« 本日、ボーズ(^^; | トップページ | 評価は、『スゲ-なァ』 »

2018年3月31日 (土)

雪山を歩く 1

気温は高く、空は青。
沖に出て出られないこともなさそうで、あんな艇やこんな艇は出たンだろうが・・・

山へ。

 登り:水元沢コース
 下り:西尾根コース

18033101【画像:1枚目】
山に、もう雪は降らないだろう。
ということで、表題を、『冬山を歩く』から『雪山を歩く』に変えた。

腐ったザクザク雪で、大変に歩きにくい。
雪でおおわれていても、植物の生活熱のせいなのか地面上の枯葉の腐食熱のせいなのか、雪中に空洞ができている。
踏み抜くと太ももまで埋まるが、その場所を予測できない。
足の踏み出しを慎重に慎重に。
ではあるが、踏み抜き、6回(^^;

滑滝にて。
滝も壺も開いた。

この左の急斜面を登って、谷から尾根に出る。

【画像:2枚目】
596メートルコルにて。

室蘭岳山頂は、このコブをかわした向こう側。
ここから、300メートルちょっと高度を稼ぐ。

18033102【画像:3枚目】
室蘭岳山頂にて。

山頂寒暖計は5℃。

「室蘭山岳救助隊」のザックカバーが見える。
室蘭山岳会のスキーツアーパーティだろう。

【画像:4枚目】
山頂から見る室蘭港。
モヤって眺望が悪い。

18033103_2

【画像:5枚目】
山頂より見る西尾根825メートルピーク。

画像奥は噴火湾なのだが、モヤで海が分からない。

【画像:6枚目】
ペトトル川の源流をひとまたぎしたあと、2万5千分1地形図の等高線を3本登り返す。

樹間に白鳥ヒュッテの赤い屋根が見えてきた。

山歩き時間4時間30分。
20391歩。

飲食なし。

Gpslog

« 本日、ボーズ(^^; | トップページ | 評価は、『スゲ-なァ』 »

コメント

私のような、ど、ど、ど素人は、後ひと月は待たなくてはなりません。これから、雪解け速度も加速するでしょうから楽しみです。

投稿: きーさん | 2018年3月31日 (土) 19:47

きーさん、こんにちは

私も、ど素人です。
いつもソロですから、誰かに山の歩き方を教わったことがありません。

今時期の雪はとても歩きづらく、ズボっと埋まること6回。
内1回は脚を抜くのに、素手で自分の脚を掘り出しました(^^;
低山の室蘭岳ですが、5月の初めまで雪が残り、それまでのこれから先は靴を泥だらけにして歩かなくてはなりません。

花の季節が待ち遠しいですね。

山から下りて、船を係留してきました。
明日は、沖です(^o^)

投稿: KON-chan | 2018年3月31日 (土) 20:09

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/48442/66528161

この記事へのトラックバック一覧です: 雪山を歩く 1:

« 本日、ボーズ(^^; | トップページ | 評価は、『スゲ-なァ』 »