« 2021年1月 | トップページ | 2021年3月 »

2021年2月

2021年2月26日 (金)

『登山外来へようこそ』を読む

〝国際山岳医〟は、国際山岳連盟・国際山岳救助協議会・国際登山医学会の3団体が認定する。
10年ほど前までは、英国やスイスの大学の認定プログラムに参加しなければ得られなかった資格。
本著者は、その資格を得た日本人第一号。
今は、日本登山医学会も〝国際山岳医〟を認定するプログラムを持っている。
日本には、現在、30人ほどの〝国際山岳医〟がいるとのこと。

Photo_20210216173401
こんな飯屋で読み始め。

著者は、札幌の北海道大野記念病院に開設されている〝山岳外来〟の医師。
〝山岳医〟とは、〝山〟と〝山の医療〟を知っている医師。
一定の登山技術を有し、山で起こりうる病気やケガの専門知識を持つ。

山で起こる病気やケガは低地にいても起こる。
高所に特有なのは高山病くらいのもの。
これは標高を落とせば治る。
なのだが、著者が〝山岳医〟を目指したのは、トレッキングで出かけたネパールの4500メートル地点で重症の高山病の日本人登山者を見た(診た)ことがきっかけ。
肺水腫を発症していたかもしれないが、水を飲ませ、努力呼吸(注)を教えて下山させただけ。
その処置への自信が彼女にはなかった。

本夕、読了。

低地で対処できない病気やケガを、山で治療できるはずがない。
だから、本書に書かれている病気やケガの予防・処置は、ごくごく当たり前のこと。

山での三大死因は、
   外傷
   心臓突然死(心筋梗塞)
   寒冷障害(低体温症)

落石・転倒などで外傷・出血。
この時、
 出血部位を心臓より高く上げる
 出血部位より心臓に近い部位を圧迫する
と、聞いたか読んだかしたことがある。
しかし、本書によれば、現在勧められているのは、出血部位を直接圧迫する止血法なのだとか。

デカいアタリ。
この時、
 竿を立ててアワせる
   落ち着くため、努力呼吸で酸素を取り込む

山岳医療の本を読んで、サカナ釣りを連想するのはバカゆえ(^^;

(注)
努力呼吸とは、本書によれば、まず息を吐く。
要領は、30センチ先のロウソクの炎を3秒で吹き消すイメージ。
息を吐けば、自然に吸える。

| コメント (2)

2021年2月15日 (月)

『黄色いテント』を読む

夜行列車の、
 A寝台は、0.85メートル×2メートル
 B寝台は、0.7メートル×2メートル

山で見るテント(フライシート)の色は、黄やオレンジが多い。
ソロ登山者が背負っていくテントで一番多いのは、
モンベルのステラリッジ。
次が、アライのエアライズ。
私の山での定宿は後者。
フライシートはオレンジ色で、設営に要する時間は2分ほど。

この2つのテントは、ほとんど同じ寸法。
床寸法は、夜行列車の寝台より広く 1メートル×2メートル。
シングルサイズのベッドの、1メートル×2メートルと同じ。
2人が食事をとり眠ることができる。
ただし、テントの断面は▲の形をしているから、窮屈ではある。
だから、〝恋人同士ならば〟という条件が必要。

Photo_20210212104501
こんな喫茶店で読み始め。

本著者は、山岳写真家の田淵行男。(注)
『序に代えて』と題し、自分のテントの色を彼は以下のように記している。
 〝黄色というより橙色に近い色調で、ミカン色と言ったほうが実感に近い。
  さらにニッコウキスゲ色と言い直したほうが一段と通りが良いかも知れ
      ない。〟
ニッコウキスゲとはエゾカンゾウのこと。
6月、イタンキの丘にも咲く

本著者のテントは特注であつらえたもの。
それを〝黄色いテント〟と本著者は称する。

手札判やキャビネ判のガラス乾板を10ダース。
わずか120回しかシャッターを切れない量だが、それだけでも4キロ。
総重量が40キロを超えるザックを背負って山に入る。

