« 2018年9月 | トップページ | 2018年11月 »

2018年10月

2018年10月28日 (日)

秋山を歩く 2

風は落ちたが、波が残っていて釣りにならないだろう。

山へ。

冠雪の羊蹄山に登る準備をしていたが、山頂付近、風が強い予報。
てことで、近場の低山へ。

 登り:水元沢コース
 下り:西尾根コース

のち、

 登り:南尾根コース
 下り:西尾根コース

に変更。

18102801【画像:1枚目】
ドングリもコクワも落実。

間伐作業のため、水元沢は来春まで入林禁止。
しかし、日曜は作業を休んでいるはず。

が、ついさっき通過した新しいキャタピラの跡。

行ける所までという気分で歩いてみたが、もう少しで滑滝というところで、重機稼働中。
『今日は休みだけれど、昨日の雨で作業が遅れている。』
と。

沢に下りて大きく巻こうとしたが、踏んだり蹴ったりで、突然、大雨(^^;

来たルートを戻った。

18102802_2

【画像:2枚目】
スキー場近くまで戻った頃、雨があがり、空に青まで見えてきた。

イタヤカエデの黄
ヤマモミジの赤
カシワの茶

【画像:3枚目】
600メートルから上は落葉。

枝に一葉も残っていない。

【画像:4枚目】
室蘭岳山頂にて。

山頂寒暖計は7℃。

この秋は暖かい日が続く。
5、600メートルも高度を上げれば、霜柱を踏み、霜のおりた岩肌を見る頃なのだが、まだこの山に冬の気配は見えない。

18102803_2

【画像:5枚目】
冬の気配は見えない。
が、冬の気配は聞こえる。

走る風の音。
風で波立つササ原の葉ずれの音。

雨のあとだ。
濡れた地面が滑る。
しかし、秋の陽射しが、山全体を急速に乾かしていく。

じき、踏む枯葉からカサカサ音がしてきた。

Gpslog181028_2

【画像:6枚目】
ペトトル川の流れも、秋の終わり。

山歩き時間5時間30分。
24602歩。

全給水量は、
 ・300CC

西尾根を歩きながら、
 ・ロッテ ラミーチョコレート 2本

| コメント (0) | トラックバック (0)

2018年10月27日 (土)

『データはウソをつく』を読む

〝データ〟がウソをつくのではなく、問題なのは、
 ・どんな〝データ〟を収集するのか
 ・〝データ〟の収集方法
 ・収集した〝データ〟の使い方
 ・収集した〝データ〟の解釈

Dataこんな喫茶店で読み始め。

副題が「科学的な社会調査の方法」。
しかし、本書、とても科学的とはいえない。
私が言うのも僭越至極だが、本書、レベルが低い(^^;

話のキッカケとして、話のポイントの説明の助けとして、いしいひさいちの4コママンガが11本掲載されている。
これが秀逸。

著者は、
 ・収集しなければならないのが いしいひさいちの4コママンガであること
 ・その収集方法
 ・その使い方
 ・収集した いしいひさいちの4コママンガの解釈
を知っている点でタダ者でない。

本夕、読了。

本書、いしいひさいちの4コママンガがなくても理解に少しも困らないが、この11本の4コママンガがなければ駄本に成り下がる。
また、本書、後ろ3分の1は、テーマから外れ、グダグダ話。

読み捨て(^^;

| コメント (2) | トラックバック (0)

2018年10月21日 (日)

鳥を追う釣り 5

秋の乾いて澄んだ空気。
今日も、鳥を追う釣り。

7時、出航。

18102102【画像:上】
噴火湾口は尖って堅い波。
反航し、噴火湾奥へ。

こちらは、良ナギ。

伊達沖で騒ぐ鳥。

今日の出竿は、こんな風景の見える海域。

【画像:下】
やァ、お久しぶり。
今日の同乗は、Sさん

Sさん、サバは初めて。

ンなわけで、実釣開始前、私 生意気にも、

「ジグをポチャンと。 ラインが出ていかなくなったらアタリ。 アタリがなくてもゴリゴリ巻いてジグを泳がせる。 」

と、実演をまじえて講釈をたれる(^^;

