« 2017年11月 | トップページ | 2018年1月 »

2017年12月

2017年12月31日 (日)

'17 楽しく釣りができました

マイワシの漁獲量は、十数年の周期で1から100ほども変動するそう。
コーヒー、柿などは もうすこし短い周期で、不作年(裏作)、なり年(表作)が交互に現れるという。
不作年を1とすると、なり年が10ほどと変化は大きい。
ドクガやカメムシの発生の変化も大きく大発生時は、前年を1とすると1000くらいにはなるだろう。

20171231画像は、夏のある日の銀屏風。

KON-chan号進出海域での、イカとサケ。
今年は少なかった。
マイワシ・コーヒー・柿・ドクガ・カメムシの増減の原因と、イカとサケの増減の原因とが似ているのか似ていないのか。
大してむずかしいことが起きているわけでもないのかもしれない。
あるいは、釣師のアタマでは理解できないことが起きているのかもしれない。

サカナのいそうなところに仕掛けを放り込むだけの釣りをしているのが私。
釣果が多ければ多いなりに、釣果が少なければ少ないなりにワイワイと納得・満足(^o^)
竿が曲がらなければ、サカナのいないところで竿を出しているんだろうなァ、と。

そんなふうに、〝サカナのいないところで竿を出しているんだろうなァ〟と竿をおさめる釣行ばかりの年でした。

でも、思うわけです。
今年も楽しく釣りができました、と(^o^)

良いお年を。

| コメント (0) | トラックバック (0)

大晦日の釣り

西の空に、沈みゆく双子座。
北の空には、水をまく格好で水平になった北斗七星。

穏やかに夜があけていく。

今日の日出は7時04分。
6時30分、出航。

20171231【画像:上】
何十億年もの繰り返し。
日が昇り、日が沈む。
大晦日の日出だ。

【画像:中】
今日の出竿は、こんな風景の見える海域。
沖根。

釣師というもの、潮汐・風は気にするが、日付には頓着しない。
サカナの都合にヒトが合わせる。

が、今日は遊漁船も休航。
竿を出しているのは、Sea DragonとSeagullと我が艇のみ。
ちょっとキている3艇の計4名(^^;

【画像:下】
年も押し迫ったこんな時期、台所を汚す丸のままの生魚をもらってくれるウチなんかない。

もっと、あげられるのだが、これで納竿。

11時、沖上がり。

2017123102Sea Dragon船長夫人は、優秀釣師。
釣りのウデというイチブツを与えた天は、彼女にニブツ目を与えたもうた。
彼女、そば打ち道 有段者。

私は持てない・持たない、だから遠慮心も持たない(^^;
で、遠慮なく頂きました手打ちそば。

さァ、食うか(^o^)

| コメント (2) | トラックバック (0)

2017年12月29日 (金)

札幌市電に乗る

所用で札幌。
で、札幌市電に乗車。

札幌市電は、一昨年の12月、〝西4丁目〟と〝すすきの〟が接続、ループ化が完了。
かつ、両停留場間に〝狸小路〟が追設された。

〝西4丁目狸小路〟〝すすきの〟と進む右回りが外回り。
〝西4丁目〟〝狸小路〟〝すすきの〟と進む左回りが内回り。

20171229_3【画像:上】
ということで、西4丁目。
停車中の外回り線に乗車。

【画像:下】
子供と同じ、最前席に座る(^o^)

【GPSログ】
〝西4丁目〟で乗車、〝西4丁目〟で降車、ぐるり一周。

本日、札幌市電完乗(^o^)
8.9キロ、52分。

Gpslog_2

| コメント (0) | トラックバック (0)

2017年12月28日 (木)

『そばと私』を読む

『新そば』は、'60(昭和35)年に創刊、途中4年の休刊期間をはさんで今に続いている季刊誌。

その『新そば』には、毎号 各界の著名人による”そば〟をテーマに語ったエッセーが何編か寄せられている。
『新そば』はすでに200号を超えているが、本書におさめられているのは67名、67編分。

