« 2018年7月 | トップページ | 2018年9月 »

2018年8月

2018年8月25日 (土)

『決定版 天ぷらにソースをかけますか?』を読む

室蘭市内の某だんご屋。





ンな串団子を2つ買う。

その店、
○ ○ 
○ ○  
○ ○  
| |  
というふうに平面的に容器に並べない。

90°起こして容器に並べる。
つまり、こんな感じ。
[] []
[] []
[] []
| |

アンコはどうする。
■[][]■
■[][]■
■[][]■
  ||
と、するか、

■[]■[]
■[]■[]
■[]■[]
  | |
と、するか、

[]■■[]
[]■■[]
[]■■[]
|  |
と、するか、だろう。

ところが、某だんご屋、
■[]■[]■
■[]■[]■
■[]■[]■
 | |
と、アンコをつけてくれる(^o^)

Photo_2こんな喫茶店で読み始め。

副題が『ニッポン食文化の境界線』。

・赤飯に甘納豆
・甘露煮のクリ入り茶碗蒸し
は、北海道レシピとして有名。
みたいな話より もう少し広く一般的な食のアレコレを、日本地図上で示していく。

〝天ぷらにソースをかけますか?〟をスタートにして、
・お汁粉
・お好み焼き
・味噌
・漬物
・カレー
・納豆
・・・ ・・・ ・・・
と、話が進んでいく。

旧東海道を35日かけて歩き、
・イルカを食うか
・青ネギか白ネギか
・ウナギは背開きか腹開きか
・うどん文化圏かソバ文化圏か
・みそは何
はては
・灯油ポリタンクの色は赤か青か
などの境界を得るための調査が本気。

著者は新聞記者。

本夕、読了。

この手の話なら、私でも300や400はネタを出せそう。

・店を構えている食事処で
・本書内では話題とならなかったモノで
・実際に私が食べたモノ
という条件で、天ぷらだけに限っても、

・タラコ
・柿の葉
・青葉のカエデ
・紅葉のカエデ
・青葉のイチョウ
・黄葉のイチョウ
・お茶の葉
・生柿
・干し柿
・バナナ
・リンゴ
・ナシ
・えびせん
・ポテトチップス
・コーンフレーク
・ラッキョウ
・長ネギ
・天むす(注)
などなど、まだまだ並べられる。

桜餅。
焼くのは関東、蒸すのは関西。
室蘭市内で販売されているのは関西風桜餅が多いが、某和洋菓子店は関東風。

ウナギ。
背開き・蒸して焼くのは関東、腹開き・焼いて蒸さないのは関西。
室蘭市内の某ウナギ屋、背開きだが蒸さない。

同じく、ウナギ。
丼にするとウナ丼と呼ぶのは関東、マムシ(丼)と呼ぶのは関西。
室蘭市内のウナギも出す某食事処はマムシ。

ぼた餅。
春の彼岸に食べるのは  ぼた餅、秋の彼岸に食べるのは おはぎ、全国共通。
室蘭市内、春の彼岸でも売っているのは おはぎ。

お汁粉。
甘味処で頼むと、付け合せは無いか塩昆布、全国共通。
室蘭市内の某喫茶店、お汁粉の付け合せは福神漬け。

お好み焼き。
水溶き粉に具材を混ぜて焼くのは大阪風。 粉は粉、具は具と別々に重ね焼き。 プラス焼きそばは広島風。
室蘭市内、某A店(一昨年閉店)・某B店は大阪風。 お祭りの夜店は広島風。

福岡から室蘭への出張者。
タクシーに乗って、「うまいラーメン屋の前で降ろしてくれ」と。
連れて行かれたのは豚骨ラーメン店。
実話。

(注)
〝天むす〟は、エビの天ぷらを具にする握り飯。
天ぷらおむすびの略だろう。
私の食べた〝天むす〟はこれとは違う。
ふた口サイズの海苔を巻いた握り飯の天ぷら。
おむすびの天ぷらだから、〝おむ天〟と命名するのがスジだと思う。

| コメント (2) | トラックバック (0)

2018年8月23日 (木)

