« 『生存者の沈黙』を読む | トップページ | 冬山を歩く 9 »

2018年1月27日 (土)

冬山を歩く 8

連日の真冬日。
今日も真冬日。
加えて北西風強くシケ。
山へ。

 登り:西尾根コース
 下り:冬道コース

01【画像:1枚目】
冷えた日が続いたので、雪はクラスト(氷化)しているだろう。
アイゼンの爪を氷雪に刺して歩を進める山歩きを期待したが、深く柔らかい雪。

ツボ足だと、膝まで埋まる。
スノーシューを付けて歩いた。

左から右へ横に吹雪。

西尾根825メートルピークにて。
雪庇が成長した。

山頂はガスの向こう。

【画像:2枚目】
825メートルピークを過ぎたあたりから雪が止み、雲も薄くなってきた。

この樹氷の枝をくぐれば間もなく山頂。

【画像:3枚目】
室蘭岳山頂にて。

山頂看板を掘り出そうとした登山者がいたようだ。
しかし、ザックにくくり付けて持ってこれるようなスコップでは、そんな作業はとても無理。
このあたりの雪は締まって堅い。

山頂寒暖計は氷点下6℃。

風は強いが意外と暖かいので、ここでバーナーに点火。
新雪を沸かしてコーヒーを淹れた(^o^)

02【画像:4枚目】
山頂から、来し方を振り返る。

左のずっと下から、右へと高度を上げ、825メートルピークで直角にこちら側に向きを変え尾根を踏んでここに来た(^o^)

画像向こうの青は噴火湾。

【画像:5枚目】
体を180°回し、噴火湾を背にすると、カムイヌプリ。

画像向こうの青は胆振沖太平洋。

【画像:6枚目】
冬コースを下りた。

白鳥ヒュッテに日差し。

山歩き時間3時間10分。
12226歩。

全給水量は、
 ・150CC

室蘭岳山頂で、
 ・小川珈琲店 プレミアムブレンド 1ドリップ

Gpslog

« 『生存者の沈黙』を読む | トップページ | 冬山を歩く 9 »

コメント

こんばんわ。
山頂の鐘は鳴りますかね―。
相当太くなっているようですが?。
六甲山のように室蘭岳にもライブカメラが
欲しいと常々思います・・・。
山頂からの夜景、さぞかし奇麗でしょうね。

しかしまあ、足跡を見ると、結構登る方が
居るんですね―。
恐れ入谷です。

投稿: きーさん | 2018年1月27日 (土) 21:01

きーさん、こんにちは

鐘は鳴ります。
鐘に直接さわれるほどに雪が積もりました。
里には雪がないのに、800mから上は別世界です。

春夏秋と山はとてもいいですが、冬の山は春夏秋とはまるで違った良さがあります。

白くて、白くて、白くて。

室蘭岳の南斜面は、スキー・ボードのバックカントリーゲレンデ。
東斜面は、だんパラスキー場まで滑りおりれないので登り返しが大変。
それでも何本か樹林帯までのスキーのトラックが見えます。
随分あがって来ているようです。

測量山からの夜景もなかなかのもんですから、室蘭岳からならさぞやでしょうね。

投稿: KON-chan | 2018年1月27日 (土) 23:42

追伸。

GPSログを掲載しました。
西尾根825mピークからさらにあがって、電波反射板の上を巻いて歩きました。
雪がないと、ちょっと歩けないルートです。

投稿: KON-chan | 2018年1月27日 (土) 23:49

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/48442/66259501

この記事へのトラックバック一覧です: 冬山を歩く 8:

« 『生存者の沈黙』を読む | トップページ | 冬山を歩く 9 »