本書の前書きによると、その67編は〝珠玉〟の〝そば賛歌〟とある。

Buckwheat_noodlesこんな喫茶店で読み始め。

1編が3から6ページと どれもごく短い。

私が言うのも何なのだが、とても〝珠玉〟とは言えないエッセーもある(^^;
筆者の名前を見ただけで、読む前から その内容が予想でき、そしてその予想通りのエッセーもある(^^;

ただ、編者はいさぎよい。
 ・好物はそば より ウドン
  ・食べることは書いてなく、語られるのは その語源
  ・評判のそば屋に案内してもらったが、そこの十割そばが気に入らぬ
みたいな〝そば賛歌〟とは言えないエッセーものせている。

その道で名を成すようなヒトが、釣師のブログじゃあるまいし、
〝そばはノドで食うもの〟
〝信州のドコソコのそばがうまかった〟
程度のことを書くわけがない。
と、期待したいところだが、エッセーのシメかたが、
〝あの時のそばの味が忘れられない〟
〝新そばの香りが鼻から抜けた〟
〝そば屋での酒がなかなか〟
という釣師のブログと同レベルのものもある(^^;

〝そば〟を書くのは難しいことだと思う。
第一に、〝そば〟は御馳走ではない。
庶民の食べもの。
第二に、〝そば〟を語るに添え物の存在が壁として高い。
ツユ、それとネギとワサビにまでは触れてもいいように思うが、添え物のはずの具(タネ)に触れるのは何だかなァだし、そもそもにおいてタネものソバを話題にするようでは少しも粋でない。
語る対象の原則は、もり と かけ。

さて。
今日の私の昼飯は、そば(^o^)

本夕、読了。

私の味覚だと、『新そば』のエッセーのどれにも同調できない(^^;

20071228_2今日の昼飯のそば。
具は、ネギ・タマゴ・トロロ・カシワ・ナルト・シイタケ・天カス・刻みノリ。

私は私の食いたいように食う(^o^)

| コメント (0) | トラックバック (0)

2017年12月24日 (日)

入れ食い2魚

日出は7時02分。

6時30分、まだ暗い海へSea Dragonに先導されて出航。
サンクス、Sea Dragon船長。

良ナギ。

171224【画像:上】
21分・120メートルで、サバの入れ食い。
1投目、8本ハリのさびきに8尾。
2投目、8本ハリのさびきに8尾。
3投目、8本ハリのさびきに8尾。

しかし、4投目は投入しなかった。
掛かるのはコサバ(^^;
全数、リリース。

こんな風景の見える海域に移動。
11分・48メートル。

【画像:下】
ここで、ソウハチの入れ食い。

3時間で102枚(^o^)

カタはバラバラ。

| コメント (6) | トラックバック (0)

2017年12月23日 (土)

雲が割れて、岬に日が当たった

日出が遅くなり、今日は7時02分。

夏の太陽は急角度で昇るから、明るさも急速に増す。
冬の太陽の昇り角は緩い。
だから、明るさの増し方も遅い。

6時30分、出航。

曇り空だが、穏やかな朝でナギ。

しかし、このナギは昼まで持たない。
急げや急げ。

171223今日の出竿は、こんな風景の見える海域。

スティンガーバタフライを入れるも、いきなり根掛り(^^;

で、インチク。
が、スカ(^^;

雲が割れて、岬に日が当たった。
21世紀だ。
天気予報がアタることもある。
予報通り、北西風 吹き下りてきて白波。

8時30分、沖上がり。

ボーズ(^^;

21世紀だ。
昨日の今日の天気予報はアタった。

今日の明日の天気予報もアテるだろう。
明日は良ナギ予報。
アタってほしい(^o^)

| コメント (4) | トラックバック (0)

2017年12月22日 (金)

『遠い山なみの光』を読む

Kazuo Ishiguro の長編デビュー作。

原題は『A Pale View of Hills』。

Ishiguroこんな喫茶店で、読み始め。

章が変わると舞台・時代が変わる。
時には、1行の空白ののち、舞台・時代が変わる。

その舞台とは、長崎と英国。
その時代とは、'55年頃と現在。(注1)

訳者と池澤夏樹の解説が付いていて、それはそれで納得できるもの。
ただし、解説を読んだあとであっても、本書のストーリーを言うのもテーマを言うのも難しい。
解説には〝不条理〟だとか〝価値観〟だとか〝薄明〟という言葉が出てくる。
が、ンな言葉、どうでもいいこと。
私がああこう言うのは僭越至極だが、解説のンな言葉にとらわれないほうがいい(^^;