『登山の哲学』を読む

サブタイトルが、『標高8000メートルを生き抜く』。

標高8000メートルを超える山は、全部で14座。(注1)
エベレスト          8848メートル
K2               8611メートル
カンチェンジェンガ     8586メートル
ローツェ                       8516メートル
マルカー                      8485メートル
チョ・オユー                  8188メートル
ダウラギリ                    8167メートル
マナスル                      8163メートル
ナンガ・パルバット         8126メートル
アンナプルナ                8091メートル
ガッシャーブルムⅠ峰     8080メートル
ブロード・ピーク              8051メートル
ガッシャーブルムⅡ峰     8034メートル
シシャパンマ                 8027メートル

全てヒマラヤ山脈(とその西に続くカラコルム山脈)にある。
ユーラシア大陸にインド(亜大陸)が北上する格好で衝突し、その向こう(北)側が隆起することでヒマラヤが造山される。
現在も100年で1メートルといった速度で隆起を続けている山々だ。
火山はない。

著者は、日本人唯一の14サミッター。(注2)

Mountaineering_2こんな喫茶店で読み始め。

標準気圧は1013.25ヘクトパスカル。
台風の地上における観測での最低気圧は、標準気圧から10%下がっただけ。
907ヘクトパスカル。

天候が悪化(気圧が下がる)傾向にあると、片頭痛がするとか関節が痛み出すというヒトがいる。

北海道の山は、最高峰の旭岳でも2291メートルと低い。
とはいえ、その程度の山でもゆっくり上がらないと頭痛をおぼえるというヒトがいる。
軽度の高山病(高度障害)。

2000メートルで、標準気圧から20%下がる。

低気圧が近づいてくるだけで体に変調をきたすヒトがいるのだから、北海道の山程度の標高でも高山病を発症するヒトがいるのは さもありなん。

8000メートルの高所ともなると、気圧が下界の35%。
だから酸素も35%。
気分が悪くなる程度では済まない。
デスゾーン。

〝釣りの哲学〟なんて言ったら笑われる。
それと同様、
登山に〝哲学〟があるなんて言ったら笑われる。

著者も その自覚があって、編集者から提案された『登山の哲学』というタイトルに大いに抵抗している。
タイトルでいう〝哲学〟とは、
〝危ない目にあうこともある。 なのに、山に行きたくなる。 その理由を言うのは難しい。〟
くらいの意味。


本夕、読了。

著者も書いているのだが、8000メートルに特別な意味はない。
メートル法を使うヒトが、8000メートルを意義付けしているだけのこと。

欧米人ならフィートが身近。
ただし、
20000フィートなら 6100メートル となり山の数が多すぎる。
30000フィートなら 9100メートル となりこんな山はない。

キリのいい数字を使う都合でメートル単位を使い、8000メートルと区切っただけのことなんだろうと思う。

釣師が、
尺(30センチ)超え
ロクマル(60センチ)超え
ハチマル(80センチ)超え

などなどと言うが、多分、欧米の釣師なら、

20インチ(50センチ)オーバー
30インチ(76センチ)オーバー
40インチ(102センチ)オーバー
と言うに違いない。

高い山には高い山なりの歩く喜びがあり、低い山には低い山なりの歩く喜びがある。
大きなサカナを掛けたら大きなサカナを掛けたなりの喜びがある。
しかし、小さなサカナを掛けて、大きなサカナを掛けたと同様の喜びを得られるヒトは滅多にいない(^^;

とすると、もしかしたら、釣師は〝釣りの哲学〟を語れるのかもしれない。
ンなわけないか(^^;

(注1)
ひとつの山塊のこちらのピークとむこうのピークのどちらも8000メートルを超える山がある。
だから、実際には、地球上に8000メートルを超える出っ張りは17ある。

(注2)
14座全て登頂した登山家は世界で33人。 
著者は29人目。
著者は だから自らを〝今さら14サミッター〟と称している。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2018年8月19日 (日)

〝期待できない〟のだが

マイワシの昨年の漁獲量は、10年前('07年)の6倍。
今年はさらに増える見込みだとは、国立研究開発法人水産研究・教育機構のレポート。

水産学の専門家が経験的に言うには、〝マイワシの資源量が増えるとマイカが減る〟のだと。
いや、違った。
水産学の専門家が経験的に言うには、〝マイカが減るとマイワシの資源量が増える〟だった。

〝経験的〟に言うことだから、因果の関係の理屈は分からないが、どちらにしても同じ。
今シーズンは昨シーズンにも増して、マイカの水揚げは期待できない。

〝期待できない〟のだが、氷を22キロ搭載。
国立研究開発法人機構のレポート無視の、マイカ水揚げ200ハイ対応(^^;

