« 2019年3月 | トップページ | 2019年5月 »

2019年4月

2019年4月26日 (金)

『身近な雑草の愉快な生き方』を読む

取り上げられているのは、ナズナ(ペンペングサ)、シロツメグサ(クローバー)、タンポポ、スギナ(ツクシ)、ハコベ、オオバコ、ツユクサ、ヒルガオ、ススキなど50種。
どれも我々になじみの植物で、〝雑草〟とくくられてはいるが、みなそれぞれ名を持ち個性を持つ。

〝愉快〟とあるが、〝愉快〟をはるかに越える〝生き方〟。
植物に限らず、生命とは、〝不思議〟。
〝不思議〟という言い方では、とても足りない。
生命とは〝奇跡〟。

これからの季節、山に入ると、まだ雪の残る斜面のそこここで咲く花を見る。
生命が〝奇跡〟であると感じずにはいられない。
Weeds_1こんな喫茶店で読み始め。

〝雑草生態学〟
そんな学問があるようだ。
著者は、雑草生態学者。

種子を作る植物で最小なのは、ウキクサ(浮草)。
葉のように見えているのは、実は茎(葉状体)。
水分・養分を吸収するのに必要となる以上に根は長く、しかも その先端が重い。
そのアンカー効果で、多少の波ではウキクサはひっくり返らない。
夏は水面で繁茂し絶対に沈まないのに、氷が張る前に水底に沈んで冬を越す。

取り上げられている50種すべての図(イラスト)が載せられている。
写真術、印刷術の進んだ現在でも、本格的な動植物魚貝図鑑、人体解剖図などは写真ではなくイラスト。
鉱物図鑑なら写真のほうが良い。
しかし、イキモノの形質や特徴を表わすとなると、写真はイラストの表現力にまだ追い付いていない。

本書にカラーページはないから、イラストは全て色のない線画。
その色のない線画は、カラー写真の描写力に勝っている。

本夕、読了。

室蘭岳水元沢ルートには、20平米ほどのネジバナの群生地がある。
アサガオはどれも左へ左へと一方向に渦を巻いてツルを伸ばすが、ネジバナの花の穂は左へ左へもあれば右へ右へもある。

鉄砲が日本に伝わったのは、1543年とするのが通説。
拙ブログの過去の記事  『ねじとねじ回し』を読む  で、鉄砲伝来の その時まで日本人は〝ネジ〟を知らなかったことを話題にした。

日本人は〝ネジ〟を知らなかったのだから、〝ねじる(ねづ)〟という動詞や〝ねじれ〟という名詞はあっても、〝ねじ〟という名詞は16世紀まで日本語にはなかっただろうと、私は思う。
だから、水元沢ルートのネジバナの群落を見るにつけ、鉄砲伝来前は、これを〝ネジレバナ〟とか〝ネジリバナ〟と呼んでいたのではないかと考えていた。

本書中には上記のような解説はないが、本書を読んだことをキッカケにWikipediaを覗いてみると、おォ、ビンゴ!
〝ネジバナ〟を〝ネジレバナ〟とか〝ネジリバナ〟と呼ぶことがある由が記載されている。
私の〝ネジバナ〟の語源説は、アタリかも(^o^)

我が竿にも、こんなアタリがきて欲しいなァっと(^o^)

| コメント (0)

2019年4月23日 (火)

『写真で読む 山の名著』を読む

山の雑誌数々あれど、『山と渓谷(山と渓谷社)』と『岳人(ネイチュアエンタープライズ)』の2誌の質の高さを評価する人が多い。
この2誌とも刊行歴は他誌よりはるかに長く、順に90年に70年。

このうち、山と渓谷社は、絶版などで入手しにくい本の復刻版や、資料や翻訳を精査しての改訂版をヤマケイ文庫のレーベルで出版する事業を行っている。
ヤマケイ文庫の立ち上げから10年になり、その10年で100点近い数が刊行されている。

拙ブログで、以前に記事にした、
 ・もう道に迷わない
 ・山岳遭難の教訓
 ・山の突然死
 ・アルピニズムと死 僕が登り続けてこられた理由
 ・山人たちの賦
 ・山釣り
 ・マタギ
 ・旅に出る日
の8冊は、ヤマケイ文庫。
Jpg_1こんな喫茶店で読み始め。

