« でもって〝釣れそう〟な海域へと | トップページ | 『文明人の生活作法』を読む »

2018年7月16日 (月)

『決定版 日本水族館紀行』を読む

JALの機内誌は『SKYWARD』。
ANAの機内誌は『翼の王国』。

どちらもセンスに優れたヒトが編集しているようで、読みごたえ、見ごたえがある。
この2誌にJR北海道の車内誌『THE JR Hokkaido』を加えた3誌を、私は欠かさず継読している。

Aquarium_2【画像:上】
こんな喫茶店で読み始め。

本書は、『翼の王国』に連載されていたもののほかに、別途取材した何館かを加えて成書としたもの。
掲載されているのは63館。

機内誌に掲載されたものなので文章は平易、短め。
ビジュアル重視、写真は一級。
読む本ではない。
見る本。

本夕、読了。

【画像:下】
北海道で一番古い水族館は、市立室蘭水族館。
1953年の開館。

『決定版 日本水族館紀行』に掲載されている北海道の水族館は6施設。
市立室蘭水族館は掲載されていない。

貧果で上がった今日、その市立室蘭水族館へ。

円筒水槽にいるのはアブラコ・ソイ・マツカワ・アメマスなど、KON-chan号進出海域に棲息するサカナばかり。
水族館でサカナをいくら観察しても釣り上手にはなれない(^^;

« でもって〝釣れそう〟な海域へと | トップページ | 『文明人の生活作法』を読む »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/48442/66944334

この記事へのトラックバック一覧です: 『決定版 日本水族館紀行』を読む:

« でもって〝釣れそう〟な海域へと | トップページ | 『文明人の生活作法』を読む »