« 2019年4月 | トップページ | 2019年6月 »

2019年5月

2019年5月28日 (火)

『ラヴレターズ』を読む

ラヴレターとあるが、恋文とはチト違う。

レターの書き手は26人。

Love-letter

こんな喫茶店で読み始め。

26人は、作家・画家・落語家・男優・女優・ピアニスト・映画監督・演出家・翻訳家・歌人。
創作者・演技者たちが不特定多数に読んでもらう前提で書いたものだから、当たり前のラヴレターのはずがないと期待できる。
が、それほど当たり前から外れていない。

宛先は、(過去の)恋人、死んだ飼い猫、ミッシェル・ポルナレフ、クリストファー・マーニー(バレエダンサー)・叔父・父など。
中にはヒトではなく、コンビニエンスストア・寄席小屋・飛行機・日本国宛てに。
死んだ猫から飼い主である自分自身へ宛てたレターもある。
遺書もある。

26人の生まれ年は、'30年から'94年。
年長者のレターは まどろっこしい。

若いヒトの書くレターは、すがすがしい。
まっすぐ。

本夕、読了。

現代人は文字を書かなくなった。
読めるけれども書けない文字が増えた。
文字は〝書く〟のではなく、〝打つ〟時代。
〝書けない〟が、しかし〝打てる〟。

〝書く〟から〝打つ〟に変わったことで、自分自身からアウトプットする文字数は何倍にも増えたと思う。

ところで、打たれたラヴレターというのはどんなもんだろう。
やはり、書かれたラヴレターでなければ・・・(^o^)

| コメント (0)

2019年5月26日 (日)

とかとかにならない

今日も沖。

朝いちは、ヒラメを狙って、ワームを付けたバケを振る。
掛かったのはアブラコ。
ヒラメはスカ(^^;

19052601
今日の出竿は、こんな風景の見える海域。

ナギがいいこともあって、20艇、21、22、・・・
数えるのが面倒なくらいの船。

マガレイ海域。

他艇船長からは、
「キープは30何枚。 リリースたくさん」
とか
「大きいのが掛かる。 40センチオーバー」
とかとか。

我が竿にも いい引きのアタリがあるのだが・・・

19052602
が、あげてみると40センチに届かず。
他艇船長の言う、
「キープは30何枚。 リリースたくさん」
とか
「大きいのが掛かる。 40センチオーバー」
とかとかにならない。

上品な釣果で、正午 沖上がり(^^;

クロガシラが1枚混じった。

遊漁船ラブーン船長には、お世話になりました。
サンクス。

| コメント (4) | トラックバック (0)

2019年5月25日 (土)

「なァ。 釣りって、難しいだろう」と言うスキを与えず(^o^)

沖へ。

5時15分、出航。

19052502
今日の出竿は、こんな風景の見える海域。
沖根。

快晴。
風は穏やかで、潮はゆるく、良ナギ。

同乗は、職場の同僚、Kさん。
若い彼には、サカナ釣りじゃなくて山を歩いてもらうべきだったと思う。
が、彼は富山の出。
すでに小学生の時に、立山(3003メートル:北アルプス:立山連峰)登頂済みだと。

サカナ釣りだとしても、先日のような濃いガスの中で、高速潮流の時に竿を出してもらいたかった。
そして、彼にこう言う。
「なァ。 釣りって、難しいだろう」

そう。
初めての荒根の釣りで、いきなりゴンゴンっとアタられては釣りをナメてしまいかねない。
それは、あまりいいことではないような気がする。
だから、言いたかった、
「なァ。 釣りって、難しいだろう」

19052501
が、彼の第一投目が、船中最初の釣果(^o^)
良カタ。

19052503
Kさん、
「なァ。 釣りって、難しいだろう」
と言うスキを与えず(^o^)

10時30分、沖上がり。

帰航は、オカ寄りを観光航海(^o^)

| コメント (2)

2019年5月20日 (月)

『総括せよ! さらば革命的世代』を読む

本書巻末に載せられている年表は、'65年から'72年。
その頃の、熱かった人たちの話。
熱かった人というのは、学生運動に身を投じた いわゆる全共闘世代のこと。(注)