本書は、本の本。

ヤマケイ文庫から〝名著〟として選ばれた17冊が、17冊それぞれに数葉の写真とトータルで230ページを使って解説される。
さらに33冊が各々1ページで紹介される。
合計で50冊なので、ヤマケイ文庫既刊の半分以上が本書に登場することとなる。

ところが、この50冊と、私の読んだ上記8冊とが1冊も かぶらない。

私の読書の対象が ひどく偏っているせいだろう(^^;
どういうわけか、これが悪くない気分(^o^)

私のやっている山歩きは、ただのウォーキング。
6時間から9時間を費やしても、獲得できる累積標高は2000メートルくらい。
背負うザックも、最も重いときで17キロ。
山によってはロープやクサリを使うような斜面を登ることもあるけれど、使うのは誰かが張ってくれた固定ロープや固定クサリ。

しかし、本書で解説される〝名著〟の中には、私のような山歩きが書かれたものもある(^o^)
困難を克服する山行の〝名著〟も
山行の孤独が記された〝名著〟も
吹雪かれてのビバークで死を待つ間に書かれた〝名著〟も
死の淵からの生還が書かれた〝名著〟も・・・

本夕、読了。

タイトルに〝写真で読む〟とある。
その通りで、挿入されているのは、〝名著〟を語るに申し分ない写真ばかり。

遺品のピッケル
雪の斜面に足跡を残すソロ登山者の後ろ姿
頂に続く鋭い稜線
夕日に染まる垂直の岩壁
ガスで白い沢
山小屋のランプ

悲しくて孤独で厳しくて、そして美しい写真だ。

ところで、山岳写真家という職業はあるが、釣り写真家という職業はない。
この件について私なりの見解があるのだが、素晴らしい写真と一緒に、悲しくて孤独で厳しくて、そして美しい文章を読んだあとだ。
私の愚見を語るのはやめて、しばし、本書の読後の余韻に浸っていようと思う。

| コメント (0)

2019年4月21日 (日)

大潮の釣り

夜明け前は冷えた。

西に、満月から わずかに やせた月。
4時46分、東の空の底から太陽が昇る。

ウインドウに降りた霜をかき取って、もやいを解いた。
5時、出航。

19042101 今日の出竿は、こんな風景の見える海域。
サクラマス海域。
ナギがいいので ここまで来たが、サカナッ気なし。

19042103 結局、こんな風景の見える海域まで戻る。

風は東から。
天気が崩れる風だが、雲が出るのは午後からの予報。
この時間帯は、空気が澄んで遠くはるかに羊蹄山。
もう私の装備力でも上がっていける山だ。

ボーズが2回続いたら、あの山に登ろう・・・

本日、大潮。
で、最干潮の潮止まりが9時46分。
本海域に入ったのは、まさにその時刻。

1投目でアタリがあったが、その後、しばし沈黙。

19042102 正午の沖上がり間際に、バタバタバタっと。

| コメント (8)

2019年4月18日 (木)

『幕末単身赴任 下級武士の食日記 増補版』を読む

徳川御三家は、尾張・紀州・水戸。

そのひとつ、紀州和歌山藩の俸禄25石の藩士の酒井伴四郎が、江戸の紀州徳川屋敷(現在の赤坂)での勤務に赴任する。(注1)
国元に妻と一人娘を残し、今で言うところの単身赴任。

桜田門外の変の年(1860年)、伴四郎、28歳のときのこと。
徳川幕府の治世が間もなく終わる頃だ。

伴四郎の残した日記が今に残り、それをもとに江戸勤めの武士の生活が語られる。

Photo_3 こんな喫茶店で読み始め。

伴四郎の職務は、衣紋方(えもんかた:着付け及びその指南役)。

やることは、藩主・家老らに特別な装いが必要な時の、その着付け。(注2)
また、将軍の小姓(身の回りの世話をする者)らや三井などの商家への着付け教授。

これは、随分とヒマな仕事だったようで、多く働くときで月の半分いかない。
大体は7日から9日。
1ヶ月間丸々働かない月もある。
また、役得もあったようで、商家への指南のあとは酒付きの食事で もてなされたりもしている。

