« 2017年12月 | トップページ | 2018年2月 »

2018年1月

2018年1月28日 (日)

冬山を歩く 9

北西の風強く、我が小船では沖に出られない。
山へ。

 登り:西尾根コース
 下り:水元沢コース

01【画像:1枚目】
雲は厚いが、高いところにあって山にガスっ気はない。

新しい雪が積もった。
それが強風で舞い上がり、地吹雪。

強風で揺れるこの樹氷の枝をくぐって左に回ると、まもなく山頂。

【画像:2枚目】
室蘭岳山頂にて。

雪庇の右に、大きな山頂看板が雪に埋まっている。

山頂寒暖計は氷点下7℃。
この寒暖計、誤表示しているようだ。
もっと低いはず。
凍らないようにと、飲み口を下にして持ち歩いていたペットボトルの水がほとんど凍結。
ほんの50CCばかり口にできただけ(^^;

02_3【画像:3枚目】
水元沢コースは、ノートレース。
スノーシューを履いているが、スネまで沈む柔らかく深い雪。

最後から2番目の渡渉点付近。
このあたりまでくると、風の吹き方によっては、だんパラスキー場のゲレンデミュージックが聞こえてくる。

このあと、200メートル近く高度を戻さなければならない登り返しがある。

【画像:4枚目】
だんパラスキー場。
スキー・ボード学校が開校。
講習の様子が左手に見える頃、登り返しの残りはわずか。

Gpslog

山歩き時間5時間30分。
16716歩。

全給水量は、
 ・50CC
596メートルコルで、
 ・日糧製パン ラブラブサンド 濃厚キャラメル 1/2袋
  これも半凍結状態。
  体が火照っているせいか、これが悪くない(^o^)

| コメント (0) | トラックバック (0)

2018年1月27日 (土)

冬山を歩く 8

連日の真冬日。
今日も真冬日。
加えて北西風強くシケ。
山へ。

 登り:西尾根コース
 下り:冬道コース

01【画像:1枚目】
冷えた日が続いたので、雪はクラスト(氷化)しているだろう。
アイゼンの爪を氷雪に刺して歩を進める山歩きを期待したが、深く柔らかい雪。

ツボ足だと、膝まで埋まる。
スノーシューを付けて歩いた。

左から右へ横に吹雪。

西尾根825メートルピークにて。
雪庇が成長した。

山頂はガスの向こう。

【画像:2枚目】
825メートルピークを過ぎたあたりから雪が止み、雲も薄くなってきた。

この樹氷の枝をくぐれば間もなく山頂。

【画像:3枚目】
室蘭岳山頂にて。

山頂看板を掘り出そうとした登山者がいたようだ。
しかし、ザックにくくり付けて持ってこれるようなスコップでは、そんな作業はとても無理。
このあたりの雪は締まって堅い。

山頂寒暖計は氷点下6℃。

風は強いが意外と暖かいので、ここでバーナーに点火。
新雪を沸かしてコーヒーを淹れた(^o^)

02【画像:4枚目】
山頂から、来し方を振り返る。

左のずっと下から、右へと高度を上げ、825メートルピークで直角にこちら側に向きを変え尾根を踏んでここに来た(^o^)

画像向こうの青は噴火湾。

【画像:5枚目】
体を180°回し、噴火湾を背にすると、カムイヌプリ。

画像向こうの青は胆振沖太平洋。

【画像:6枚目】
冬コースを下りた。

白鳥ヒュッテに日差し。

山歩き時間3時間10分。
12226歩。

全給水量は、
 ・150CC

室蘭岳山頂で、
 ・小川珈琲店 プレミアムブレンド 1ドリップ

Gpslog

| コメント (3) | トラックバック (0)

2018年1月25日 (木)

『生存者の沈黙』を読む

船体に大きく白地に赤十字が描かれているのは病院船。
船体に大きく緑地に白十字が描かれているのは安導船。(注)

目の前を航行しているのが交戦国船籍の船舶であっても、それが病院船・安導船なら攻撃しない。

Awamaru_2こんな喫茶店で、読み始め。

帝国敗戦の年 、'45年のこと。
3月末から4月にかけて、外務省高官・外交官、大東亜省高官、商社員、民間会社技術者及びその家族ら約2千人を乗せて、シンガポールから門司港に向け航海中だったのが安導船の阿波丸(12000トン)。

