« 『愛国心を裏切られた天才』を読む | トップページ | 『釣りの名著50冊』を読む »

2020年9月15日 (火)

船長、スィーツを作る(^^)

ローソンのBASCHEE(バスチー)は、バスク風チーズケーキ。
セブン・イレブンのBASQUE(バスク)はバスクチーズケーキ。

バスク(風)チーズケーキとは、表面を焦がしたチーズケーキのこと。

ビスケー湾の一番奥まったあたりが、東西に走るピレネー山脈の西端。
フランス・スペイン国境の西端にもあたる。
そのあたりが、バスク地方。

表面を焦がしたチーズケーキがバスク(風)チーズケーキだが、ローソンやセブン・イレブンで売られているのは熱源が上下だけにあるレンジで焼かれたものではないと思う。
周囲及び上面に焦げを作るためだけの熱源があるはず。
なぜ、そう思うのかというと・・・

Sweets
釣魚を三枚におろして、皮を引く
ジャムを作る
テンプラやフライを揚げる
土日の朝食の準備
以上が、義務化されている私の台所仕事。

そんな私が、バスク(風)チーズケーキを焼いてみた。
画像右が、その1/4カット。
最外周が盛り上がり、その部分だけが選択的に焦げて、焦げの均一化が進まない。

焼き上がったのは、一部バスク(風)チーズケーキ(^^;
左は同時に作ったプリン。

今宵、実食。
家人からは、好評価(^^)

« 『愛国心を裏切られた天才』を読む | トップページ | 『釣りの名著50冊』を読む »

コメント

何のスウィッチが入りました?
いや~イメージないない(笑)

投稿: 夫婦釣り | 2020年9月15日 (火) 20:37

バスクより、ふつうにチーズケーキが好きです。
それも、コンビニのチーズケーキがなかなか旨いと思います。
KON-chanのバスク(風)、試食してみたーーーい!

投稿: めりー | 2020年9月15日 (火) 20:52

夫婦釣りさん、こんにちは

ですね。
私のイメージじゃァ、ありません。

ホント、何のスウィッチが入ったンだろう(^^;

今回、しかし、分かりました。
スィーツっていうのは、とんでもない食べ物です。
画像の1/4カットケーキ。
これに使われている薄力粉は1g。
対して、クリームチーズが50g、控え目に使った砂糖が15g(角砂糖5個相当)。

こんなのを食べていると、病気になりますね。
1日2個食べるのを、これからは1日1個にしようと決心しました(^^;

投稿: KON-chan | 2020年9月15日 (火) 21:40

めりーさん、こんにちは

コンビニの商品開発力はスゴイです。
コーヒーなんか、喫茶店の経営者でさえ、アレは旨いって言いますもんね。

今回、焦げが上手く回らなかったのは、
・ケーキ型の高さ上端近くまで材料を詰めたこと
・火源が近いレンジの上段で焼いたこと
の2点が原因、多分。

めりーさんに食べさせたいのはやまやま。
ですが、これっきりでしょうね、スィーツ作りは(^^;
なので、上に書いた推定原因は検証されることはなく、迷宮入りだろうなァ(^^;

投稿: KON-chan | 2020年9月15日 (火) 21:43

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 『愛国心を裏切られた天才』を読む | トップページ | 『釣りの名著50冊』を読む »