その対極にいた警察・大学当局者、体育会系学生だった人たちも含めて取材し、現在の生活、また現在の彼らの視点で振り返る熱かった時代が語られる。

産経新聞の10年前の連載記事を加筆編集し直して単行本化したもの。
本書中では取材当時の10年前の年齢で記載されている。
取材時は多くが就業者だったが、それらのヒトたちの今現在は70歳代。

Photo_5 
こんな喫茶店で読み始め。

大学進学率が15%の頃。
エリートだった彼らには、当初は警察当局でさえ「一網打尽にしょっぴいてしまっては、10年後、20年後の日本に大きな損失を与える」として手加減する空気があったという。
彼らの暴力・破壊・破滅的行為に眉をひそめても、考え方・言うことには共感・支持する世間の雰囲気もあったようだ。
世間の雰囲気とは、
彼らは〝優秀〟だ
ゆえに〝意識が高い〟
よって、彼らの〝思想・行動〟は正当だというもの。

今も当時の全共闘時代のままで生きる者がいる。

その活動家のアジトに踏み込んだ公安当局者は、涙が出そうになったと言う。
当局者が見たのは、エリートコースを自ら降り、革命(とまで言わずとも社会を変えること)だけを考え続けてきた男。
カップラーメンをすすっていた髪の薄くなった その男は、若かった時と変わらぬ純粋性・直線性を維持していたと。

本夕、読了。

〝総括〟とは〝評価〟のこと。
〝総括せよ〟と、他者へも自分自身へも叫んだ全共闘世代。

今、彼らは、
当時の自分自身を総括しない
当時の自分自身を肯定的に総括する
当時の自分自身を否定的に総括する
当時の自分自身を肯定的にも否定的にも総括する
当時のまま活動している
者たち。

ファッションであったと言う革命的世代。
ヘルメットをかぶってデモ隊に加わる者はモテたと言う革命的世代。

(注)
全共闘、全学連、セクト、新左翼は違う概念組織。
ここでは、本書の記述にならって、それらをひとくくりに全共闘と書く。
書名の〝革命的世代〟とは〝全共闘世代〟のこと。

| コメント (0)

2019年5月19日 (日)

サカナは見えているのだが

5時00分、出航。

濃霧注意報発報中。
南からウネリ。

19051901 
今日の出竿は、こんな風景の見える海域。

出竿海域は濃いガスで、オカは全く見えない。

潮が速い。
ヤマセ(東風)だが、船の流れは北から南。
ラインがそれとほぼ直交して東から西へと。
左舷(東)で竿を出しているから、ラインが船底を横切って竿先と反対に走る。

インチクがなかなか沈まない。
サカナは見えているのだが、そこにインチクを送り込めない。

と言い訳、タラタラ(^^;

19051902
マダラが1本混じった。

正午、沖上がり。

| コメント (2)

2019年5月16日 (木)

『江戸人の老い』を読む

著者は歴史学者。
よって、江戸人と現代人の〝老い〟を、医学的・生理学的に どうたらこうたらと書かれてはいない。
取り上げられているのは わずかに3人で、江戸人全体を扱ってもいない。
その3人とも日記や側近の記録が現在に残り、原典の紹介が豊富で書かれていることの信ぴょう性は高いが、本書名にある〝老い〟とは大して関係ないことの記述が大半。
3人の江戸人の、隠居後の生活の記録といったところ。

Photo_4 
こんな喫茶店で読み始め。

書かれている3人とは、
 ・質屋を営んでいた男(隠居時63歳、73歳没)
 ・八代将軍吉宗(隠居時60歳、66歳没)
 ・住職だった男(隠居時51歳、82歳没)

元質屋経営者と元将軍吉宗は、隠居間もなく中風(ちゅうぶ・ちゅうふう:脳血管障害)を患っての生活をおくる。
現在でも、これぐらいなら中風にアタッてもおかしくない年齢。
恵まれた環境にある2人だから、世話をやいてもらえる生活を続けられるのだが、さて庶民はどうだったのか。
介護の問題は、古今を問わない。

吉宗はかなり重い後遺症を背負い、右半身不随に言語障害。
が、今の言葉でいうリハビリに努め、やがて鷹狩りに出向くことができるほどまでになる。
中風からの回復にリハビリが重要なことも、やはり古今を問わない。

