« リリースを2回 | トップページ | 私はまだ夏休み »

2020年8月16日 (日)

サバ雲の下で竿を出す

夏休み。

風が落ち、波も穏やか。
暑くなる予報。

6時、出航。

2020081601
今日の出竿は、こんな風景の見える海域。

夏の日射し。
空は、すでに秋の雲。
サバ雲、巻積雲。

この雲の下で竿を出す。
狙っているのは、ヒラメ。
アタッたのはデカいアブラコ。
リリース。

ヒラメのアタリはない(^^;

2020081602
ヒラメ場のやや沖で竿を出すと、クロソイ。

入港直前海域で、再びヒラメを狙うもスカ(^^;

« リリースを2回 | トップページ | 私はまだ夏休み »

コメント

こんばんは。
夏休みですか、懐かしい響きです。
お盆を境に季節が変わります。そして
雲も秋雲に変わりますね。
しかし、今だ烏賊情報がありません。

投稿: きーさん | 2020年8月16日 (日) 18:33

きーさん、こんにちは

もう1週間もしたら、雲だけでなく、風も秋になりますね。
イカは姿が見えました。
まだ、ひとり10ハイいくかいかないかですけれど。

ずっと以前は、ちょうど今ぐらいからがイカでした。
千年・万年といった長いスケールで見なくとも、百年、いや50年程度のスケールで見ても、この夏が特別遅いわけでもないのでは。
いよいよ次の休みからは、イカの仕掛けを持って船に乗らなければなりませんね、

投稿: KON-chan | 2020年8月16日 (日) 21:19

私も空を見上げて雲を見てました。
雲の名前を知らないので「ウロコ雲」くらいに思ってました。
150号のオモリを振るには(シャクリ機不調)、腰をのけ反らせ顎を上げ、3時間は雲を見てました。
次回はイカ場で(^^)。

投稿: 夫婦釣り | 2020年8月16日 (日) 22:01

夫婦釣りさん、こんにちは

サバ雲・イワシ雲・ウロコ雲、いずれも同じ雲。
巻積雲のことです。
英語でも、この雲でサバを連想しているようです。
サバ雲の浮かんでいる空を mackerel sky。
サバ釣り漁に好都合な、やや強い風を mackerel breeze。
http://kon-chan.cocolog-nifty.com/konchans_logbook/2007/09/post_c334.html

イカは投資額と労働力に比例します。
汗をダラダラ流して、イカを掛けましょう。

今日は氷を用意してなかったので、我が艇はイカ場には向かいませんでした。
まだ集まりが小さく、イケスで活かしておけるくらいの数だったようですね。

今度は氷を20kg持って出ます。
ご案内、ヨロシクお願いします。

投稿: KON-chan | 2020年8月16日 (日) 22:36

今日はなんとかイカ20杯上げてきましたよ
ようやく始まったみたいです
苫小牧ではヒラメ狙う人はあまり居ないようなので
ようやく夏枯れが終わった感じです
隣に居た船でクロマグロをあげましたけど
私にもこないかなぁ・・・(^_^;)

投稿: シャコ | 2020年8月17日 (月) 03:57

シャコさん、こんにちは

イカが始まりましたね。
そちらの海域ではサメは出ませんか。

ところで、登別の定置網にはマグロが随分入り、すでに規制量を超えたとのこと。
私も、昨年、登別沖でマグロの跳ねたのを2回見ました。
室蘭でも、掛けて帰ってくる艇がいます。

私はPE2号。
掛かっても切られます。
ンで、掛からないで欲しい・・・(^^;

投稿: KON-chan | 2020年8月17日 (月) 06:56

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« リリースを2回 | トップページ | 私はまだ夏休み »