いくら何でも、これは現実からの乖離が大きい。
で、発泡魚箱の搭載は3箱に抑えた。
これでもまだまだ現実無視の、水揚げ100ハイ対応(^^;

今日の日出は、4時50分。
日出時刻の4時50分、出航。

20180819【画像:上】
今日の出竿は、こんな風景の見える海域。

イカの職漁船もやってきた。

【画像:下】
22キロの氷に、イカが2ハイ(^^;

サメに取られた2ハイを含めても、イカツノに乗ったのは4ハイ(^^;

鳥を追い良型サバをクーラーに半分。
てな艇もあったが、私の放るジグには当たらず(^^;

| コメント (2) | トラックバック (0)

2018年8月18日 (土)

『国会議事堂』を読む

国会議事堂。
着工:1920(大正 9)年
竣工:1936(昭和11)年

正面向かって右が参議院
正面向かって左が衆議院

本書も、
本の小口に向かって右表紙から開くと参議院
本の小口に向かって左表紙から開くと衆議院

House_of_national_dietこんな喫茶店で読み始め。

地上3階(中央部4階、中央塔9階)、地下1階。
建物延べ床面積53464平方メートル(16200坪)。

基本構造は鉄骨と鉄筋コンクリート造り。
外装に花崗岩
内装に大理石

ごく一部を除いて、資材は国内調達。

柱は言うに及ばず、壁に床に天井に手すりに照明にほどこされた装飾が、墓石や石灯籠加工センスとは大いに違う。
日光東照宮の装飾の安っぽさから300年を経た議事堂の装飾は、格段に品性を上げている。
そんな技能が、どのような形で国内にあったのかを知りたいところ。

議事堂の建築費が2573万円だったというから、坪単価は1600円。

1935(昭和10)年当時の小学校教諭の初任月俸が50円だから、年俸ベースで800円くらいか。
議事堂建設の坪単価は、その2年分。

議事堂建設予算の大きさが分かろうというもの。
安っぽいはずがない。

ところで、中庭鉄扉のレールまで掲載されているのに、議事堂内手洗い場、議員食堂の厨房、受変電気室、守衛控え室が掲載されていないのが大いに不満。
ヒトが知りたいのは、オモテではなくウラではなかろうか。

本夕、読了。

内閣総理大臣、初代は伊藤博文。
現総理の安部晋三が98代目。
98代といっても内閣改造ごとに代を重ねるから、総理大臣経験者は全部で62人。

どうでもいいことだが、横綱。
初代は明石 志賀之助(あかし しがのすけ)、17世紀のヒト。
稀勢の里 寛(きせのさと ゆたか)が72代目、72人。

戦後に就いた人数と制限するならば、内閣総理大臣33人、横綱35人。

二人いたり三人いたり、一人だったりすることもあるけれど、横綱というのは大変な地位なわけだ。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2018年8月17日 (金)

『KAJIMA 2018 08』を読む

日本にゼネコン数々あれど、以下の5社は企業規模が図抜けて大きく、スーパーゼネコンと呼ばれる。(注)

大林組
鹿島建設
清水建設
大成建設
竹中工務店

創立も古い。
鹿島建設、1840年。
清水建設にいたっては1804年。
どちらも、11代将軍家斉(いえなり)の時代から事業をスタートさせている。

今日 読んだのは鹿島建設の社内報『KAJIMA』の最新号。

Kajimaこんな飯屋で読み始め。

表紙とそれに続く扉の見開きは、タイ・ブーケット島で建設中の高級分譲ヴィラ。

日がな一日アンダマン海を眺めウトウトできるテラスがあるらしいが、てな一日を過ごすには、延べ床面積700坪の家屋内、及び単位がhaの敷地の整備清掃、調理、あれやこれやで、どう少なく見積もっても5人は使用人が必要だろう。

JR渋谷駅内ホームの改装のため、45時間で行った線路の切替工事の様子が紹介されている。
題して『緊迫の45時間』。
事務職員まで駆り出しての突貫工事。

で、最後のページが『造る』というコラムで、今号のテーマは「故郷の元気をつくる」。
書いているのが増田明美。
この文章を読むために『緊迫の45時間』があるようなもの。
このヒトの文章、ホッとする(^o^)