悦子と日本人の夫との娘の景子。(注2)
悦子と英国人の夫との娘のNiki。
佐知子とその娘の万里子。

悦子と日本人の夫との別離については書かれていない。
悦子と英国人の夫との出会いについては書かれていない。
悦子が日本を離れ英国で暮らす経緯については書かれていない。
米国に移り住もうとする佐知子母娘が米国に渡れたのかについては書かれていない。
悦子の脚にからまった縄をどうしたのかについては書かれていない。

私もこれ以上 書かない・・・(^^;

本夕、読了。

日本語訳は、初め『女たちの遠い夏』として出版。
のち、より原題に近い『遠い山なみの光』に改題されている。

原題の『A Pale View of Hills』を見て、石坂洋次郎の『青い山脈』を連想しないだろうか。
ところが、『青い山脈』のほうは、『The Green Mountains』とか『Blue Mountain Range』と英訳されているようだ。

本書の原題に〝Mountain〟ではなく〝Hill〟を使っている理由は、この本を読むのが山を歩くヒトなら分かるだろう。

(注1)
創作だから、どうでもいいことだが・・・

朝鮮戦争、平和記念像、稲佐山(いなさやま;長崎市を見下ろす標高333メートルの小山)のロープウェイ(本書内ではケーブルカーと表記)が同時に出てくる。

朝鮮戦争は'50~'53年
平和記念像の完成は'55年
稲佐山のロープウェイ)の開業は'59年
だから、この三つは同時には存在しえない。

(注2)
原書は英文だから、その中での名前の表記は、Etsuko・Keiko・・・。
訳者が、それを悦子・景子・・・と漢字を当てはめている。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2017年12月17日 (日)

某所で見た、キャッチアンドリリース

キャッチアンドリリース。
掛けても放すこと。
掛けたサカナを全部放すこともあれば、小さいのは放すけれど、大きいのはキープすることもある。

資源保護を目的とするなら、小さいのをリリースするのではなく、大きいのをリリースすべきだという識者がいる。
大きなサカナのほうが生存率が高いらしい。

キャッチバーとはボッタクリバーのこと。
客引きの、『5千円、ポッキリ』なんて言葉に食いつかないこと。
ここにキャッチされると大枚を払わないとリリースされない(^^;

17121700_2某所で見た、キャッチアンドリリース。

catch & release

と書いて欲しかった(^^;

| コメント (0) | トラックバック (0)

2017年12月16日 (土)

『名前のない女たち セックス依存症編』を読む

アダルトビデオ(AV)女優11人へのインタビューを編んだもの。

Namelessこんな飯屋で読み始め。

ハダカになって、チョメチョメして、ギャラを得る。
AV女優とは楽な商売だ。
なんぞと、決め付けてはいけない。

著者は言う。
どうせやるなら真面目に徹底的にと、真剣にAVという仕事と向き合うのがAV女優なのだ、と。
AV女優志願者間での競争が激しく、怠慢な者は作品が撮られる前に弾かれるのだそう。

風俗嬢を経由してAV女優になった名波ゆら(ななみ ゆら)も言う。
AVでも風俗でも頑張ったぶんだけもらえるじゃないですか。リピートしてもらうために頑張るし、お客さんに『良かったよ』って言われると、嬉しいし、と。

しかし、著者の使う言葉の はしばしからは、AV女優・AV業界を見下していることが感じられる。

不真面目な人間はAV女優にすらなれない時代なのだ。
とか、
異常なことを異常と思う基準がないなにもわからないのである。
とかと書く。

そういう著者は、いったいなんなのか。
AV女優・AV業界者らから、見上げられるほどの者なのか。

インタビュー記事を書くのに、AV女優の思いを聞き出すことすらできてないではないか。
なにが異常で何が正常なのかの基準がないのは著者も同じじゃないか。
わかっているつもりいるだけではないか。

そうなのだ、我々は異常とか正常とか二元的に決めることができるそんな単純な世界に生きてはいないのだ・・・

などと、えらそォーなことを言ってはいけない。
私が一番、なにもわかっていない(^^;