阿波丸の門司入港予定日は4月4日。
しかし、その前、4月1日の深夜に阿波丸は台湾海峡で米国潜水艦に撃沈される。

スイスを通じて米国に抗議した帝国に対し、7月、米国は自国の潜水艦が安導船の阿波丸を撃沈したことを認め、遺憾の意と遺族への同情の意を表明するとともに、賠償に応じ、当該潜水艦長を処罰する旨を通達する。

以上は、史実。

阿波丸の門司入港予定日の前夜の門司港岩壁。
阿波丸が明日 門司港には現れないだろうと考えている二人が偶然出会う。
出会う二人とは、
単身赴任先から東京への帰任のため阿波丸に乗船している外交官の夫を、東京から出迎えに来た外交官夫人。
それと、阿波丸の帰国の取材のために、やはり東京から出張していた新聞記者。

この二人が、7年にわたり、
・安導船の阿波丸が米国潜水艦に攻撃された理由
・日本政府が賠償請求権を放棄する理由
を、探っていく。

推理小説仕立て。
で、恋愛小説仕立て。

本夕、読了。

本書の題名は『生存者の沈黙』。
副題が『悲劇の緑十字船 阿波丸の遭難』。

本書は、昨年12月発行の初版本。
重版本では、副題が、『悲劇の〝緑〟十字船 阿波丸の遭難』から『悲劇の〝白〟十字船 阿波丸の遭難』に変更されていなければならない。

白十字の内側に緑十字を配した労働安全旗からの連想だと思われるが、安導船標識を〝緑十字〟だと書いてある資料がほとんど。
本書しかり、Wikipediaしかり。

安導権標識は、緑地に白十字。
白地に赤十字を〝赤十字〟と呼ぶのなら、緑地に白十字は〝白十字〟と呼ばなくてはならない。

題名の言う沈黙する生存者とは、阿波丸を撃沈した米国潜水艦が救助した阿波丸のコック長のこと。
阿波丸乗船2千余名中の、ただ一人の生存者である。
これは史実。

(注)
安導船とは、戦争海域でも攻撃を受けることなく航行できる船のこと。
外交官の交換、捕虜・抑留民間人への慰問物資の輸送などを行う。
安全航海できる権利を安導権、権利のあることの証明及び当該船が権利船として守らねばならないことを記した証書が安導券。

守らなければならないこととは、緑地に白十字・寄港地・航路・速力・夜間照明など。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2018年1月21日 (日)

『楽譜の風景』を読む

ヒトの起源は何百万年も前。
その何百万年も前のヒトの持っていた五感は、現代人より鋭かったのか どうだったのか。

何百万年も前と言わず、5千年前、1万年前のヒトなら その持っていた五感は、現代人より敏感だったに違いない。

Scoreこんな喫茶店で読み始め。

ヒトに聞かせるレベルにまで楽器を鳴らせるようになるには、反復かつ長時間の訓練が必要。
何より、〝才能〟が必要。

なのに、指揮者は譜面をチョコチョコっと勉強して、長い訓練を経てスキルを獲得した楽団員の前に立って棒を振り、聴衆から一番 喝采を浴び、一番多くギャラをもらう。
だが、・・・
と、著者は書く。

楽譜を解釈し、楽団員にそれを奏でさせるのが指揮者の仕事。
指揮者自身の練習は、楽譜を前にして頭の中で演奏を繰り返すこと。
頭の中で本当に音を鳴らすことを繰り返し、曲想を高めていくのは苦しく辛いことだ、と。

暗譜して、指揮台には楽譜を持ち込まない指揮者がいる。
最初にそれをやったのは、目の衰えた指揮者。

今それをやっている指揮者は、それがカッコいいからというのが理由。
同じ理由で、著者も暗譜。

暗譜に失敗。
残り百何十小節というところで、演奏を止めてしまうという とんでもなくカッコ悪い事態に陥ったことも。

本夕、読了。

音楽の解釈は、個人の感じ方。

ゴーストライターの作った曲を、〝魂の交響曲〟だとか〝未来への予感をはらんだ交響曲〟などと賞賛して実にカッコ悪いことになった現役作曲家・作家がいた。

音楽の解釈は、個人の感じ方。
5千年前、1万年前の聴覚を持つヒトなら だまされなかった・・・とは言えないだろう(^^;

| コメント (2) | トラックバック (0)