本夕、読了。

高山チョウを追い、大雪山系の黒岳、白雲岳などへも。
大雪山系を歩いた話に出てくるのは、いずれも私も頂上を踏んだ山。
山の景色も高山植物も高山チョウも私が見たものと同じ。

高山チョウは地味な色合い。
その大雪山系で見た高山チョウの舞いが、目に浮かぶ。

(注) 
たぶち ゆきお
1905(明治38)年-1989(平成元)年
師範学校・女学校・中学(いずれも旧制)の理科教師を勤めたのち、山岳カメラマン。

| コメント (6)

2021年2月14日 (日)

本命はバレるが、外道はバレず

日出が、6時35分
天文薄明の始まりが、5時00分
航海薄明の始まりが、5時33分
市民薄明の始まりが、6時06分

良ナギだが、沖はガス。
薄明前の暗い海へ、5時、出航。

2021021401
今日の出竿は、こんな風景の見える海域。

2021021402
昨日同様、画像の艇に誘導されて着いた海域は、恵山岬のちょっと北西。
この辺り、等深線が込んでいて、わずかな移動で水深が大きく変わる。

2021021404
ヘラ曳き漁の小型船が、こことそこ。
そのヘラ曳き船と同じ海域で竿を出すKON-chan号。

同乗してもらったのは、星の写真家でDENEB船長のめりーさんご夫妻。
お二人、ロックフィッシャーでジガー。
終始、ジグを放っての釣り。

私は毛バリ釣り。

ホッケがジグを追う、毛バリを追う。
ホッケは外道魚。
外道魚はバレずに、船中釣果が増えていく。

本命魚はサクラマス。
バレる。

本命はバレるが、外道はバレず。

11時、海域離脱。

帰航途中に寄った根も良かった。

2021021403
釣果の一部。

船中全釣果は、ペール缶3.6本。
サクラマス30
ホッケ多数
クロソイ多数

その全釣果を、めりーさんが腹を抜き、氷海水漬けに。

| コメント (6)

2021年2月13日 (土)

逆光の釣り

木曜日定休のマリーナが、木曜日の建国記念日は営業。
その振替で、昨日は休業。
で、今日、マリーナの開業を待って船を下架。
ということで、マス釣りには絶望的に遅い、9時出航。

コンパス針路180°で南下。

2021021301
今日の出竿は、こんな風景の見える海域。

画像の艇はSaint Elmo。
この艇に誘導されて出竿したのは恵山岬のやや北西。
サクラマスライセンス海域外。

同乗してもらったのは、星の写真家でDENEB船長のめりーさんご夫妻。
お二人、ロックフィッシャーでジガー。
釣りがウマい。

終始、ジグを放っての釣り。

2021021303
船中ファーストヒットは、ご主人
逆光の背中を写させてもらった。
日に照らされた顔は、ニヤニヤしているに違いない。
なぜなら、彼、竿頭。

2021021302
めりーさん。
逆光だったの残念。
マスがジグを追う。

2021021305
船中釣果。
全て、めりーさんが腹を抜き、海水氷漬け。
その手際がいい。

実釣時間は短く、かつ、朝イチの時合には間に合わなかったが、悪くない釣果となった。

画像の外に、さらにマスが2尾。
そのほかにキープしたのは、ホッケ多数とマダラ。

| コメント (8)

2021年2月 9日 (火)

『江戸の御触書』を読む

後藤新平(1857年-1929年)は東京市長だったヒト。
市長を退いて半年ほどで関東大震災。
その直後、彼は内務大臣兼帝都復興院総裁に就任し、当時の国家予算の1年分に相当する大胆な都市計画で東京を復興する計画を立案する。
その計画が具現化していたら、東京は整然とした都市になっていただろう。
が、その計画は予算を確保できず具現化しなかった。
整然とした都市が面白い都市とは限らない。
後藤新平の復興案が実現しなかったのは、悪いことではなかったのかもしれない。

