« 針を結び直したが、雨が落ちてきた | トップページ | 私にはウデがない(^^; »

2017年7月19日 (水)

『星界の報告』を読む

日暮れた西空。
今時期の一番星は木星。

Galileoこんな喫茶店で読み始め。

400年前のガリレオ・ガリレイの著書。

ガリレオが自作の望遠鏡を空に向け、
 ⅰ.月を観察し、その表面は凸凹であること
 ⅱ.天の川を観察し、それが多くの星の集まりであること
 ⅲ.プレアデス星団(すばる)を観察し、そこには肉眼で見るよりもっと多くの星があること
 ⅳ.木星を観察し、それを周回する衛星(月)を持つこと(注)
を確認した報告書。

望遠鏡は、
 ・遠くのモノを近くに寄せて見ることができる
 ・光を集めることができる
から確認できたこと。

〝自然は数学の言葉で書かれている〟と言ったのはガリレオ。
本書には、しかし、数学的な記述はひとつもなく、観察記録。
本文が80ページ。
訳者による解説が40ページの薄い本で、時間を掛けずに読み切ることができる。

この時代から科学が現代的になり、自然を数学の言葉で書き出し始めることになる。
惑星の軌道が楕円であることは、ガリレオと同時代人のケプラーが数学的手法で発見している。
ガリレオ・ケプラーともに万有引力の法則の尻尾をつかみかけている。

本夕、読了。

日暮れた西空。
今時期の一番星は木星。

今夜は曇り。
星は見えない。

(注)

木星は70個ほどの衛星(月)を持つそうだが、その内の4大衛星(ガリレオが最初の観測者なので、〝ガリレオ衛星〟と呼ばれている)は、3倍の双眼鏡でも見えるし、標準レンズのカメラでも写せる。

35ミリフルサイズ撮像素子の、短(縦)辺は24ミリ、長(横)辺は35ミリ。
画素数が800万の撮像素子だと、短辺に2300個、長辺に3460個の画素が並んでいることになる。
50ミリの標準レンズだと、この撮像素子に、短辺27度・長辺40度の視野角範囲が写り込む。

27度の範囲を2300個(40度の範囲を3460個)の画素でカバーするのだから、0.7分(1/85 度)の分解能と言えるだろう。
丸めて、1分(1/60 度)。

ガリレオ衛星は木星から5分くらい離れる。

« 針を結び直したが、雨が落ちてきた | トップページ | 私にはウデがない(^^; »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/48442/65532752

この記事へのトラックバック一覧です: 『星界の報告』を読む:

« 針を結び直したが、雨が落ちてきた | トップページ | 私にはウデがない(^^; »