時間があったせいだろう。
日記は こと細かい。
赴任(出張)時の経費の精算やら浅草見物やら両国見物やら寄席見物やら芝居見物やら江戸城への大名の登城行列見物やら。
〝食日記〟とあるように、食べたもの、飲んだものの記録も詳細。
また、〝小遣帳〟と称する家計簿の記載も詳細で、当時の物流とモノの経済価値が分かる。

江戸は外食産業の発達した大都市。
ソバ屋だけでも3400店近くあったようで、この数は現在の東京よりも多い。

今の東京もそうだが、江戸には全てのモノ、技術、技能、知識が集まっている。

ソバは信州で食うに限るとか、タイは明石が一番などと地産地消の食を称える風潮があるが、ソバも天ぷらもウナギも寿司もボタモチも江戸・東京が第一級。

時に江戸の祭りの賑やかさに遊び、時にドジョウ鍋で酒を呑む。
そして、時に国元の妻娘を思う。

江戸勤務番の単身赴任武士も、今の単身赴任サラリーマンも変わるところはない。

本夕、読了。

本著者は、創業500年近い菓子舗の虎屋が運営する和菓子資料室で、研究職に就いていた歴史の専門家。
大きな商いをしている虎屋とはいえ、菓子屋が専属の研究者をつけた資料室を運営しているというのは、老舗ゆえの余裕というかプライドだろう。

江差町の五勝手屋本舗も創業150年になる老舗。
ここの2階はイートインスペースだが、五勝手屋の歴史をうかがうことのできる古い菓子型などが展示されている。
やはり老舗のプライドを感じる空間であった。

ところで、伴四郎は武士。
それも御三家 紀州徳川の家臣。
なので、1866年、倒幕・尊王攘夷をいう長州を制圧するために戦場に立っている。(第二次長州戦争)

翌年、大政奉還。

士農工商で保障された武士の身分を失った伴四郎は、明治も生きたようだが、何を食い、何を思って生活していたのか。
日記は残っていないという。

(注1)
将軍の出る儀式に参列できる資格を持つ者は大名・旗本。

大名・旗本は〝お殿様〟。
それより下級の武士が御家人。
その中の最下級武士が、〝三一侍(サンピンざむらい)〟。
俸禄が〝三両一人扶持(さんりょう いちにん ぶち)〟で、コメに換算すると5石に届かない。

江戸幕府における御家人の平均禄高は30石(1石は10斗、100升)くらいだったようだ。

江戸勤めの伴四郎には、国元で与えられる25石のほかに、江戸赴任手当として年に39両と、量は不明だがコメの現物支給を受けている。
全部合わせると実質50から60石相当。
このほかに、下の(注2)で書いたような手当てもある。

禄高100石程度の旗本もいたようなので、禄高25石なら武士としては下級は下級だが、悪い待遇ではない。
紀州の家に帰れば「との」と呼ばれていた身分だったことと思う。

(注2)
烏帽子(えぼし)、長袴(ながばかま)の高位武士の正装は、それをまとう当人自ら一人では とても着ることができなかったようだ。
本書中には、正装が必要となる前日までに、一度 全てを身に着けて装いを確認したことが書かれている。
家老邸への出張着付けでは、その出張手当てが6両ちょっとだったとあり、着付け1回で最下級武士の2年分の報酬を得ている。

| コメント (2)

2019年4月14日 (日)

これは行かねばなるまい

今日の日の出は4時57分。

5時00分、出航。

一昨日、登別の定置網に10トンだか20トンだか30トンだか、とにかく大変な数のサクラマスが入ったと。
これは行かねばなるまい。

良ナギ。

190414o1 今日の出竿は、こんな風景の見える海域。

登別沖太平洋。

網に入るのと、釣り針に掛かるのは別なこと。

毛鈎を泳がせるも、掛かるのはソウハチ。
毛鈎を泳がせるも、掛かるのはスケソウ。

190414o2_1 マスは掛からず(^^;