札幌は計画都市。
道路幅は広い。
その札幌より、名古屋市の道路は更に広い。
戦災からの名古屋市役所の復興計画立案は大変に早く、それを進める実行力もあったがゆえ。

日本国内に幅員が100メートルある道路は3本。
広島市に1本。
名古屋市に2本。

Photo_20210208090401
こんな飯屋で読み始め。

明暦3(1657)年、時の将軍は第4代家綱。
1月、江戸を焼き尽くしたのが明暦の大火(振袖火事)。

その2ヶ月後に掲げられた御触書は、
 跡々相改 道幅相極め 杭を打置候所は・・・
 (あとあとあいあらため みちはばあいきわめ
  くいをうちおきそうろうところは・・・)
延焼防止を目的に、幕府が
 ・火災跡を調査
 ・道幅を決定
 ・杭を打つ
ので、それに従え という内容。

道幅はメートル換算で、10メートル。
特に防災上の要件から、
日本橋通町は、18メートル
本町通は、12メートル
と、江戸の町の道の作り替え。

本夕、読了。

寛政8(1796)年。
将軍は第11代 家斉。
掲げられた御触書は、
 一寺住職の身ながら、新吉原へ灯籠見物として行かよひ、そが上
 遊女買上げ・・・
本書内の表現を借りれば、〝エロ坊主に気をつけろ〟ということ。

この御触書が掲げられて7年後、一人の僧侶が処刑されている。
処刑されたのは、僧侶の日動。
罪状は、59人の大奥女中をたぶらかしたというもの。
これが、のちの世に、谷中(やなか)延命院事件と呼ばれた大スキャンダル。
この事件の顛末は、500巻を超える大書、江戸幕府の公式歴史書の『徳川実紀』には記されていないという。

その理由は、再び本書内の表現を借りれば、〝幕府としてはよっぽど恥じ入る事件だった〟から。

| コメント (2)

2021年2月 6日 (土)

寒さが緩んでプラスの気温

2月。
 3日は立春、寒い日だった。
 4日は立春の翌日、寒い日だった。
 5日は昨日、寒い日だった。
 6日の今日、寒さが緩んでプラスの気温。

今日の日の出は、6時44分。

昨日は、寒いうえに強風のため船を下架できず。
で、今朝は、マリーナスタッフが早出出勤しての下架対応。
どうもありがとうございます。

7時00分、出航。

2021020602
今日の出竿は、こんな風景の見える海域。
画像の艇に誘導されてきたのは、マス海域。
かすみなのか雲なのか、オカは見えない。

2021020604
で、SeaDragon艇から、素敵な画像が送られてきました。
どうもありがとうございます。

2021020605
胆振沖サクラマス海域で出竿するKON-chan号、2ショット。

2021020601
先月24日にもご一緒した、星の写真家でDENEB船長のめりーさんご夫妻に同乗してもらった。
お二人、ロックフィッシャーでジガー。
ロックフィッシャーでジガーは、釣りがウマい。
お二人、ジギングで。

海域到着。
第1投後、数十秒で船中ファーストヒット。
ご主人に良型が掛かった。

やがて、風が出て波。
根に寄りたかったが、かなわず。

2021020603
私はバケで毛バリを泳がせて。

| コメント (9)

2021年2月 4日 (木)

『モチーフで読む美術史』を読む

室蘭市青少年科学館。
1963年の開設というから、古い施設だ。

玄関を入ってすぐ右が入館窓口。
窓口に正対した壁に展示されているのが、青木繁(1882年-1904年)が描いた『海の幸』の複製画。
モリを持った10人の漁師が2列縦隊になって、大きな3尾のサメを運ぶ図。
縦70センチ・横180センチ。
日焼けした漁師の中の一人だけが、真っ白な顔。
その顔だけがこちらを向いている。

