« 『魚影の群れ』を読む | トップページ | 冬山を歩く 12 »

2018年2月17日 (土)

冬山を歩く 11

午前中にも風が強くなる予報。
我が小船で沖に出ていける予報ではない。

山へ。

 登り:冬コース
 下り:冬コース

18021701【画像:1枚目】
冬コースは、樹林帯を抜けると大きく広がる雪原。
目印になるものがないから、雲が低かったり吹雪かれたりすると、向かう方向を失いがち。
その対応にバックカントリースキーヤーが設置してくれたのだろう、山頂間近にデポ旗が3つ。
その延長線上が山頂。

3つあるうちの一番下のデポ旗は雪に埋まっていたので、掘り出して打ち直しておいた(^o^)

雲底低く、800メートルから上は雲中登山。

風は左から右。
左が西。
強風。
上から横から吹雪。
下から地吹雪。

【画像:2枚目】
山頂にて。

先日 来た時には、山頂寒暖計が堅い雪の下に埋まっていた。
で、今日、新しい寒暖計を1本持って上がり山頂鐘の支柱に仮設。

仮設山頂寒暖計は、氷点下8℃。

18021702【画像:3枚目】
西尾根を下山しようと行きかけるが、視界はホワイトアウト寸前。

最短ルートの冬コースに戻った。

降雪多く、加えて地を払う風が強い。
ついさっきの自分の登りのトレース(足跡)が もう消えている。

【画像:4枚目】
樹林帯に入って以降は視界も得られ、粉雪を踏んで快適に高度を落とす。

白鳥ヒュッテが見えてきた。

山歩き時間2時間30分。

10427歩。

Gpslog_3

飲食なし。

« 『魚影の群れ』を読む | トップページ | 冬山を歩く 12 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/48442/66403580

この記事へのトラックバック一覧です: 冬山を歩く 11:

« 『魚影の群れ』を読む | トップページ | 冬山を歩く 12 »