« 天気予報はアタったが、狙い魚はアタらず | トップページ | タモを二つ組んだ »

2018年5月 8日 (火)

『いとも優雅な意地悪の教本』を読む

著者は、『桃尻語訳 枕草子』、『窯変 源氏物語』の橋本治。
筆が立つと言うか弁が立つと言うか、頭のいいヒト。

Spiteこんな喫茶店で読み始め。

子供の〝意地悪〟、大人げない〝意地悪〟。
そんな見え見えの〝意地悪〟の話ではない。
他人が(無意識に)言うこと書くことやることを分析、ニヤニヤする話。

知識とそれを使いこなす知性がなければ、それが〝意地悪〟なのに気が付かない。
著者は出し惜しみすることなく、古今の作家の文章、映画のシーン、歌舞伎の一幕等々の知識を見せる。
それらは重箱の隅つつきとは言わないが、自論に持ち込むためのいいとこ取り、我田引水、揚げ足取り。
なのだが、著者は大変優秀。
ああ言えばこう言う的な理屈をこねていることを、著者自身、十分に知った上で話を進める。

読後は、その知力、頭の回し方に、すっかり押し出されてしまった気分になるヒトが多いだろう。
世のその他大勢の一人である私も、ンな気分。
愉快な気分ではないが、頭のいいヒトにはかなわないなァと納得できる気分ではある。

本夕、読了。

帯に書かれた〝上質な意地悪が足りなかったから、日本人は下品になった。〟は、本書の内容と全然違う大ウソ。
もちろん、著者の考えとも違う。

だけど、こうして大きく表示する。
これこそが、〝いとも優雅な意地悪〟。

« 天気予報はアタったが、狙い魚はアタらず | トップページ | タモを二つ組んだ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/48442/66605548

この記事へのトラックバック一覧です: 『いとも優雅な意地悪の教本』を読む:

« 天気予報はアタったが、狙い魚はアタらず | トップページ | タモを二つ組んだ »