2018年1月20日 (土)

1時間の釣り

昨夕は、登別温泉で新年会。

朝飯をライムゼリーでしめて、満腹(^o^)
登別温泉は谷にあるから、風穏やか。
ネットで見る岬の風も穏やか。

10時40分、出航。
良ナギ。

20180120_2【画像:上】
マス海域での出竿許可は正午まで。
なので、航海時間20分で船を止めた。

きょうの出竿は、こんな風景の見える海域。

沖根。

【画像:下】
根からの反応は良く、インチクが底から10メートルまで沈むと魚信。

7投7尾(^o^)

マゾイとシマゾイに良型がきた。

間もなく、雲がおりてきて、ガス。

11時40分、沖上がり。
1時間の釣り。

| コメント (6) | トラックバック (0)

2018年1月16日 (火)

『山の霊異記』を読む

著者はサラリーマンを続けながら、文筆活動を行っているヒト。

Wonderこんな飯屋で読み始め。

短いものは3ページ、長いものでも20ページない、そんな短編が28編。

著者は登山経験豊富。

28編全ての舞台が山。

著者は、怪奇・ホラー作家と呼ばれているようだが、本書におさめられているものに限れば、読中・読後に、気味が悪いとか、怖いとか、背筋が凍るとか、不思議という感情を引き起こすようなことはない。
居酒屋ででもするような与太話のたぐい。

ソロ歩きでの出来事をテーマにした文章が多い。
せいぜい二人連れ。

山では、心拍数を上げ、筋肉を伸縮させ、汗をかかなければ頂に立てないことはもちろん、帰ってくることもできない。
日のある時間帯を、考えていた通りの行程で歩けているうちは気持ちのいいこと この上ない山歩きも、沈む夕日と競争しなければならなくなった時の不安と言ったら、もォ(^^;

濃いガスの中
ひとり寝のテントの中
時季外れの山小屋
下山後の温泉宿
吹雪の山中

聞こえているのは自分の血流音なのか、それとも・・・(^^;
見えているのはケルンの影なのか、それとも・・・(^^;

私自身にも経験があるような ないような、どこかで誰かから聞いたことがあるような ないような・・・

本夕、読了。

小さな脳しか持たないサカナを掛けては喜んでいる釣師というのは、ちっともオトナじゃない(^^;
同じく、岩の傾斜を登り下りしては喜んでいる登山者というのも、ちっともオトナじゃない(^^;

オトナじゃないのだから、オトナじゃない感性を持っている。
だから、
釣師は釣り場で、見えない水中を見ようと思う。
登山者は山のガスの中で、聞こえない音を聞こうと思う。

釣師は見たくないものを見ることはない。
ところが、登山者には見たくもないものが見え、聞きたくもない音が聞こえてくることがある・・・

本書に書かれているのは、そんな話。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2018年1月14日 (日)

〝カッコいい〟サカナ・〝カッコわりィ〟サカナ(^^;

東の空に、あと2日で新月になる細い月。
南の空に、火星の赤と木星の黄が並んで光る。

快晴。

今日の日出は、7時03分。
6時30分、出航。

011401【画像:上】
きょうの出竿は、こんな風景の見える海域。

昨日、出竿したのと同じ海域。
サクラマス海域。

当該海域到着時は、白波はなかったのだが・・・

【画像:中】
間もなく、こんな海況に(^^;
(撮影は終日(ひねもす)船長

35メートルから50メートルの間に毛鈎を泳がす。(注)
狙っているのは〝カッコいい〟サカナのサクラマス。

が、マス毛鈎に掛かるのは、浮いてきたサバとソウハチ。
サバも大きければ〝カッコいい〟のだが、小さい。

【画像:下】
カタのいいソウハチだけキープした。
〝カッコわりィ〟サカナ(^^;

マスはアタラず(^^;