で、ウレシイのが、このゴリゴリ巻きの実演中に、掛かってくれたこと(^o^)

1時間半、入れ食い(^o^)
50リッタークーラーの運搬は、二人掛かり。

フクラギも船中2アタリ。

Sさんのスケジュール表の土日のデフォルト行事はゴルフ。
毎年、このサイズのサバが噴火湾に入るわけでもないし、どころかサバの入らない年もある。
下船後、私からSさんへ、
「来年の今頃の土日のスケジュールはゴルフで埋めといて下さい」(^^;

| コメント (4) | トラックバック (0)

2018年10月20日 (土)

鳥を追う釣り 4

秋の澄んだ空気。
飛行機雲ができるはしから消え、わずかな長さしか曳かない。
空気が乾いている。

オカ寄りの海水温は16℃、沖はまだ高く18℃近い。
てことで、今日も鳥を追う釣り。

8時、出航。

181020【画像:上】
左斜め前方はるかに駒ケ岳。
右手はるかに有珠山、昭和新山。
その向こうの羊蹄山を見ながら、防波堤を出たあとは、真っ直ぐ西。

このあたり、50メートル以深の等深線が Ω 文字を左に倒したように描かれる。

良ナギ。

Ω の等深線の曲がった頂点あたり、水深70メートルで鳥山。
当該海域に誘導してくれたTackleⅡ、N船長にはお世話になりました。

今日の出竿は、こんな風景の見える海域。

【画像:下】
水面で掛ける釣り。

水面まで追い上げたベイトを大型魚が食うときに作る飛沫。

その飛沫めがけて、
放ったのは、シンキングミノー。
狙いはワラサ。

その飛沫めがけて、
放ったのは、フローティングミノー。
狙いはワラサ。

その飛沫めがけて、
放ったのは、ポッパー。
狙いはワラサ。

しかし、この海域の飛沫がバシャ止まり。
バシャバシャにならない。

シンキングミノーにもフローティングミノーにもポッパーにも食ってくるのはサバだけ(^^;

秋の澄んだ空気。
飛行機雲ができるはしから消え、わずかな長さしか曳かない。
空気が乾いている。

私のハートも乾いている(^^;

| コメント (2) | トラックバック (0)

2018年10月19日 (金)

『ずっと信じていたあの知識、実はウソでした!』を読む

美しく滑らかな形状で、動きがスムーズなモノ。
これらは、速い・強い・合理的。

直感が受け付けるモノ。
これも悪くはない。

古典・伝統・天然。
いいに決まってる。

お金じゃないわ、ココロよ。
おォ、ここに真実の愛がある。

以上は、ホントか(^^;

Common_senseこんな喫茶店で、読み始め。

本書の「はじめに」の最後に、
〝本書の中では、
  ずっと信じてき
    た「常識」が覆
    る瞬間を何度
    もご体験いた
    だけることだろ
    う。あなたの
    「常識」は今、
    覆される。〟
とある。

この「はじめに」が すでに、何だかなァ(^^;

分野ごとに小さなテーマが多数たてられ、それらが何人かで手分けして書かれている。

そのなかに、似かよったテーマで別の分野にも出てくる項目がある。
それを違うヒトが書いていたりして、編集のずさんさがあって内容に矛盾が生じているものがある。

本書内の全てが全てそうなわけではないけれど、根拠不足感が強い。

この類の本は、読み捨て本。
ではあっても、もう少し丁寧に本を作って欲しいものだ。

本夕、読了。

1/2 + 1/3 + 1/4 + 1/5 + 1/6 + 1/7 ・・・

という規則で、ずぅーッと足し続けると、〝チリ〟も積もれば山となるで 無限大 になる。

1/2 + 1/4 + 1/8 + 1/16 + 1/32 + 1/64 ・・・

という規則(分母を倍・倍・倍・・・とする)で、ずぅーッと足し続ける。
上の足し算より、足し合わせる〝チリ〟が小さいけれど、これも無限大かなァ。
無限大にはならないまでも、相当大きな数になりそうだ。

