« 『「日本の神様」がよくわかる本』を読む | トップページ | サンクス、Sea Dragon »

2018年3月 3日 (土)

冬山を歩く 14

2月。
沖に出ていける海況だった週末は、1回だけ。

3月。
始まりは荒天。
1日は雪の付いた東からの強風。
2日はそれが南から西へと回って、前日にも増す強風。

今日。
西からの風が強い。
と言っても、釣師基準で言うところの〝強い風〟。
冬の山なら 並みの風だ。

沖には出て行けない。
しかし、山は歩ける。

スダレの滝往復。

01【画像:上】
だんパラスキー場のリフト乗り場では、搬器の掘り出し作業中。

里は大した積雪ではなかったが、山は随分と積もった。
4、50センチは増えただろう。

いつもは入山口から遠い駐車場に車を入れるのだが、まだ除雪されてなく、それはかなわず。
スキー場ロッジに近いところに車を入れた。

【画像:下】
画像奥がスダレの滝。

ペトトル川にオーバーハングしているガケからしたたる水が凍る。

わずかしか歩いていないのだが、ここでザックをおろし、雪を沸かしてコーヒーを淹れた(^o^)

にしても、こういう写真を掲載するってのが〝いかにも〟で、その感覚が この上もなくイモ(^^;

Gpslog_2

山歩き時間1時間00分。
6565歩。

全給水量は、
 ・150CC

スダレの滝で、
 ・可否茶館 ブルーマウンテン№1 1ドリップ

« 『「日本の神様」がよくわかる本』を読む | トップページ | サンクス、Sea Dragon »

コメント

イヤイヤ、コンチャンならこの写真もokでしょう(^^)d

投稿: 夫婦釣り | 2018年3月 3日 (土) 17:21

夫婦釣りさん、こんにちは

スモークトラウト、短時間で作れるんですねェ。
私もやってみよっと。
って、今シーズン、私は原材料にまだ出会っていません(^^;

インターネットの世界って、こうなんですよね。
ダレでもフォトグラファー。
見せるイモ。
語るイモ。
私は両方。
だから、イモイモです(^^;

S・D号、明日、沖に出るなんてことはないですよね。

投稿: KON-chan | 2018年3月 3日 (土) 17:45

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/48442/66455228

この記事へのトラックバック一覧です: 冬山を歩く 14:

« 『「日本の神様」がよくわかる本』を読む | トップページ | サンクス、Sea Dragon »