« が、今日は外道 | トップページ | 『官報複合体』を読む »

2022年1月26日 (水)

次のバタっがくる前に

日の出が早く、日の入りが遅くなったのを実感する。

あれこれあって、今日の私は公休。

6時、出航。
東南東の雲が燃え、6時55分、雲の向こうで日が昇った。

2022012601
今日の出竿は、こんな風景の見える海域。
サクラマス海域。

寒さが緩み、どんよりとした空気。
オカがかすむ。

ヤマセ(東風)。

スケソが海面近くまで浮き、15メートルで泳がせる毛バリに掛かる。
どうかすると、10メートルで泳がせる毛バリにも掛かる。
どうかしなくても、7メートルで泳がせる毛バリにも掛かる。

とても、サクラマス釣りにならない。

で、思いっきりオカに寄ったら、スケソのタナが下がった。
この、思いっきりオカに寄ったのが、11時30分。

2022012602
バタバタっと、2尾。
次のバタっがくる前に、ライセンス制限時刻の正午。

« が、今日は外道 | トップページ | 『官報複合体』を読む »

コメント

初物でしょうか、おめでとうございます。
もう少し早くバタバタ海域に入りたかったですね。
とは言っても渋い魚影の中、お見事でした👍

投稿: 夫婦釣り | 2022年1月26日 (水) 18:27

夫婦釣りさん、こんにちは

どうもありがとうございます。

ですね。
バタバタが、バタバタバタバタくらいにはなったかもしれません。

サクラマスの掛かる深さで、スケソのほかにソウハチ、それとホッケが掛かります。

渋いというより、数が少ないのでしょうね。
これからでしょう。

投稿: KON-chan | 2022年1月27日 (木) 00:41

おはようございます。
マスを探し出しましたか、おめでとうございました。いい型ですね。
その、思いっきり違う場所に入ってみるというのはいいと思いますが、決断力でしょうか難しい場面も多いです。
沖にいると、何も無さそうな場所にぽっかり浮いている艇がいることがよくあります。
あんなところで何か釣れるのかなあ。。と思いますが、実は1艇で入れ食いだったりするかも知れません。と考えると海は楽しいですね。
次回も是非、本命を見つけてきて下さい。

投稿: めりー | 2022年1月27日 (木) 07:40

めりーさん、こんにちは

ボートヤードの隣艇のP艇がそうですね。
船団から離れたところにポツンと浮いて、で、決まって他艇をしのぐ釣果をあげます。
持っているデータ量が豊富、また考え方が科学的で根拠のある釣りをします。
私は〝釣れた〟ですが、P艇船長は〝釣る〟釣りをしますね。

サクラマスの評価は、体長ではなく体重。
日本海では板マスと呼ばれる太ったマスが掛かりますが、太平洋ではそんなマスは滅多に掛かりません。
私の感覚だと、
 2kg前後で、『オォ、いいカタ』
 2.5kgを越えると、『スゲ-なァ』
 3kg越えともなると、『一度、見てみたい』
私の記録は、2.9kg。

今回のマスは、2尾とも2kgに届きません。

また、我が艇基準では
1尾も掛からなくとも、まァ、そんなもンでしょう(^^;
 1尾掛かれば、ホッ(^o^)
 2尾掛かれば、納得(^o^)
 3尾掛ければ、満足(^o^)
 4尾掛かれば、十分(^o^)
 5尾以上掛かれば、こんなに掛けてどうしよう(^o^)

ちょっと古いデータですが、下に私の分析をあげておきます。
1釣行で2尾から4尾もサクラマスが掛かれば、十分に納得して港に帰ってこれます。
今釣行、いい気分で帰ってきました(^^)
http://kon-chan.cocolog-nifty.com/konchans_logbook/2008/02/post_f4fd.html

投稿: KON-chan | 2022年1月27日 (木) 08:50

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« が、今日は外道 | トップページ | 『官報複合体』を読む »