11時30分、沖上がり。

(注)
あとで、分かったのだがこのタナでは深すぎた。
マス大漁艇長によると、今日の好釣タナは25メートルだったと。

| コメント (2) | トラックバック (0)

2018年1月13日 (土)

〝カッコいい〟釣り・〝カッコわりィ〟釣り(^^;

いいことだ。
休日が穏やかに明けていくのは、いいことだ(^o^)

なのに、波の読み違い(^^;
昨夕、船を下架・係留していない。
今朝、マリーナの営業開始を待って、給油、出航。

9時00分、出航。

180113_2【画像:上】
私の周りの釣りスタイルが変わってきた。

 ・スポーティに
 ・ファッショナブルに
  ・頭脳的に
 ・テクニカルに

要するに、〝カッコいい〟釣りをするヒトが多くなった。

 ・鼻水たらし
 ・手をウロコだらけにし
 ・生エサを使い
 ・水揚げドッサリ

なんて釣りから変わってきた。

50メートルだろうが80メートルだろうが、電動リールでジィージィーなんてのは〝カッコわるゥ〟。
サビキでズラズラなんてのも〝カッコわりィ〟。

きょうの出竿は、こんな風景の見える海域。

21分・110メートル、サクラマス海域。

【画像:下】
でも、私のやったのは、

 ・サカナのヌルが白くこびり付いた防寒着で
 ・鼻水たらしながら
 ・700グラムのバケで沈めた毛鈎サビキで
  ・タナの根拠もなく電動リールでジィージィー

〝カッコわりィ〟釣り(^^;

底には、スケソ・ソウハチ・サバ。
リリース。

結局、マスのアタリはなし(^^;

帰港途中、根で3投・3尾。
小さい。

| コメント (2) | トラックバック (0)

2018年1月10日 (水)

『なぜ中国人は財布を持たないのか』を読む

中国がIT(スマホ)決済最先進国となる それ以前、ほんの数年前のこと。
中国人は財布を持たなかった。
財布はポケット。
だから、中国でピン札を見ることは難しい。
手にするのは、使い込まれて醤油で煮染めた色になりかけ、マイクロファイバーのメガネ拭き並みに柔らかくなった紙幣ばかり。

紙幣決済時代の中国人は財布を持たなかった。
今、IT決済時代の中国人は財布を持つ理由がなくなった。

Chineseこんな喫茶店で読み始め。

著者は中国の大学への留学経験のあるフリージャーナリスト。

現代中国は、時系列を振り返ってそれに沿って現象を考えることができる速度より、はるかに動きが速い。
例えば、自動車販売台数で世界一だった米国を中国が抜いたのは'09年。
今現在、中国における自動車販売台数は米国の1.6倍。(注)
といった速度感。

中国では、すでに、日本経済の発展や社会インフラの発展をモデルとして横目でも見ていない。
すでに世にあるものは、中国においても ただちに獲得可能で、そこに行き着くのに段階が必要だとは考えていない。
そして、それは正しく、リープフロッグ(一足飛び)。

本著者も、ああだった、こうだったのような振り返りはしない。
本書は、〝財布を持たない〟ということに象徴される現代中国の世相レポート。

たった今の中国の、現場・現物・現実が書かれている。
現場・現物・現実が書かれているのだが、現場・現物・現実それだけ。
分析・解析らしい著述はない。
リープフロッグによる現場・現物・現実なのだから、振り返る時系列がないとも言えるし、分析・解析のしようがないとも言える。

だからなのだが、私でも本書の内容を理解できる。
だからなのだが、私でも読後にもの足りなさを感じる(^^;

本夕、読了。

日本の最高額紙幣は10000円。
中国の最高額紙幣は   100圓(元)。
この下に、50・20・10・5・1圓(元)紙幣が発行されている。

1元が17円くらいのレートだから、10000円は580元くらい。
中国に入国して、当座使い用にと10000円を元に両替すると、最低でも100元札5枚と50元札1枚の6枚の札が渡されるから、こちら側の財布は大きくふくれることになる。