ところが、いやいや、
1/2 + 1/4 + 1/8 + 1/16 + 1/32 + 1/64 ・・・と、ずぅーッと続けた足し算は
〝チリ〟は〝チリ〟のまま、山にはならない。

以上は、事実。

これを逆に、
1/2 + 1/4 + 1/8 + 1/16 + 1/32 + 1/64 ・・・と、ずぅーッと続けた足し算が である証明を見せられたあとで、

1/2 + 1/3 + 1/4 + 1/5 + 1/6 + 1/7 ・・・と、ずぅーッと足し続けるとどのくらいの大きさになるかと問われたら、我々の直観は無限大にまで及ぶことができるだろうか、サテ(^^;

〝常識〟とは〝直観〟が納得する感覚だろう。

冒頭に戻る。

美しく滑らかな形状で、動きがスムーズなモノ。
直感が受け付けるモノ。
古典・伝統・天然。
お金じゃないわ、ココロよ。

これらに簡単に引っ掛かっているのが私(^^;

美しく滑らかな形状で動きがスムーズなサカナ。
コイツは間違いなくいい。
デカければ、なおいい。

ンなのが掛かってほしい・・・(^o^)

| コメント (0) | トラックバック (0)

2018年10月17日 (水)

『開発こうほう』を読む

財団法人 北海道開発協会が発行している月刊広報紙の、『開発こうほう』最新号の10月号。
この協会の理事長は北海道開発局の幹部だったようなので、この協会の機能のおおよそをうかがうことができる。
ここでは、ンなことは どうでもよろしい。

『開発こうほう』、なかなかいい。

Photoこんな菓子屋のイートインテーブルで読み始め。

寄稿者それぞれが高い専門性を持つので、冊子は薄いが内容は高度。

フランス文学者の巌谷國士(いわや くにお)が書く室蘭紀行が、専門性から一番離れた柔らかい文章。
この紀行文に、著者の撮った小さなスナップがいくつか。
室蘭は坂の町。
そのスナップのひとつが、坂の途中の電柱に寄りかかる老女。
彼女の息遣いが聞こえてきそうだ。

アップルパイ1個、コーヒーを2杯飲むあいだに読了。

北海道開発局があるように、沖縄振興局がある。
だから、財団法人 沖縄開発協会がありそうだが、ない。
沖縄では〝振興〟という言葉は使えても、〝開発〟という言葉は使いにくいのだろう。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2018年10月14日 (日)

鳥を追う釣り 3

風がある予報だったが、好転。
しかし、室蘭岳から駒ケ岳にかけて、噴火湾を横断する幅8マイルの厚い雲。

7時15分、出航。

防波堤を出て、沖で錨泊している3隻の本船のさらに向こう側に出る。

光が少なく空が暗い。
海も暗い。

鳥を追う釣り。

厚雲から抜けようと、沖へ沖へ。

その雲から抜ける前に、鳥を見つける。
水面をうかがうように飛ぶ鳥たちだが、大型魚に海面まで追われてきたイワシを食うときの騒ぎ方ではない。

それでもシンキングミノーをキャスト一発。
二発。
三発。

10181014見上げると、帯状だった雲が空一面に。

今日の出竿は、こんな風景の見える海域。

四発目のキャスト。
五発目。

間もなく、頭が白く崩れた波。
シケ。

六発目は放たず(^^;

| コメント (2) | トラックバック (0)

2018年10月13日 (土)

鳥を追う釣り 2

予報よりも早く、風が落ちた。
8時、出航。

良ナギ。
今日も鳥を追う釣り。

2018101301【画像:上】
P艇に誘導され、ワラサの付いた鳥山へ。
Ⅰ船長にはお世話になりました。

今日の出竿は、こんな風景の見える海域。

ジャバジャバにシンキングミノーを放ると、着水と同時に反応(^o^)

3尾も4尾もミノーを追ってくるのだが・・・
掛からず(^^;

【画像:中】
掛かるのはサバ。
サバだけ(^^;

【画像:下】
44センチ。
大サバ。

すでに、我が家への持ち込みは禁止(^^;

| コメント (2) | トラックバック (0)