本夕、読了。

3人目の隠居僧は、隠居後もいたって元気。
茶道師範でもあった彼は、月に一度 茶会を催す。
時に、20里(80キロ)を15時間で歩き切るほどの健脚ぶりを見せて旅に出る。

50そこそこで隠居の身となり、その後、特にわずらわされるようなこともなく年を重ねていくことは、現在では難しいことだろう。

隠居せずに,社会の構成員の一人として、生きるのが幸せか。
早くに社会から身を引き、趣味に生きるのが幸せか。

いずれも幸せだろうと思う。

| コメント (2)

2019年5月12日 (日)

釣り残しを釣る

冷えた朝で、気温は3℃。
息が白い。

5時15分、出航。
良ナギ。

サクラマス海域に行くつもりだった。

19051104_1
その途中、昨日、この艇が好釣果をあげた小さな根に接近。
で、魚探画面表示を〝海底拡大〟・〝海底追尾〟・〝拡大幅30メートル〟にセットして、この根の上を微速航行。

釣り残してくれてたようで、魚の反応(^o^)

19051201
今日の出竿は、こんな風景の見える海域。

19051202
6尾目までは、1時間を要さなかった。
が、以降はチンタラチンタラ。
あの艇の釣果には、到底及ばず。

11時30分の沖上がり。

小さなマダラが1尾混じった。

| コメント (4)

2019年5月11日 (土)

下品な発音で、『ゲッ』(^^;

5時20分、出航。

噴火湾上、北西から南東へ幅2海里ほどの層積雲。
19051103
その雲の帯から抜けようと、沖へ沖へと。
朝の早い内は、頭が白く崩れる波がそこここに。
やがて、雲が去り、日射。
波も穏やかになった。

こんな風景の見える海域や、あんな風景の見える海域へと、2時間ばかりの航海。
が、スカ(^^; 

19051101
DENEB(以下、D艇)の女流名人から入感。
『ソイの活性が上がってきた』とのことで、沖根に誘導してもらう。

今日の出竿は、こんな風景の見える海域。

『ポツラ、ポツラとしか釣れなくなった』とD艇。
で、私、『ポツラ、ポツラで、どれくらい』
D艇:『ペール缶に二ッ半』

我が艇、ペール缶に3分の1いくか いかないか(^^;

19051102
私:『今日のサカナは小さいねェ』
D艇:『いや、大きいヨ。 大きなマダラも掛かった』

私の釣りは上品を旨とする。
が、思わず下品な発音で、『ゲッ』(^^;

12時50分、沖上がり。

| コメント (6)

2019年5月10日 (金)

『やくざと介護』を読む

著者は法律学を修めたのちヤクザ社会の研究の道に入り、その研究成果で修士号・博士号を得たヒト。

本書の前半は、小山という男の、
 ・ヤクザになった過程
 ・ヤクザ社会での生活
 ・ヤクザ社会を抜けた理由
 ・現在の生活
が書かれている。
本書のタイトルの〝介護〟は、小山の現在の職業の介護士からきている。

Yakuza 
こんな飯屋で読み始め。

小山は、ドンパチ・切った張ったの武闘派ヤクザではなく、知能派ビジネスヤクザ。
工程の遅れている工事現場に、工程に遅れのない工事現場の職人を引っ張ってくる、
職安法に触れる行為だが、引っ張ってくる職人には応分のカネを渡すし、遅れていた工事現場は工程を取り戻せるしということで、誰からも恨まれない。

裏の仕事もある。
朝 電話がきて、その日のうちにクアラルンプールに飛んで、ブツの取り引き。
翌日には、もう日本にいる。
アムステルダムに行って、シノギ(ヤクザ用語で〝仕事・商売〟のこと)をこなすこともある。

オンナに好かれる。
オンナのほうから寄ってくるのだが、ヒモになってグータラ暮らすことはしない。
カネに困っているオンナには仕事の世話をする。
メシを食わせる。
優しい。

そんな彼が、背中に彫り物を入れたまま、介護の現場に身を投じる。

本夕、読了。

本書の後半は、ヤクザ社会を抜けた10名と現役ヤクザ1名の今々現在の生活の面談調査と、その調査をベースに、
 ・カタギからヤクザとなる理由
 ・ヤクザがヤクザとして生きる理由
 ・ヤクザがカタギとなる理由
が分析される。

