« 水深ゼロメートルの釣り | トップページ | 解除されているが、ボーズ(^^; »

2018年3月18日 (日)

冬山を歩く 16

昨日と変わらない風・波予報。
出て出られないことはないのだが、昨日が昨日だったから(^^;

よってもって、山へ。

 登り:水元沢コース
 下り:西尾根コース

10日の逆回り。

厳冬期仕様だった山装束から1枚脱いだ。
春秋装束に、プラス防風ジャケット。
イン・アウト2重仕様だった手袋も、1枚モノに変えた。

01【画像:1枚目】
朝早くに入山したソロ登山者がいたようで、アイゼン跡が見える。

スノーシューを背負ってきているが、締まった雪で沈まない。
私もアイゼンで。

700メートルから上は、カリカリ雪。
氷化した雪を、アイゼンの爪の噛む音が頼もしい。

この斜面を上り詰めれば山頂。
無雪期はササの濃い斜面。
その斜面を斜めに登れば脚への負担が減るのだが、直登(^o^)

【画像:2枚目】
室蘭岳山頂にて。

山頂寒暖計は氷点下1℃。

晴れの予報だったが、ハズレ。
一瞬の日差しもなし。

03【画像:3枚目】
山頂から、来し方を振り返る。
画像中央に見えるコブの裏から、高度を上げてきた。

画像奥は、太平洋。
あの水平線の向こうがサクラマス海域。
風・波は西から東。
つまり、右から左。
だから、海岸寄せる波は穏やか。
昨日は、これにだまされた。
マス海域は、右から左への深い波だった(^^;

【画像:4枚目】
樹氷はほとんど見られない。
この枝をくぐって西尾根へ。

04

【画像:5枚目】
西尾根から見る室蘭港。

本船の汽笛が聞こえた。
長音一発。

【画像:6枚目】
ペトトル川の源流をひとまたぎ。

山歩き時間4時間00分。
16006歩。

飲食なし。

Gpslog

« 水深ゼロメートルの釣り | トップページ | 解除されているが、ボーズ(^^; »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/48442/66437377

この記事へのトラックバック一覧です: 冬山を歩く 16:

« 水深ゼロメートルの釣り | トップページ | 解除されているが、ボーズ(^^; »