マスは掛からないが、浮かんでいるのはマス場。
マス場のソウハチだからカタはいい。

| コメント (2)

2019年4月13日 (土)

帰航は根を経由して

早朝は冷え、家を出る時は車のウィンドの霜取り作業。

日出が早くなり、今日は4時59分。
その日出を、暖機中のKON-chan号上で見る。
5時30分、出航。

快晴。
良ナギ。

朝いち、根に入るも潮動かず、食わない(^^;

潮が動くまで、もう少し沖へ。

19041301 今日の出竿は、こんな風景の見える海域。
ソウハチ海域。

日差しに力があり、気温が急速に上がる。
暖かいを通り越し暑い。
防寒着を脱いだ。

ソウハチは広く浮いている。
ペール缶にひとつあげて海域離脱。

19041302 帰航は、朝いち不釣だった根を経由して。

正午、沖上がり。

| コメント (4)

2019年4月 9日 (火)

『旅に出る日』を読む

月刊誌『旅』の創刊は1924年。
『旅』は、2012年に休刊となるのだが、最後の約4年 私は定期購読者だった。
その『旅』の、1959年から1971年まで編集長を務めていたのが本著者。
私が定期購読していた期間の40年も前の編集長ということになる。

三泊四日とか四泊五日程度の旅行を、〝たび〟・〝旅〟と抵抗なく発音したり書いたりできるヒトは幸せ者だ。
大方のヒトにとっては、その程度の旅程を〝たび〟・〝旅〟と発音したり書いたりすることは大変にカッコの悪い、照れくさい感情を抱かせることだろう。

Journey こんな喫茶店で読み始め。

〝旅〟にまつわるエッセイ。
本書は、著者が『旅』の編集に関わっていた時代に書いたものの復刻版。

『旅』の発行は日本交通公社(JTB)による。
だから、本書が書かれた頃の著者は交通公社職員。

フレームリュックを背負って改札口を通る
日焼けでピリピリ痛む太モモに水をかけながら、前後にパニアバックを付けた自転車のペダルを漕ぐ
リアシートに積んだ荷物のカバーネットに小さなペナントをさした125CCのバイクで、街道を走る
なんてことが、私にもあった。

本書には、私にもあった 交通公社の儲けにならないような〝旅〟のエッセイは載せられていない。
もっと大人で、もっと静かで、もっとお洒落で、そしてもっと思索的な〝旅〟の話。

半世紀も前に書かれたものだから、著者の〝旅〟に対する感覚や考えには古典的な行儀の良さを感じる。
ヒトのこと、ああこう言わんといて、という気にもさせる。

と 感じ、という気にさせられて、それでも最終ページまで読んだ。

でも、著者の言うような〝旅〟には共感したくない自分がいる・・・(^^;

本夕、読了。

今月末から、10連休を取得するヒトも多いだろう。
で、「混むのよねェ」とか、「ヒトの多いところはイヤ」とか、「GW期間は なんでも高いンだよなァ」と言いつつ、混む道路を走り、ヒトの多いところに出かけ、ハイシーズン価格の宿に泊まっては、「混んでるねェ」とか「ヒトが多くてイヤだねェ」とか「なんでも高いなァ」と言うヒトが多いに違いない。

誰に頼まれて〝旅〟に出るのではない。
混んでいるのがイヤなら、ヒトの多いのがイヤなら、なんでも高いのがイヤなら、家にいてだって楽しい時間を過ごす方法はいくらでもある。

であっても、道路が混んでいようが、ヒトが多かろうが、なんでも高かろうが、家から飛び出せッー!

| コメント (0)

2019年4月 7日 (日)

絵鞆マリン倶楽部 安全祈願祭 とその前の釣り

絵鞆の船釣師の多くは、11月の中・下旬に船の冬仕舞いをし、4月の今頃から沖に出る支度を始める。
そろそろ沖に行く支度をする頃だということを、『絵鞆マリン倶楽部 安全祈願祭』の案内ハガキで気付くヒトも多いだろう。

私は、年中 竿を出しては、
「イねェ」
「バレた」
「食わねェ」
と、仕舞いも支度もないアホ釣師(^^;