直近7年間のデータだと、ヤクザ組織を抜けた者のカタギ社会での就職率は2%だそう。

本書の副題は、『暴力団離脱者たちの研究』。
その研究結果からも、ヤクザ組織をウマイこと泳げていた者でないと、カタギ社会でも生きていけないことが分かる。

サカナ釣りがウマイからといって、この世をウマイこと生きていけるわけではない。
けれども、この世をウマイこと生きていけない者は、サカナ釣りもヘタなのは確か。
オイラのこと(^^;

| コメント (0)

2019年5月 6日 (月)

今日の釣果は3文字

まだ、タイヤの交換を終えていない。
昨日、絵鞆から帰ろうとしたら、車の前左側車輪がパンク。
スペアタイヤの代わりに、「タイヤパンク修理キット」搭載車。
で、ンだコンだやってみるが、状況変わらず。
結局、JAFのキャリヤカーで家まで。

今朝になって、当該タイヤだけ夏タイヤに入れ替え。

7時10分、出航。

190506
今日の出竿は、こんな風景の見える海域。

魚探で見る海底近くは濃い魚影。
ゴンっときて、竿が大曲がり。

だが、
 ・高曇り
 ・大潮
 ・釣行前のタイヤ交換で、出航時刻が後ろ倒しになった
 ・出竿時刻が、潮止まりの最干潮の9時45分に近い
 ・東北東の風で、それが強く、船が止まらない。
 ・波が深く、波の底に落ちると根掛り
 ・やがて出竿海域に濃い霧が流れ込み、視程50メートルほど
等々、言い訳はタクサンある。

10時、沖上がり。

言い訳はタクサンあるが、今日の釣果は3文字。
ボーズ(^^;

| コメント (2)

2019年5月 5日 (日)

サクラを愛でつつジンギスカン

給油後、下架。

7時15分、出航。

僚艇SeaDragonからサクラマス場へ向かうとの情報。
我が艇もマス場へ。
我が艇がマス場に到着する前に、すでにSeaDragonでは1本掛かったと。
190505001 
今日の出竿は、こんな風景の見える海域。

快晴。
豆絞りの日本手ぬぐいを頭にかぶる。

気温が上がるとの予報だったため、防寒着を持たずに沖に来た。
里と山の上が違うように、オカと沖も違う。
快晴だが、寒い(^^;

ごく浅いタナを探るのだが、サクラマスのアタリはこない(^^;
結局、沖ではサクラを見ず。

11時30分、海域離脱。


190505003
根でヒト流し、12時30分、沖上がり。


190505002
沖で見なかったサクラをオカで見る。
サクラを愛でつつジンギスカン(^o^)

ジンギスカンがあっても、オイラはやはり、オカのサクラより沖のサクラがいい(^^;

| コメント (2)

2019年5月 4日 (土)

久大本線に乗る

久留米と大分を結ぶので、久大本線。
〝久大〟と書いて、〝きゅうだい〟と読む。

この久大本線の前後にちょっと足し加えて、
 博多-久留米-大分-別府
と走る特急が〝ゆふいんの森〟。

博多駅で 下り〝ゆふいんの森〟に乗り、由布院駅で降車。(注)
11
こんなアテンダーに見送られる。

由布院駅から大分駅までは2両編成の普通列車で。
 由布院駅
 南由布駅
 湯平駅
 庄内駅
ときて、
Tenjinnmachi
天神山(てんじんやま)駅。

大分まであと8駅、残り20キロ強ある。
乗っているのは、ワンマンカー。
降車口は前方ひとつ。

降車口に向かったのは私だけ。
私が、ここで降りたのは、天神山駅が無人の花の駅だから(^o^)

(注)

行政区は布市布院町にあるが、〝布院〟駅。

| コメント (0)

2019年5月 2日 (木)

『時間とはなんだろう』を読む

山で寝る。

晴れた山の夜なら最高だ。
星が近い。

雨の山の夜も悪くない。
翌日の山歩きは、濡れて重くなったテント一式を担がなくてはならないのだが・・・

山の夜は早い。
フライシートを叩く雨が、すぐに私を眠りに誘ってくれるはずだ。

Time1

乾燥パスタを熱湯で戻す。
コーヒーを淹れる。
テントの中が湯気で煙る。

山を歩いた後だ。
すぐに眠りに落ちるはず。
さらにその眠りへの時間を短くするのにふさわしいだろうと、ザックに入れてきたのが本書。
副題が、〝最新物理学で探る「時」の正体〟。