本夕、読了。

この手の社内報で有名なのは、『日立評論』と『東芝技報』。
取り扱う範囲が大変に広いから、どの号にも素人でも読めるページがある。
が、それはごくわずか。
どちらも技術レベルが高過ぎて、私には取り付くこともできない記事がほとんど。
に、対し、ゼネコン会社の社内報は美術画集。
眺めているだけで、なごむ(^o^)

(注)
日本でスーパーだから世界でもスーパーで、日本のスーパーゼネコンは欧州ゼネコンと張り合ってきた歴史を持つ。
が、今、世界一のゼネコン会社は中国にある。
日本のスーパーゼネコン5社が束になったその倍近い施工数量を1社でこなす。
そんなウルトラゼネコンが中国には3社ある。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2018年8月16日 (木)

『大きさの不思議』を読む

手酌(てじゃく)なら酒の飲み方。
自分でつぐ。

手尺(てじゃく、又は てしゃく)なら、モノサシ。
手を広げて、親指の先から中指の先までが手尺でひとつ。
親指の先から中指の先まででなく、
親指の先から薬指の先まででも、
親指の先から小指の先まででも、
ほぼ同じ長さ。
だいたい20センチ。

釣り上げたサカナの、おおよその身長を知るのに便利。

手尺でひとつ、ふたつ、みっつと測る。
みっつなら60センチ。
KON-chan号進出海域なら、手尺でみっついけば大概のサカナで良型。

Sizeこんな飯屋で読み始め。

「前漢」というから、今から2千年以上も前。
〝尺〟は、親指の先から中指の先までと定義されている。(注)

前漢時代のヒトも現代人も、親指の先から中指の先までは20センチくらい。

ところが、現在、我々の知る1尺は30.3センチ。

1尺が20センチから30センチになったのは、時の権力者が基準を長くして反物などの献納品量を増やそうとしたためではないかとは、本書もWikipediaも同じ見解。
まァ、そんなところだろうと私も思う。

小さじ1杯、 5CC。
大さじ1杯、15CC。
フランス料理のレシピ本を探れば 発祥に行き当たることができそうに思えるが、さにあらず。

時代も、どころか発案者もはっきりしていて、戦後のことと新しい。
発案は、女子栄養大学の創立者の香川綾(かがわ あや:栄養学者)。

本夕、読了。

1尺は、30.3センチ。
釣師は丸めて1尺を30センチと換算する。

落語の〝鮑熨斗(あわびのし)〟や〝寄合酒(よりあいざけ)〟では、サカナの型の良さを言うのに〝目の下1尺(の鯛)〟と表現している。
この場合の1尺は、釣師の手尺の20センチではなく、30センチ。
全長だと4、50センチのサカナということになる。

手尺の目の下1尺のサカナ。
全長だといいとこ30センチ。
このところ、ンなサカナも掛けてない・・・(^^;

(注)
本書では〝尺〟の始まりを、「前漢」時代の書物『大戴礼(だいたいれい)』中の「指を布(し)いて寸を知り・・・」を根拠としている。
Wikipediaだと、さらに千年以上さかのぼる「殷」の時代には〝尺〟が定義されていた旨の記述がある。
が、根拠は記述されていない(^^;

| コメント (2) | トラックバック (0)

2018年8月15日 (水)

『元気な時代、それは山口百恵です』を読む

副題は、『31日間の現在写真論』。
著者は篠山紀信。

Kishinshinoyama0こんな喫茶店で読み始め。

掲載されている写真は、全部で31葉。
表題も表紙も〝山口百恵〟だが、〝山口百恵〟の写真は2葉。
〝AKB48〟は3葉で、こちらのほうが多い。

〝元気な時代〟で言えば、篠山紀信の言う通り、やはり〝山口百恵〟だろう。

〝掲載されている写真は、全部で31葉。〟と書いた。
本を作る企画時点では、そのはずだった。
が、『KARAの撮り方』の項では、掲載されるはずだった写真に〝写真掲載不可〟のキャプションが入れられグレー。(右下の画像)
ページの下に、小さな活字で〝時機的な諸般の事情で掲載不可となりました〟と。
K-POP、韓国芸能界のレベルの高さと裏腹の理不尽がこのグレーに見える。

本夕、読了。

実は、もっとも多いのは篠山紀信が写っている写真で5葉。
5葉すべてがカメラ目線。
5葉すべてに表情がある。

〝元気な時代〟とは篠山紀信自身のこと(なのだろう)。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2018年8月12日 (日)