本書では、100元が1000円くらいの感覚だと書いてあるが、私の実感だと、100元で3000円から7000円くらいの使いでがある。

アメリカンドリームを言われた時代が長く続いた。
チャイナドリームを言う時代も、長く続くだろう。

(注)
自動車販売台数で、中国が世界一の米国を抜いたのが'09年と書いたが、同じ年、生産台数でも当時世界一だった日本を抜いている。
今、その生産台数は日本の3倍を超える。

| コメント (2) | トラックバック (0)

2018年1月 8日 (月)

インスタ映えのしないサカナ(^^;

アユだとかサケだとかのように、時期のあるサカナを狙う釣師にはシーズンオフがある。
KON-chan号進出海域、魚種や大きい小さいを言わなければ、オールシーズン、何かしらが掛かる。
だから、その気になれば年がら年中、竿を出すことができる(^o^)
で、オイラ、その気になっている年がら年中釣師(^^;

早朝、ライブカメラで見る工場の排煙は真横。
沖に出られそうもない風。

今日も山の気分。

ところが、ライブカメラでマリーナのポンツーンをズームアップすると、隣のバースに係留していたはずのS・D号が見えない。
沖に出たのかと、S・D船長に電話。
『3日に上架しました』

20180108【画像:上】
絵鞆に来てみると、工場の排煙が起き上がり微風。
絵鞆の展望台から見る外海はナギ。

9時20分、出航。

根に、インチクを入れるもスカ(^^;

そこへ、
『 崎守沖48メートルで昨日 大漁』
とのI佐長からの電話。
サンクス。

今日の出竿は、こんな風景の見える海域。

【画像:下】
スケソ、今風に言えば、インスタ映えのしないサカナ(^^;

このサカナ、産卵期前はオス・メスの棲み分けがはっきりしていて、メス49尾にオス1尾みたいな感じで掛かったりする。
しかし、そろそろ産卵期のようでオス・メス混棲。

いくらでも掛かる。
が、これで竿をおさめた。

何ということ(^^;
タラコはわずか3腹。

残りすべてオス(^^;

| コメント (2) | トラックバック (0)

2018年1月 7日 (日)

冬山を歩く 7

北西風強く、沖には出られない。
山へ。

 登り:水元沢コース
 下り:冬道コース

冬、山を歩く。
山は冬が一番だと思う。

18010701【画像:1枚目】
山に新しい雪が20センチほど。

スノーシューを履いているのだが、その雪に沈み歩きづらい。

【画像:2枚目】
間もなく山頂。
風が強く、雲が下りてきて、ガスってきた。

18010702【画像:3枚目】
室蘭岳山頂にて。

山頂看板の片側の支柱の頂部が、雪に埋もれそうで埋もれずにのぞいている。

山頂寒暖計は氷点下6℃。

【画像:4枚目】
降ってくる雪の全てが、雪印マークの結晶。

18010703

【画像:5枚目】
成長した山頂付近の雪庇。
それに風が当たり、ガスの中で雪が舞い上がる。

【画像:6枚目】
深いササヤブが埋まってできるのが冬道コース。
老巨木の多いルートだ。

スキーやボードのバックカントリーゲレンデとして使う人が多く、とても歩きやすい。

山歩き時間4時間40分。
14758歩。

全給水量は、
 ・200CC

596メートルコルで、
 ・杉屋製菓 塩かん 1/4個

Gpslog_2

| コメント (0) | トラックバック (0)

2018年1月 6日 (土)