本夕、読了。

セックス依存症とあるが、彼女らはヒト依存症。
誰かを頼らないと、あるいは誰かに頼られないと生きる目的を見出せないヒトたち。
セックスは最高のコミュニケーションだ、と言ったのは、高野悦子だったっけ、ダレだったっけ。

しかし、それを間違っているとは言わないが、世界が狭すぎると思う。
竿を握ってみよ。
山の頂に立ってみよ。
コミュニケーションはヒト同士でなくとも成り立つことが実感できる(^o^)

| コメント (0) | トラックバック (0)

2017年12月12日 (火)

『大人の発達障害』を読む

精神科医の書いたPDD(広汎性発達障害)のいくつかの症例と対処法の話。

この本で取り上げられているPDDは、〝空気を読めない〟とか〝こだわりが強い〟とかで起こるコミュニケーション上の不都合について。
本書では、それを他者との関わり合いの〝不適応〟と表現している。
義務教育の現場などでは、〝困ったチャン〟扱いされていることが多いのでは。

本書は、それより年齢が上、オトナの話。
いわゆる〝ちょっと変わったヒト〟。
大人の〝困ったチャン〟。
キミ、アナタ、そしてボクのこと(^^;

Disorderこんな喫茶店で読み始め。

集団生活の場、社会生活の場において、PDDはマイノリティ。
対する大方のヒトたちを〝定型発達〟と呼ぶ。

〝不適応〟とされるPDDだが、それは定型発達者がそう思うだけのこと。
PDDのヒトは、なぜ自分が〝ちょっと変わったヒト〟・〝困ったチャン〟扱いされなければならないのか分からない。
だから、自分自身が〝異星〟にいるような強い違和感をおぼえて生活しているらしい。

PDDには、秀でた才能・特異な才能の持ち主が多いという。
しかし、定型発達者より出現する割合が多いというだけで、その才能の出現者はやはり少数者だろう。

症状を認識しているのに診断が付かないというのは、気持ちの落ちつかないもの。
だから、PDDと診断名が付いて「ホッとする」ことがあるというのは分かる。
といって、診断名が付いても特効治療法があるわけではない。

関係する周りの者たちがPDDを理解し対応することが療法。
つまり、定型発達が個性なら、PDDも個性であると理解すること。

『民主主義とは議論を尽くし、最後は数決』と言う定型発達型政治家がいる。
しかし、時には、『議論は尽さねばならないが、最後は数決』が必要なこともある(と思うのだが)。

本夕、読了。

本書では、アスペルガー症候群もPDDに含めて説明している。
秀でた才能・特異な才能を出現させた有名なアスペルガー型PDDに、スティーブ・ジョブズ 、アインシュタインらがいる。

釣師なんかは典型的なPDDだろう。
なぜなら、潮の流れは読めても、〝空気は読めない〟。
かつ〝こだわりが強い〟。

そして、そんな釣師のキミ、アナタ、そしてボクはスティーブ・ジョブズにもアインシュタインにもなれない。
そんな釣師のキミ、アナタ、そしてボクだけれど、気付いていないだけで、周りのヒトたちが、キミ、アナタ、そしてボクのことを理解し対応してくれているようだ。
いや、全然 相手にしていないのかも(^^;

それはそれで、感謝すべきことのような・・・(^^;

| コメント (0) | トラックバック (0)

2017年12月10日 (日)

下架することなく定位置駐艇(^^;

納会翌朝の今日。

山に入るつもりで、帰宅した。
が、山装束に着替えているつもりが、なぜか家を出る時は釣行着(^^;

そりゃそうだ。
帰宅途中で見たのはベタナギの太平洋だった。

竿を車に積んで、加えて積んだのは、三層構造の防水防寒グローブと30リットルクーラー。

30リットルクーラーいっぱいに釣り上げたら下品の極み。
まァ、7分目くらいで竿をおさめようと(^o^)