鳥も騒がず、ナブラもわかず(^^;

直近最後の釣行は、7月16日。
久しぶりに、沖に出る。

8時15分、出航。
良ナギ。

2018081201【画像:上】
Tシャツ・短パン・サンダル。
頭には、手ぬぐい。
と、格好は真夏仕様。

が、立秋が8日。
雲は秋の雲で、吹いてくるのも秋の風。

今日の出竿は、こんな風景の見える海域。

ベイトの反応はあるが、鳥も騒がず、ナブラもわかず(^^;

【画像:下】
ルアーを追って20センチあるかないかのイエローテイル。
ブリの仔魚なのは間違いないが、こんな小さいのが、どうやって北上してきたのか。

画像の外に幼児虐待サイズ(^^;

12時15分、沖上がり。

| コメント (2) | トラックバック (0)

2018年8月11日 (土)

今夜のお宿はどこかいな(^o^)

里の天気と山の天気はリンクしない。
里は晴れ。
なのに、山にいてパラッとくるのはしばしば。
シトシトくるのもよくあること。
ザーッとくることも、時にはある。

山を歩いて雨に当たるのは仕方のないこと。
だが、里がすでに雨なら、わざわざ山には入らない。

自転車も同じ。
雨なら、雨雲を避けて。

Carry_bag輪行バッグを単行列車に乗せて。

朝がたは、道を濡らす雨。
北に向かうと雲から抜けた。

間もなく、日が沈む。
今夜のお宿はどこかいな(^o^)
(キハ150車内にて)

| コメント (0) | トラックバック (0)

2018年8月10日 (金)

『スポーツ科学入門』を読む

ヒトが、
速く
強く
健康に
なる方法論。

それが、19人の識者によって、解剖学的、生理学的、物理学的、栄養学的に語られる。

Photoこんな喫茶店で読み始め。

・遅筋(遅筋線維・赤筋)
 持久するが、収縮速度が遅く、
  発揮する力が小さい
 長距離走向き筋肉

・速筋(速筋線維・白筋)
 収縮速度が速く発揮する力も
 大きいが、持久しない、
 短距離走向き筋肉

個々人の持つ遅筋と速筋の割合は、
 遅筋 40~80%
 速筋 20~60%
と大きく違う。

筋肉自体を太く・強くすることはトレーニング次第だが、この遅筋と速筋の割合は年齢やトレーニングによって変わることはない。
だから、ヒトは生まれついた時から
 マラソンランナーになれるヒトとなれないヒト
 走り高跳び競技者になれるヒトとなれないヒト
が決められている。

遅筋と速筋の割合が50%・50%なら、バランスが取れて理想的かというと、さにあらず。
そんなのは、何者にもなれないただのヒト。

才能というのは、かたより。
不公平なもの。
スポーツにおいても、それは同じ。

本夕、読了。

sportとは、元々は〝気晴らし〟のこと、〝場を離れる〟こと。

ということなら、釣りもスポーツ。
かなァ、と思うのは、〝運〟に左右される部分が大きいからだろう。

ということなら、山歩きもスポーツ。
しかし、山歩きには競うものがない。
汗をかく旅行。

上で書いた、
sportとは、元々は〝気晴らし〟のこと、〝場を離れる〟こと。
こういうロジックを使ってはいけない。
いまいま現在のスポーツと、語源とは関係ない。

釣りも山歩きも健康的。
スポーツである。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2018年8月 5日 (日)

羊蹄を歩く 4

羊蹄山火口縁に至るルートは、
 ・喜茂別(比羅岡)
 ・京極
 ・真狩
 ・倶知安(ヒラフ)
の4つ。

喜茂別、京極、真狩と歩いたから、今日はヒラフルートで。

ザックにはシュラフとマット、昼・夕・翌日の朝の3食分、水を4リットル詰めた。
山で寝るつもり(^o^)

