« 『映画を早送りで観る人たち』を読む | トップページ | オレだ。 ヤマダだ。 »

2023年12月24日 (日)

船長、スイーツを作る(^^) 13

久し振りの お菓子作り。

日本ではスイーツ扱いされているシュトーレン(Stollen:シュトレン)。
その生国のドイツではパンに相当し、クリスマスに近い今頃に食べるのが習わし。
そのドイツが国として認めるシュトーレンの基本レシピは、
小麦粉重量の、
 30%相当以上のバター
 60%相当以上のドライフルーツ(砂糖漬けフルーツ)
 が、使用されていること
 なお、マーガリンの使用は認めない

日本の有名洋菓子店で売られているシュトーレンのレシピを調べてみると、
小麦粉重量の、
 100%相当以上のバター
 100%相当以上のドライフルーツ
を、使って作られているようで、油脂量・カロリー量とも はなはだ大の健康度の高い食品。
そこはそれ。
シュトーレン、日持ちがする。
その長さは、〝月〟の単位で、常温でも6ヶ月は持たせることができる。
なので、時間をかけて少しずつ少しずつ食べる。

発酵工程が2回ある。

Stollen_20231224165701
まァ、でも完成。

我がレシピ、小麦粉重量の、
 100%相当超のバター
 120%相当超のドライフルーツ
  ドライフルーツ種は、
    レーズン
    クランベリー
    マンゴー
    パイナップル
    パパイヤ
    オレンジピール
  25%相当のアーモンド
  25%相当のクルミ

さて、食うか(^^)

« 『映画を早送りで観る人たち』を読む | トップページ | オレだ。 ヤマダだ。 »

コメント

私は パネトーネをつくり、ミスしてクッキーになってしまった。冷凍庫の場所取りに使ってます。

レシピ通りに、作っていた。
材料を全部入れろと書いてある。
入れた。次を読むと、あとから、これとこれを
入れろって。。。。。
もう入れたよ状態。ひどいレシピだ。
前回はうまくいったのに、忘れてしまっていた。

投稿: ja8oxy | 2024年1月 5日 (金) 14:40

ja8oxyさん、こんにちは
今年もよろしくお願いします。

パネトーネとシュトーレンは伊・独の兄弟菓子みたいなものですね。
シュトーレンはカッチリしてますが、パネトーネは柔らかいようで。

私はレシピを紙に書き出してから作業開始です。
それなのに、ドライイーストを入れるタイミングを間違えました。
まァ、特に問題になることもなく済みましたが。

今回は、指がつるくらいと言うか、実際に指がつりました。
それほど、時間と労力をかけてこねました。
小麦粉の重量以上のバターを使っている不健康極まりない お菓子です。
チョビチョビ食べ進めています。

投稿: KON-chan | 2024年1月 5日 (金) 18:25

以前、パイ生地を自分で作ったことがありましたが、
あれも、確かひどいバターの量で、
大変な割に、売っているもののように
綺麗には出来なくて、
最近は、諦めて買ってきてました。
おそらく、あれを習得するだけで
職人になれそうです。

投稿: ja8oxy | 2024年1月 6日 (土) 15:16

同感です。

クロワッサンなんかもそうですね。
粉の重量の半分相当の重量のバターが折り込まれています。

パイ生地は既製品が便利ですね。
冷凍が緩むとフニャフニャになって扱いにくくなりますが、それでも自製する面倒をはるかにまさります。
パイやシュークリームは、作る苦労の割りには生地のウマさをあまり評価されないお菓子。
職人というのは大したものです。

投稿: KON-chan | 2024年1月 6日 (土) 18:10

クロワッサン生地の折り込みが楽しくて、たくさん焼いた時期がありました。
織り込む作業自体は、特に難しい手技ではないと思います。
機会があれば是非やってみて下さい。

投稿: めりー | 2024年1月 8日 (月) 21:46

めりーさん、こんにちは

モルエに用がある時は、サンマルクでコーヒーとチョコクロど腹を満たすことが多いです。
折り込みといえば、ミルフィーユもそうですね。
ミルフィーユアイス、あれ、ウマい。

クロワッサンはいつになるか、
そのうち作ってみようと思います。

投稿: KON-chan | 2024年1月 9日 (火) 07:17

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 『映画を早送りで観る人たち』を読む | トップページ | オレだ。 ヤマダだ。 »