの兄弟姉妹には年子がいない。
なぜなら、チンパンジーの授乳期間は4~5年と長く、それゆえ出産間隔も5~7年と長いから。
同じ理由で、ゴリラの出産間隔は4年。
オランウータンは7~9年。

ところが、ヒトの授乳期間は2~3年と短いだけではなく、授乳期間中にも次の子を産める。
父親・祖父母に限らず、血縁関係にない者さえも子育てに協力する生物的・社会的進化が あるからだろうと、本書の説明。

本夕、読了。

霊長類のメスは閉経しないで死ぬまで子を産む。
ヒトだけが閉経し、その後も長く生きる。
ヒトが共同で子育てしてきたことで得た進化の形質で、これを〝おばあさん仮説〟と言うそうな。

〝仮説〟だから、真偽不明。
本書では、ヒトは夫一妻に向かう進化傾向がありそうだ と書く。
しかし、〝おじさん仮説〟・〝おじいさん仮説〟が成立する夫一妻に進んでもいいような気がする。

また、ヒトは かなり頻繁に浮気をするので夫一妻に向いていない、という意見があるようだ。

父親が持つ遺伝子による子の遺伝性疾患の調査では、父子関係に客観性の高いデータが得られる。
上記調査によって、父子として暮らしてきたが、実はアカの他人の関係なのだと判定されるのは1~4パーセント。

浮気で子ができるのが、1~4パーセント。
火遊び浮気なら、私の根拠レスのエイヤーっ見積もりで、この20倍、20~80パーセントはあるのでは。

ヒトは夫一妻に向いていない、という意見に私は首を縦にふる(^^;

« 『旅をする木』を読む | トップページ | 『人は、こんなことで死んでしまうのか!』を読む »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 『旅をする木』を読む | トップページ | 『人は、こんなことで死んでしまうのか!』を読む »