2018年10月12日 (金)

『図解 見れば見るほど面白い 「くらべる」雑学』を読む

大さじ2杯の水は 30CC、30グラム。
30CCに含まれる水分子(H2O)の数は、1の後ろに0が24個。
10の24乗。
1兆の1兆倍、1テラの1テラ倍と大変に大きな数。

1回目。
半分捨てて、大さじ1杯の水に。
15CC、15グラム。
15CCに含まれる水分子の数は、上の半分の 5×10の23乗。
1兆の5千億倍、1テラの500ギガ倍。

2回目。
さらに半分捨てて、大さじ1/2杯の水に。
7.5CC、7.5グラム。
7.5CCに含まれる水分子の数は、上の半分の 2.5×10の23乗。
1兆の2千5百億倍、1テラの250ギガ倍。

3回目。
さらに半分捨てて、大さじ1/4杯の水に。
3.75CC、3.75グラム。
3.75CCに含まれる水分子の数は、上の半分の 1.25×10の23乗。
1兆の1千2百5十億倍、1テラの125ギガ倍。

こうやって半分捨てる作業を何回も繰り返せば、いつか水分子が1個だけ残るだろう。

Photoこんな喫茶店で読み始め。

速さ・寿命・重さ・温度等々、色々なものがくらべられる。

体重1キロ当たり1時間につき消費する酸素の量。
 インドゾウ 0.07リットル
 ウマ(通常時) 0.145リットル
 ウマ(疾走時) 9.6リットル
ヒトは効率が悪い。
 ヒト(通常時) 0,33リットル
 ヒト(疾走時) 4リットル

加速度の単位は、メートル毎秒にさらに毎秒。
メートル毎秒毎秒。
 旅客機の滑走・離陸時 2.7。
 車 3。
 自転車 4,2。
これらよりも、ヒトのスタートダッシュが大きく 5。

今夕、読了。

冒頭に書いた 半分、半分、半分、・・・ の話。
半分、半分、半分、・・・、あるいは 2倍、2倍、2倍・・・ と進むとわずかな回数でも、大変に小さく、あるいは 大変に大きくなる。

大さじ2杯の水から水分子1個にたどり着くための半分、半分、半分、・・・の回数。
80回。
これを少ないと感じるか、そんなものと感じるか。

これも本書中の「くらべる」テーマ。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2018年10月 9日 (火)

『もし文豪たちがカップ焼きそばの作り方を書いたら』を読む

・忘れてきた何か
・それ以上でもそれ以下でもない
・誤解を恐れずに言えば
・好むと好まざるとに関わらず

なんてフレーズを、いい歳をした大人は使っちゃいかん(と私は思う)。

Photo_2こんな飯屋で読み始め。

モノマネ(歌マネ・形態模写・声帯模写)、書画の模写、コピー&ペースト。

本書は〝文体〟のマネ。

本書を30ページほど読み進んだところで買ってきたのが、マルちゃんの焼きそば名人 ソース焼きそば。
そのカップに印刷されていたのは、以下の通り。

【調理方法】 必要なお湯の目安量:560ml
①フタをAからBまであけ、3種類の小袋を取り出す。かやくを麺の上にあけ、熱湯を内側の上の線まで注ぎ、フタをする。②3分後、湯切り口をはがし、カップをしっかり持ち、ゆっくりかたむけて湯切り口からお湯をすてる。③フタを全部はがし、液体ソースをかけてよくまぜ、ふりかけをかけて出来あがり。

〝文豪たち〟とあるが、マネるのは、
 夏目漱石
 村上春樹
 宮澤賢治
 川端康成
など小説家70人ほどと、
 川谷絵音
 週刊プレイボーイ
 松尾芭蕉
など、ソングライター風、雑誌記事風、俳句風、評論家風、ラッパー風、新聞記事風の40ほど。