20171210給油準備中に、僚艇S・D号と交信。
「ベタナギ。好釣」

と、僚艇S・R号がアッチの海域から帰港。
「立っていられないほどの深い波」

続いて、コッチの海域から僚艇H号も帰港。
「立っていられないほどの深い波」

まァ、7分目くらいで竿をおさめようと(^o^)
などという、極的な気持ちは禁物。

我が艇、しかし、満タン給油後、下架することなく定位置駐艇(^^;

| コメント (2) | トラックバック (0)

’17 絵鞆マリン倶楽部総会・納会

昨夕は、登別温泉のホテルでの絵鞆マリン倶楽部の総会・納会。
海の様子が変わり、絵鞆の釣師の釣法も変わってきた。
それに合わせて、室蘭市内の釣具店に並ぶ釣り具の品ぞろえも変わってきた。

その流れに乗れず、釣技に工夫のないままで過ごした私の今年の釣果はと言うと、いつもの年以上にパッとせず(^^;
まァ、私は言い訳を無限に持っている釣師(^^;
サカナが掛かろうが掛かるまいが、海に浮かんで竿を出し、釣ってりゃ楽しい、釣れればなお楽しいという、オメデタイ釣師(^^;。

釣りダービーで紹介される会員の釣果に、ただただ「オぉー」、「ワぉー」、「ヒぇー」と感嘆詞を上げるのみ(^^;

一応、毎年 メモ帳とペンを持って釣り名人らの話を聞くのだが、そこは私のこと、次回の釣行にその情報を生かせた試しなし(^^;

17120901【画像:上】
ビンゴゲーム。
納会参加会員全員がビンゴとなるまで数字が読み上げられるから、スカを食らうということはない。

ということで、三層構造の防水防寒グローブをゲット(^o^)

【画像:中】
のみならず、絵鞆マリン倶楽部の立ち上げ、運営にご尽力された、加持初代倶楽部会長からご提供の30リットルクーラーまでも(^o^)

どうもありがとうございます。

17120903【画像:下】
宴のお開きは、集合写真撮影。

私も写される側。
この頭のヒトの斜め右後ろに立たせてもらいました(^o^)

| コメント (0) | トラックバック (0)

2017年12月 9日 (土)

冬山を歩く 4

釣り。
釣果向上には極性が必要。
釣行を数多く、そして より広い範囲に。
もっと深く、あるいはもっと浅く。
もっと早く、あるいはもっとゆっくりと、仕掛けを操作する。
アレでなくコレを使ってみよう、いやソレにしてみよう、とかとか。

山歩き。
最も必要なのは極性。
自分の体力・技術以上の山には入らない。
ルートを失ったらもどる。
荒天予報なら入山しない、とかとか。

今日。
午前の早いうちなら、沖に出ようと思えば出られない風ではなかった。
釣りには極性が必要。
なのに、なぜか今日は極的なオイラ(^^;

で、極的であるべき、山へ。

 登り:水元沢コース → 滑滝 → 滑滝上尾根
 下り:滑滝上尾根 →  水元沢コース

20171209【画像:1枚目】
水元沢コースは、沢を詰めて鷲別川最源流近くの滑滝に突き当ったら尾根に上がるのが標準ルート。
今日は、滑滝まで詰めたあと尾根に登り、その尾根上を歩いて水元沢コースに戻るルートで。

シカの足跡多数。
鷲別川の源流をシカが渡渉した跡。
私もそのシカの足跡を踏んで渡渉。

【画像:2枚目】
滑滝。

この左の急斜面を登り、尾根に立つ。

20171209_2【画像:3枚目】
そこから尾根上を復路にするコースは、無雪期はササ藪漕ぎを強いられるルート。
しかし、雪が積もりササが埋まる積雪期は歩きやすくなる。

歩きやすいのはシカにとっても同じ。
尾根上もシカの足跡多数。

その踏み跡をたどり、復路ルートへ。

トドマツの林の中を下りる。

【画像:4枚目】
雪が降ってきた。

雪印マークの結晶が絡み合った大きな雪だ。

山歩き時間3時間30分。
15656歩。

飲食なし。

Gpslog_2

| コメント (0) | トラックバック (0)

2017年12月 6日 (水)

『山の突然死』を読む

山は不思議な場所。
前にも後ろにも上にも下にもヒトがいないのに、話し声が聞こえてくる。
背中の高いところからの、誰かの視線を感じる。
左の斜面の孤独木が光って見える。
右の沢からコーヒーの香りがする。