この人物は、青木繁の恋人だと言われている。

Photo_20210204150301
こんな喫茶店で読み始め。

絵に描かれているモチーフを読み解いて、1枚の絵画全体を解釈していく。
見開き2ページに解説。
それをめくった見開き2ページにカラーで絵画。

読み解くモチーフは、ウサギ・果物・窓・矢・・・等々、66。

その内のひとつ。
モチーフは〝手紙〟。
解釈する絵は3点、いずれも17世紀のオランダの画家の作。
・フェルメール 『恋文』
・ハブリエル・メツー 『恋文』
・ディルク・ハルス 『手紙を破る女』

手紙を手にするのは女性。
読んでいる部屋の壁には、帆船の絵。(絵の中の絵)
この時代、オランダの男たちは世界に出て仕事をしていた。
船は恋人の象徴。

本夕、読了。

次も本書から。
フランソワ・ジェラール、18世紀、イタリアの画家の作 『クピドとプシュケ』。
クピド(キューピー)が少女にキスをする。
二人の上にチョウが飛んでいる。
チョウは魂の象徴。
サナギから脱皮するチョウは、復活にたとえられたという。

本著者は、『死ぬ瞬間』の著者のエリザベス・キューブラー・ロスが見たチョウのことを紹介している。
ロスが、ポーランドのユダヤ強制収容所内の壁で見た、石や爪で刻まれたおびただしいチョウの絵のこと。

そして、本著者はこう解釈する。
死を前にした収容者たちは、サナギから脱皮するチョウに自分をなぞらえ魂の永生を願った。
まさに、美術を超えた美術であるといえよう、と。

以下、私が調べた限りは、という前提付き。
ロスは強制収容所の壁の絵のことを、確かに自著に記している。
しかし、収容所の壁にチョウの絵なんかないようだ。

〝美術を超えた美術〟という、修辞が安っぽくむなしい。

| コメント (2)

2021年2月 1日 (月)

『宇宙飛行士選抜試験』を読む

日本人宇宙飛行士は12名。
第1号はTBS記者で、旧ソ連邦カザフスタンの宇宙基地から打ち上げられている。
TBSの業務としてで、公務で上がったのではない。

以降の11名は公務のため。
宇宙飛行士は公募。
第1期の公募は1983年。
直近最後の第5期の公募は2008年。

採用は不定期。
第4期公募と第5期公募との間は10年ある。

第5期公募に応じたのは 963名。
書類選抜を通ったのは 230名。
第一次選抜通過者 50名。
第二次選抜通過者 10名。

本書の副題は、『ファイナリストの消えない記憶』。
〝ファイナリスト〟とは、第二次選抜通過者の10名のこと。

Photo_20210201212101
こんな喫茶店で読み始め。

〝ファイナリスト〟の10名から、最終的に宇宙飛行士として採用されたのは、3名。
3名の前職は、
 ・航空自衛官 戦闘機パイロット
 ・ANA職員 ボーイング767副操縦士
 ・海上自衛官 潜水医学を専門とする外科医

本著者は、航空宇宙工学を専攻し、重工メーカーの宇宙船外実験プラットホームの設計エンジニアを経て、JAXA(ジャクサ:宇宙航空研究開発機構)職員だったヒト。
〝ファイナリスト〟の一人。

選抜が終わるまで10ヶ月。
応募書類に貼る写真の準備、健康診断書や卒業証明書をそろえるところから選抜は始まる。

しかし、著者は10名中の3名にはなれなかった。
宇宙飛行士になる夢の実現をすぐそこまで引き寄せていたのに、それをとらえられなかった。
その過程、喪失感を振り返り文章に書き起こせるまでに必要とした期間は12年。

本夕、読了。

第5期公募時、32歳だった著者は、第4期公募時は学生で応募資格さえなかった。
2021年、今年の秋。
第6期の宇宙飛行士の公募がある。
第5期公募から、すでに13年。
著者は45歳になる。
公募に応じられる年齢ではない。

宇宙飛行士になるには、それにふさわしい知力・体力を得る努力が必要。
そして、公募時期に自分の年齢のタイミングが合うという、努力のしようがない運も必要。

| コメント (2)

« 2021年1月 | トップページ | 2021年3月 »