上の【調理方法】を、例えば 尾崎豊 が書けばどうなるか。
本書中から、ごく一部を抜粋すると、

  カップ焼きそば
   俺はお腹がすいて こんなところにたどりついた
  ・・・・・・・・・・
  ・・・・・・・・・・
  ・・・・・・・・・・
  3分間待てているか
  湯切りできているか
  ・・・・・・・・・・
  ・・・・・・・・・・
  ・・・・・・・・・・

本夕、読了。

ところで、冒頭に書いた〝いい歳をした大人は使っちゃいかん〟と私が思うフレーズ。
これらは、
 会話
 報道
 取扱説明書
 六法全書
 翻訳小説
では、絶対に使われない。
〝伝える〟際に用いられるフレーズではなく、〝内寄り〟。

本書で、これらのフレーズを使ってマネられているヒトがいて、やはり何だかなァのヒト(^^;

| コメント (0) | トラックバック (0)

2018年10月 8日 (月)

鳥を追う釣り 1

風が残っているだろう。
で、山歩きのつもりで、ザックを車に。
しかし、思いのほか風穏やか。

ってことで、山装束から沖装束に衣替え。

10時、出航。
良ナギ。

18100801【画像:上】
空の高いところに巻雲(けんうん)。

【画像:下】
今日の出竿は、こんな風景の見える海域。

今日も鳥を追う釣り。

シンキングミノーを放って、高速リトリーブ。
トップウォーターで食わせる。
ワラサが食ってくるはず。

先日の釣行で仕入れた釣法。

ワラサが食ってくるはず。
のつもりでキャストを重ねるが、掛かるのはサバ(^^;

リリース。

| コメント (4) | トラックバック (0)

2018年10月 6日 (土)

登山靴のヒモを結ぶこともせず・・・(^^;

下層の雲の底は900メートル、雲厚200メートルくらい。
高層の雲の底は2500メートルくらい。
黒い雲ではないので、雲厚はやはり200メートルくらいか。

20181006_2里の秋も深い。

羊蹄山ろくの畑仕事は終わりに近い。
豆干しもジャガイモの収穫も大豆の豆がら焼きも終わり。
まだ作業中なのは、ニンジンの収穫くらい。

天候の変化が早い。
雨が降る前に登って下りてこられるか。
と考えるまでもなく、登山口に立つ前に雨(^^;

雨は下層の雲からではなく、上層の雲から。
登山靴のヒモを結ぶこともせず・・・(^^;

| コメント (0) | トラックバック (0)

2018年10月 5日 (金)

オイラのウデ(^^;

平日の金曜日。
なのに、どういうわけか、本日のオイラは公休(^o^)

18100501【画像:上】
室蘭港内。
見上げると、サバ雲。

青魚を追えと言っている。

8時、出航。

良ナギ。

【画像:中】
SeaRoman艇に誘導されて、ワラサのついた鳥山へ。

今日の出竿はこんな風景の見える海域。

遠景は駒ヶ岳。

黄金沖60メートル。

ルアーをビューっと放って、高速リトリーブ。
目一杯の高速で巻いているのに、ギュンギュンとサバ。

ガッッッツンときたらワラサ。
我が竿にも、ガッッッツンとまではいかないが、ガツンは2度(^o^)

サバでさえ、半数以上バラすのがオイラのウデ(^^;
いずれのガツンも取り込めず(^^;

18100504【画像:下】
我が家では、すでにサバの持ち込みは禁止ゆえ、某家へ直納。

| コメント (6) | トラックバック (0)

2018年10月 4日 (木)

『沖縄 若夏の記憶』を読む

1972年まで、沖縄の施政の実権は〝琉球列島米国民政府〟にあった。
義務教育課程の学習指導要領と教科書は本土と同じだったが、通貨はドル、車は右側走行、郵便は琉球郵便、切手の金額表示は¢(セント)。

沖縄から本土に入るには、この米国民政府が発給する渡航証明書(パスポートに相当)を必要とした。

日本本土から沖縄に渡るのは 日本からハワイに渡るよりも難しく、
  日本国(総理府)発給の身分証明書(パスポートに相当)
  米国民政府発給の入域許可証(入国査証:ビザに相当)
  沖縄での身元引受人
が必要だった。