全てが静止していても、時は流れるか。
全てが静止しているのだから、光の反射もない。
そんな状態では、時が流れているとは言えないだろう。
数式を1本も使わずに、著者はそんな風に時間の本質に案内してくれる。

ヘッドライトの明かりの中の文字が、ふいに消えた。
私の〝時間〟が止まった。
朝まで、目を覚まさず(^o^)

Time2
読み終えたのは、B777 9Fシートにて。

山行時には必ずポケットに入れているコンパスとホイッスル。
コンパスの針が北を指している。
福岡発 新千歳行便だ。

読了時は、秋田沖上空。

| コメント (4)

くじゅう・坊ガツル を歩く

九州の最高峰は屋久島の宮之浦岳。
1936メートル。

九州本島に限れば、最高峰は九重(くじゅう)連山の中岳(なかだけ)1791メートル。
ただし、登山者は、同じく九重連山にある久住山(くじゅうさん)1787メートルを主峰とする。(注1)

〝くじゅう〟の地名は、〝九重〟と〝久住〟の二つの漢字表記が混在する。
・〝坊がつる讃歌〟の歌詞は、〝夢に九重の雪を蹴る〟
・2万5千分の1地形図は〝久住
・帝国書院版中学国定教科書の地図帳の表記は、〝くじゅう連山〟と〝久住高原〟 
・'86年の〝阿蘇国立公園〟からの改称は、〝阿蘇くじゅう国立公園〟
・〝九重〟と書いて〝ここのえ〟と読ませる町が久住山の西にあって複雑。

私が、九州大分県竹田市に入ったのは、4月28日 夕刻。(注2)
4月28日、雨。
4月29日、雨。

4月30日、雨が上がりそうなので、久住山へ。

〝くじゅう〟はミヤマキリシマ(深山霧島:ツツジ)で有名だが、開花は1ヶ月ほど先。
開花時期に合わせているのだろう、〝くじゅう〟の山開きは毎年6月の第一日曜日。

今は登山者が少ない。
いや、登山者が少ないのは、ミヤマキリシマが開花していないからではない。
入山口に向かっているときから濃いガス。
やがて、ポツポツ。

登山者が少ないわけだ。

01
久住山々頂(1787メートル)にて。
ここに立った時は、ザーザー(^^;
風が大したことないのが救い。

02
 山頂から30分ほど下ったところの避難小屋。
(GPSログの位置)
ここで雨宿り停滞。
2時間ばかりの停滞の後、雨粒が小さくなった。
ちょっと登り返して、法華院(ほっけいん)温泉へ。
歩いているうちに、雨が霧へと。
そして上がった。

04
正面、周囲を山で囲まれた平らな一帯が坊ガツル。
左、画像の外に、法華院温泉山荘。

05
坊ガツルにて。(GPSログの位置)

日没前に、テントの設営が完了。
完了間近から、再び雨。
その雨は、明け方まで。

06
日が変わって5月1日。

日の出時刻に合わせるように、雨が上がった。
高いところは水はけのいい火山砂・礫。

07 
しかし、高度を落としていくと植物による黒土化が進み泥ンコ。

クサボケの花が見え出した。

08
今日。
日豊本線特急ソニック4号の車窓から。

パンタグラフの影。
反対側の車窓に太陽。
4月28日以来、初めての陽射しだ(^o^)

4月30日。
山歩き時間6時間20分。
25272歩。

5月1日。
山歩き時間2時間30分。
16396歩。

Gps1

(注1)
深田久弥は『日本百名山』の中で、〝久住山〟を「何といっても品のある山」と評価し、九重連山中の主峰としている。
また、久住山の標高を一七七八米と記し、中岳をこれより低い山としている。

かつては久住山のほうが中岳を上回る高さだったのだが、多くの登山者に踏まれたことで標高が逆転した。
本当なのか作り話なのか、てなことを書いている資料がある。

(注2)
竹田市、読みは〝タケ〟市、大分県。
〝竹田の子守唄〟は〝タケ〟、京都府。

| コメント (2) | トラックバック (0)

« 2019年4月 | トップページ | 2019年6月 »