期待するのは、乾いた空気の山で見る夜空。
だから、山で寝るのなら月齢は重要チェック項目。
月齢22、下弦の月。
山で寝るには、最適の夜だ。

遅い月の出だから、晴れてくれさえすれば星空。

以下は、昨日のこと。

01【画像:1枚目】
途中、雨。
パラッときて、ガス。
再び、パラッときて、ガス。
みたび、パラッときて、ガス。
よたび、パラッときて、ガス。

登り詰めて至った火口縁にて。
高いところに雲。
霧雨。

富士山型火山の場合、火口縁グルッとひと回りを山頂と呼ぶ。
だから、ここは山頂。

とは言え、山頂標識は1本。
それに触れるには、火口をはさんだ向こう側に行かねばならぬ。

【画像:2枚目】
時計回りに火口縁を歩く。
〝お鉢(おはち)〟を半周して山頂標識へ。

最高点(1898メートル)にて。

やはり、高いところに雲。
霧雨。

02

【画像:3枚目】
山頂標識を背に岩稜帯を抜けた頃、視界が開けた。

画像左下。
あの小屋で寝る。
左に大きく巻き、右に方向を変えて小屋に近付く。

画像中央からやや右。
山肌が茶色に見えるのはニセコアンヌプリ。

この視界は30分ほどで閉じ、シトシト雨。

【画像:4枚目】
小屋でシュラフを広げる。

小屋に泊まったのは、茨城からの男女2人パーティ。
静岡からの男性ソロ。
私の4人。


以下は、今日のこと。

03_3【画像:5枚目】
朝の気温は4℃。

結局、朝までシトシト雨。
乾いた空気の山で見る夜空は得られず(^^;

小屋の屋根は、雨水を集められるようになっている。
軒端から落ちる雨だれも鍋で受ける。
ただし、これらの水は宿泊者には提供されない。

ここは避難小屋。
水・食事は、自分で背負っていかねばならない。

【画像:6枚目】
シトシト雨が、霧雨に変わったのを機に、ザックを背負って小屋を出た。

少し登り返して、下山ルートへ。
濡れた草を掻き分けて歩く。
腰から下は、ぐしょ濡れ。

04【画像:7枚目】
雲の下に出ると倶知安の町が見えた。

【画像:8枚目】
下り切って振り仰ぐも、裾までガスで山容は見えず。

ニセコ町に入って、やっと雲が中腹まで上がった。
さっきまで、あの雲の中にいたのだ。
手前はアスパラガス畑。

昨日、
山歩き時間、10時間00分。
15809歩。

全給水量は、
・1400CC

避難小屋で、
昼夕兼用として
 ・日本製粉 パスタソース ボロネーゼ
 ・日糧製パン 豆パン1個
 ・グリコ ビスコ小麦胚芽入り 5個

今日、
山歩き時間、3時間40分。
11541歩。

全給水量は、
・400CC

避難小屋で、
 ・リプトン レモンティー 1パック
 ・グリコ ビスコ小麦胚芽入り 5個

上から、
・昨日のGPSログ
・今日のGPSログ
・昨日と今日を合成したGPSログ

Gpslog04

Gpslog05_4

Gpslog05_6

| コメント (0) | トラックバック (0)

2018年8月 3日 (金)

『巻き貝はなぜらせん形か』を読む

ヒョウタンは、なぜ あんな形をしているのか。
サケ・マスのアブラビレは、なぜ あんな形をしているのか。

そのカタチがそのカタチであるには、理由がある(はず)。

Shape【画像:上】
ダブルクリップ。

 

矢印の方向に閉じる。
閉じた頂点の(紙をはさもうとする)力はゼロではない。

この力を発生させたまま、このカタチを作れるのが、私には たいそう不思議。

ダブルクリップの製造法を知りたい。

【画像:下】
こんな喫茶店で読み始め。

巻き貝のらせんが等角らせんとか対数らせんと呼ばれる幾何学形状であることが示される。

副題は、「かたち」を科学する。

『巻き貝はなぜらせん形か』だが、生物学の話はない。

うどん・そうめん・ひやむぎ・きしめん。
小麦粉と塩と水で製麺する。
違いは断面。
カタチが違うだけ。

みたいな話もない。

そのカタチがそのカタチになるには理由がある。
重力とか表面張力とか、もろもろの作用があって、そうなる

そのカタチがそのカタチである理由は本書の範囲外。
だから、『巻き貝はなぜらせん形』であるかの理由は、本書では分からない。

本夕、読了。

ダブルクリップの製造法も本書では分からない。

随分長いことダブルクリップを眺めていたら・・・
おォ、ダブルクリップの製造法が分かった(つもり)(^o^)

| コメント (6) | トラックバック (0)

« 2018年7月 | トップページ | 2018年9月 »