19040701_1 日差しはなかったが・・・

19040702 パワーランチの頃には日が差した。

ランチメニューは、
・炊き込みご飯
・豚汁
・焼き芋
・焼きソバ
・ジンギスカン
 ジンギスカン鍋の上には、
 Sea Gaia船長から、シカ肉
 鷹Ⅳ世船長から、行者ニンニク
の差し入れ。

ご馳走様でした。

ところで、これに先立つ3時間ほど前、私は沖にいた。
2019040703 今日の出竿は、こんな風景の見える海域。
ソウハチ海域。

日の出時は晴れわたっていたのだが、サカナが掛かり出した頃から雲が厚くなってきた。

広い範囲にソウハチが浮いている。
誘わなければ食わない。
誘わなければ食わないが、誘えば食う(^o^)

2019040704 これで納竿、上記行事に参加のため帰港。

| コメント (2)

2019年4月 6日 (土)

冬山を歩く 12

北西風強く、我が小船では沖に出られない。
ってことで、山へ。

 登り:水元沢コース
 下り:冬コース

190406001 里は春を迎えた雰囲気だが、山はまだ冬。
600メートルまでは、湿って重く腐った雪。
それより上は、冬の雪。

沢を詰めて滑滝。
雪に埋もれていた滝が開いた。
流れが光る。

左手は、胸を雪面に付けて登らなければならないほどの急傾斜。
しかし、わずかな距離、等高線を3本上げて、谷から尾根に出る。

190406003 残高250メートル。
このあたりで雲の中に入る。
このあと、ホワイトアウト。
15メートル先の立ち木も確認できない。

190406004 室蘭岳山頂にて。

濃いガス、雲の中。

山頂寒暖計は、氷点下3℃。

西からの強風に乗って雪。
加えて、強風に樹氷が飛び散り体に音を立てて当たる。

樹氷って言うくらいだから氷。
顔面に当たると痛い(^^;

190406005 樹氷の枝をくぐって冬コースを下る。

ここにきて、やっと強風から逃れることができた。

190406006 雲の下に出たが、室蘭市内は煙っている。

190406007 日が差してきた。
が、すでに山を出る頃(^^;

山歩き時間5時間30分。
13992歩。

飲食なし。
Gpslog


| コメント (2) | トラックバック (0)

2019年4月 4日 (木)

『女性自衛官物語』を読む

職務において、危険がせまってきた時、指揮官の部下に発する命令が、
「危なァーい。 頭を下げて さがれッ!」
なのは警察。

Wac

こんな飯屋で読み始め。

女性自衛官のことを、
陸上は、WACWomen's Army Corps)と書いてワックと発音する。
同様に、
海上は、WAVEWomen Accepted for Volunteer Emergency Service)と書いてウェイブ。
航空は、WAFWomen of the Air Forces)と書いてワッフ。

副題が、『陸上自衛隊に入隊した18歳の奮闘記』。

身長151センチ、靴のサイズ21.5センチの少女が同期入隊120人と朝霞(あさか)駐屯地で3ヶ月間の前期訓練、その後、職種に従い各駐屯地に分かれての後期訓練を修了するまでの話。
著者の職種は会計課。
小平(こだいら)駐屯地に配属され、3ヶ月間の後期訓練に臨みWACとなる。

本夕、読了。

新入教育後は、いわゆるOJTn-the-ob-raining)によってヒトを育てる多くの企業と違い、自衛隊はOJTに頼らない。
全て、隊内学校での教育。

自衛隊法 第五十七条は、上官の命令に服従する義務。

属人的教育のOJT では、命令を忠実・統一的に履行する隊員を育成するのは難しいと思う。
上官の命令に服従できる隊員を作るには、集合教育しかないのだろう。

自衛隊の行進の第一歩は左足から。
休憩も命令による。
「休めッ!」

ホントかウソか。
危険がせまってきた時、指揮官の部下に対する命令が、
「危なァーい。 頭を下げて駆け足で前へ!」
なのは自衛隊なんだと。

| コメント (0)

« 2019年3月 | トップページ | 2019年5月 »