冬山を歩く 6

北西風が強くなる予報。
2時間ぐらいなら、沖に出られそうなのだが・・・
山へ。

 登り:西尾根コース
 下り:水元沢コース

3日の逆回り。

春、山を歩く。
山は春が一番だと思う。

夏、山を歩く。
山は夏が一番だと思う。

秋、山を歩く。
山は秋が一番だと思う。

18010601【画像:1枚目】
締まった堅い雪の上に、薄く新雪。
スノーシューの刃が、その堅い雪に届き、気持ちのいい音を立てて刺さる。

体を上へ上へと。

西尾根825メートルピークにて。
カメラのレンズと この標識を結ぶ線の延長先が室蘭岳山頂。
また、右眼下に室蘭港。

しかし、この高さまで雪雲がおりてきて眺望が得られない。

小さくて硬い雪が降る。

【画像:2枚目】
山頂に近づくと雲の上に出て、右斜め前から日差し。

この樹氷の枝をくぐると間もなく山頂。

18010602_2【画像:3枚目】
室蘭岳山頂にて。

山頂標識の支柱がいよいよ見えなくなる寸前。

山頂寒暖計は、氷点下5℃。

【画像:4枚目】
山頂より、この先のルートを望む。

ウサギの足跡しかない この広い雪原を下るのだ。

18010603_2西尾根とは雪質が変わり、スノーシューの刃が効かない柔らかい雪。
埋まる。
滑る。

【画像:5枚目】
このあたりまで高度を下げると、シカの足跡多数。
細い足で歩くわけだから、その足跡が深い。

【画像:6枚目】
尾根から急斜面を下りて、滑滝にて。
滝は雪で閉じ、壷もわずかしか開いていない。

冬、山を歩く。
山は冬が一番だと思う。

山歩き時間4時間45分。
14449歩。

全給水量は、
 ・350CC

西尾根825メートルピークで、
 ・日糧製パン こしあんとホイップ 1/2袋

滑滝で、
 ・日糧製パン こしあんとホイップ 1/2袋

Gpslog

| コメント (0) | トラックバック (0)

2018年1月 3日 (水)

冬山を歩く 5

一昨日・昨日と気温が上がって、里は雨だった。
昨夕からは、この季節らしいところまで気温が下がり雪。

沖に出られる風ではない。
山へ。

 登り:水元沢コース
 下り:西尾根コース

2018010300【画像:1枚目】
この数日の天候を考えると、山の雪は締まっているだろう。
と、スノーシューをザックにくくり、アイゼンを付けて山に入った。

夏場は、ガレ場(ゴロ石の多い場所)やヤブは歩きにくい。
冬は別。
雪がしっかりと積もると、夏には歩けなかった場所が歩けたりする。

ということで、鷲別川の源流を滑滝まで詰めず、その500メートルほど手前で沢から離れ、トドマツ林の斜面を登って尾根に上がった。
無雪期には使うヒトのいないササの濃い尾根だ。

尾根上からトドマツ林を見下ろす。
トドマツ林の向こう、鷲別川の源流域。

【画像:2枚目】
室蘭岳山頂に立つのは先月の2日以来、1ヶ月ぶり。

里の積雪はごく少ない。
が、低山とは言え、やはり山は山。
山頂看板が、雪にすっかり埋もれた。
看板支柱の片方の頂部しか見えない。

山頂寒暖計は氷点下4℃。

2018010300_2【画像:3枚目】
しだれ樹氷。
それををくぐって、西尾根へ。

【画像:4枚目】
高度を100メートル落としたあたり。
雲が割れ、室蘭港に日差し。

2018010300_3【画像:5枚目】
振り返ると、室蘭岳の上に空の青が広がり出した。

【画像:6枚目】
ペトトル川の源流をひとまたぎして、山を出る。

山歩き時間5時間45分。
15166歩。

全給水量は、
 ・200CC

Gpslog

| コメント (2) | トラックバック (0)

2018年1月 1日 (月)

あけましておめでとうございます

当地、強風に雨。
荒天の年明けとなりました。

旧年中は、海でもオカでも山でもネット上でもお世話になりました。

休日。
ナギなら海に浮かんで竿を出す。
休日。
シケなら山を歩く。
昨年は、そんな時間をたくさん持てました。
今年もそんなふうに過ごせる休日をたくさん持てれば いいなァっと(^o^)

年頭の思いがこの程度。
これが私のレベル。
例年同様、今年もグータラ・グータラと過ごすわけです。

砂漠の民は、釣りを知らず山歩きを知らず。
しかし、砂漠を知る。
草原の民は、釣りを知らず山歩きを知らず。
しかし、草原を知る。

岬の民の私は、釣りを知り山歩きを知る。
しかし、掛からず、脚が動かず(^^;

それが、私の調子
それが、マイペース
それが、まいぺーす

今年も、
自分の調子
マイペース
まいぺーす
で、過ごします。

本年も旧年中と変わらぬお付き合いのほどをよろしくお願いします。

旧年中の、あんなことやこんなこと
       ↓↓↓

180101

| コメント (8) | トラックバック (0)

« 2017年12月 | トップページ | 2018年2月 »