いずれも、まぼろし。

幻聴、幻視、幻嗅・・・
感覚が変調する(^^;
時々、自分の頭がどうかしたのではと思うことがある(^^;

Sudden_deathこんな飯屋で読み始め。

本書に書かれているのは、感覚・精神の変調ではなく、体の変調。

突然死から最も遠い職業のはずの医師の事例もある。

エベレスト登山隊の男性チームドクターは高所登山経験豊富な47歳。
標高5000メートルのテント内で突然死。
くも膜下出血。

61歳、女医。
40歳を過ぎてからも3時間20分台でフルマラソンを走り通すことができた脚と心肺の持ち主。
エベレストのピークに立ったのち400メートル高度を落としたところで転倒、1分ばかりもがいたすえ、心肺停止。

朝、起こしにいったら息をしていなかった。
みたいなことが、町なかの昨夜まで笑いのあった家庭にさえある。
心臓が止まる本当の理由は〝山だから〟ではないのだが・・・

本夕、読了。

北海道の山は低い。
最高峰の旭岳でも2291メートル。
この高さでの気圧はジェット旅客機内とほぼ同じ、800ヘクトパスカル程度。
酸素分圧は海面の8割に落ちるのだが、ほとんどのヒトは、そんなことを意識せずに行動できるだろう。
が、この程度の標高でも、高山病を発症するヒトがいる。
そういう体質でありながら、山歩きを趣味とするヒトを知っている。
「急に高度を上げるとアタマが痛くなる。 ユックリ登ることで対処している。」そうだ。

| コメント (2) | トラックバック (0)

2017年12月 3日 (日)

魚信はあったが(^^;

風が強い予報。
だから、今朝は山に行くつもりで起きた。
が、風が落ち、海況好転の見込み。

21世紀の科学。
まだ、明日の天気予報もできない(^^;

船を下架してないので、マリーナの開業時刻に合わせて家を出た。

11月はシケ続き。
沖に出られたのは11月3日の1日だけ。

1ヶ月ぶりに沖に出た。
8時20分、出航。

1203【画像:上】
防波堤を出て間もなく小雨。
が、それもやがて上がり、良ナギとなった。

今日の出竿は、こんな風景の見える海域。
色のない世界。

【画像:下】
出竿後1時間以上、ひとアタリもなし。

その後、魚信が連続。
ただし、20センチあるかないかのチビソイばかり(^^;

キープサイズは1尾のみ(^^;

| コメント (2) | トラックバック (0)

2017年12月 2日 (土)

冬山を歩く 3

北西の風強く、沖には出られない。
山へ。

 登り:水元沢コース
 下り:西尾根コース

20171202_2【画像:1枚目】
水元沢コースは、距離の半分を沢(鷲別川源流)伝いに歩く。
この沢の流れの音を聞いて歩いている内は谷の底を歩いているのだから、高度が上がらない。

滑滝にて。
高度を上げるのはここから。
ここで体を左に向け、沢から離れて尾根に上がる。

【画像:2枚目】
雪。
800メートルから上は、雲中登山。

室蘭岳山頂にて。

山頂寒暖計は氷点下7℃。
それほど気温は下がっていないのに、ザックのショルダーストラップに付けていたペットボトルのミネラルウォーターの上部は結氷。
ボトルの底にナイフで穴を開けて給水(^^;

20171202_3【画像:3枚目】
樹氷をくぐって、西尾根へ。

足元は硬い雪で、氷化。
滑る(^^;

ザックにはアイゼンが入っているのだが、結局 付けずにペンギン歩きで下山継続。

100メートル高度を落としたところで、雲の下に出た。
視界が開け、日を反射して光る噴火湾が目に入る。

【画像:4枚目】
ペトトル川の源流をひとまたぎ。
わずかな登りののち、山を出る。

山歩き時間5時間00分。
20446歩。

全給水量は、
 ・200CC

室蘭岳山頂で、
 ・ロッテ ラミーチョコレート 2本

Gpslog_2

| コメント (2) | トラックバック (0)

« 2017年11月 | トップページ | 2018年1月 »