Photo_4こんな喫茶店で読み始め。

著者は'44年生まれの、現役フォトジャーナリスト。

沖縄に身元引受人を持たない著者が沖縄に渡るには、'72年の沖縄本土復帰まで待たねばならなかった。

沖縄の織物・花・チョウ・フェンス・石に彫られた文字・ヒトの背中・海岸・畑などの写真が、4、5ページに一葉の割合で挿入されている。

〝眼〟で食っているヒトだけあって、言葉を折りたたむように使っての〝光〟や〝色〟の表現が印象的。

表紙カバーは、遠浅のサンゴ砂の浜に寄せる軽くて透明な青い波。
私が本書を購入したのは、この表紙カバーの軽さ・透明さ・青さゆえ。

しかし、本書中に書かれている一行、一行は、軽くも、透明でも、青くもない。

上で、著者のことを 『〝眼〟で食っているヒト』 と書いた。

通りすがりの旅行者でも、本書の内容程度のことは見ることができる。
沖縄に行ったことのない者でも、本書の内容程度のことは知っている。

が、やはり 『〝眼〟で食っているヒト』 だ。

知るために見る〝眼〟を持っているヒト。
知っているから見える〝眼〟も持っているヒトだ。

題名にある〝若夏:わかなつ〟とは、沖縄地方の5月から6月くらいのこと。
〝若夏〟という字面(じづら)、〝わかなつ〟という音の響きとは裏腹に、沖縄地方では梅雨の候。

本夕、読了。

沖縄の交通ルールが、
『人は左・車は
から、
『人は右・車は
に変わったのは'78年。
その翌年の'79年、私は、初めて沖縄(八重山)の日射を浴びている。

大阪南港から那覇港と平良(ひらら:宮古島)港を経由して、以後の旅行の起点となる石垣港までをフェリーで。
そこまでの航海だけで2泊3日。

何という贅沢な時間の使い方の旅だったろう(^o^)

その後、何度か渡島する機会があり、積算すると100日以上、私は沖縄の太陽に焼かれている。

Photo_21日なら1日分の
10日なら10日分の
100日なら100日分の
1000日なら1000日分の
記憶を与えてくれるのが沖縄だ。

が、知るために見る〝眼〟を持たず、
知っているから見える〝眼〟も持たない私。
私の〝沖縄の記憶〟は、軽さ、透明さ、青さのみ・・・

| コメント (0) | トラックバック (0)

2018年10月 1日 (月)

『近代日本漫画百選』を読む

読売新聞夕刊の『サンワリ君』は、'04年7月で終了。
38年続いた連載の終了理由は、作者の死去。
それから丸8年のちの'12年9月に『オフィス ケン太』の連載が始まるまで、読売新聞の夕刊には4コマ漫画の掲載はなかった。

この『オフィス ケン太』。
私ごときが言ってはナンだが、国内紙連載の4コマ マンガ中、レベルはかなり低い(^^;

Photo_2こんな喫茶店で読み始め。

戯画とか狂画とかと呼ばれていた絵が、新聞・雑誌というメディアに載って世に広く出回る。
描かれているのは、
 政治
 風俗
 ある特定の階層にいる人物たち
 時には、特定の個人
への批判・茶化し。

批判や茶化しの対象は、自分よりはるかに強いモノ。
権力者、権力の後ろ盾のある官憲、軍人。

散髪脱刀令が地方にまで行き渡らず、マゲ・帯刀で現れる田舎ザムライ。
着物のそでからレースの下着を見せている お嬢さん。
なんてのも描かれているが、それらは批判の対象ではなく、時代のスナップ、笑いの対象。

そんな諷刺画が、〝漫画〟という呼称に定着する。
漫画の振幅は大きい。

批判だったり、チョウチン持ちだったり、ナンセンスだったり・・・・

本夕、読了。

本書で取り上げている漫画のほとんどは一枚画。
ストーリーが重視される劇画と違い、一枚で主張する。
見るほうも教養を要求される。

解説を読まないと一枚も理解できないオイラ(^^;

| コメント (0) | トラックバック (0)

« 2018年9月 | トップページ | 2018年11月 »