« 『語源をさぐる』を読む | トップページ | 『景観写真論ノート』を読む »

2018年5月20日 (日)

春山を歩く 3

一昨日、昨日と寒かった。
しかし、今日は、好天、暖かくなる予報。
ただし、沖に出られる風ではない。
北西風強い。

登り:西尾根コース
下り:水元沢コース

18052001【画像:1枚目】
風が汗を飛ばしてくれるのだが、汗の出はそれ以上。

体が重く、脚が動かない(^^;
西尾根825メートルピークまでも行けそうな気がしない。

気がしないが、
タチツボスミレ
エンレイソウ
キアゲハ
ルリシジミ
スジグロシロチョウ
ウグイス
キジバト
にひかれて上へ上へと。

高度を620メートルまで上げると、シラネアオイの群生。

画像左下、室蘭港。
奥に見えるのは駒ヶ岳。

【画像:2枚目】
山頂にて。

ここに至るまでに雪を踏んだのは4歩のみ。

山頂の芽吹きはまだ。
山頂寒暖計は18℃。

18052002_2【画像:3枚目】
水元沢への東斜面でも雪を踏むが、11歩。

カムイヌプリから下りてきたのだろう。
先行者が、倒木のアーチをくぐる。

【画像:4枚目】
滑滝にて。

18052003_2

【画像:5枚目】
瀬に向かって咲くのは、エゾオオサクラソウ。

理由は分からないが、室蘭岳では、この花を見られるのは水元沢ルートでだけ。

【画像:6枚目】
新緑の中を歩く。
カーブミラーに映るのも新緑。

山歩き時間4時間00分。
18533歩。

全給水量は、
 ・400CC

Gps1

« 『語源をさぐる』を読む | トップページ | 『景観写真論ノート』を読む »

コメント

こんにちは。
山も花真っ盛りの季節ですね。
厚い夏よりも、今が最高の季節。
登る人も多い事でしょう。

投稿: きーさん | 2018年5月21日 (月) 08:46

こんばんは

見事なシラネアオイの群落、山では今が旬なのでしょうね。札幌の植物園辺りだと、GW過ぎくらいにピークを迎えますし、道南の標高の低い山も似たような感じです。

投稿: Hiroshi | 2018年5月21日 (月) 19:54

きーさん、こんにちは

花を見、鳥の声を聞きながら山歩きを楽しめる季節になりました。
3つのルート、それぞれ咲く花が違います。
ヒュッテすぐ横の水の流れのサンショウウオの卵塊の中に、小さな姿が見えてきました。
土も乾いて泥もなく、歩きやすいです。

沖もいいですが、山もいいですよォ。
ということで、沖でも山でもお会いしましょう。

投稿: KON-chan | 2018年5月21日 (月) 22:23

Hiroshiさん、こんにちは

西別川では好釣だったご様子、何よりです。

シラネアオイは高い山では見えません。
チングルマはその逆です。
植物それぞれに、適度な気温と適度な日照時間というものがあるのでしょう。

山を歩き始めた頃はヒーハーヒーハーと下ばかり向いて歩いていたので気が付かなかったのですが、この頃は目線が上がって先を見て歩けるようになりました。
今時期は、尾根に沿ってポツラポツラとシラネアオイが見えるんです。
群生よりも、遠くから見えるこのポツラポツラがいいですね。

ここからさらに高度を200m上げると、ツバメオモトの群生地があります。
こちらはまだまだで、今の気温が続いても開花は10日以上先でしょう。
昨年はシラネアオイとツバメオモトが同時だったのですが、今年との差が何によるものなのか知りたいところです。

サカナも分かりませんが、植物の世界も分かりません(^^;

投稿: KON-chan | 2018年5月21日 (月) 22:25

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/48442/66694255

この記事へのトラックバック一覧です: 春山を歩く 3:

« 『語源をさぐる』を読む | トップページ | 『景観写真論ノート』を読む »