« 私にはウデがない(^^; | トップページ | 私は〝そんな釣師〟ではない(^^; »

2017年7月24日 (月)

『河童のスケッチブック』を読む

著者は妹尾河童(せのお かっぱ)。
『河童の何とか』というシリーズものが何冊かあり、いずれもイラストに文が付けられた体裁。

本書は、ページのめくり方が単行本と異なる文庫版が有名だが、私が購入したのは単行本の方。

Kappaikonこんな喫茶店で読み始め。

天は二物を与えず。
が、著者は天から何ブツも与えられたヒト。
イラストレーターとしても、
舞台美術家としても、
作家としても、
旅行家としても、
女たらしとしても、
一流。

女たらしというより、女の方から寄ってくる雰囲気のヒト。
別れぎわがきれいそうで、女を泣かすヒトではないように見える。
自身も女で泣くようには見えない。

ンなことは、どうでもいいことのようだが、本書と全然関係がないわけではない。
モテるヒト、そしてきれいに別れられるヒト。
こういうヒトは、間違いなくほかのヒトに勝る芸才、あるいは運動神経、あるいは資力、あるいは知性を持っている。

余裕、広がりのある男前。
そういう人の書いた本を読んでいると、体が軽くなる気分。

ケチなヒトの文章は、どうも いかん(^^;
ボーズを食らった釣り師の文章も、どうも いかん(^^;

このヒトの職業人としてのスタートは、舞台美術から。
舞台美術は、観客席から見える面を考える仕事だから、その視線はほぼ水平。

本書のイラストは、あらゆる方向から。
この本の著者は、天井のはるか上から見下ろした写実イラストを描くこともできる。
床に立ってグルッと見回した部屋の様子を、身長5メートルになったヒトの目で見た風景に頭の中で変換できるのだ。

本夕、読了。

これこそが、女たらしの目だ。

若い頃、同年輩の女たらしの友人に、
「コンちゃん、女性をモノにしようと思ったら、上から見るンだ。 同じ高さで見るな。 同じ高さで話をするな。 無視しろ。 相手にするな。 むこうから来る。 いいか。 来たら腰に腕を回し、グッと引き寄せるンだ。 それでいいンだ。 オレなんか自分のカネで車を買ったことがない。」
と教わった。

ンで、女たらしを志したオイラはヒールの高い靴を買った(^^;

視線を上げた。
無視した。
相手にしなかった。
むこうから来るハズだった・・・

が、しかし、
無視された(^^;
相手にされなかった(^^;
むこうから来るヒトは一人もいなかった(^^;
車は自分のカネで買った(^^;

女たらしになれなかったオイラ(^^;

上から下へと、船上から仕掛けを落とす。
時々しか、サカナが掛からない。

サカナたらしにもなれないオイラ・・・(^^;

« 私にはウデがない(^^; | トップページ | 私は〝そんな釣師〟ではない(^^; »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/48442/65335511

この記事へのトラックバック一覧です: 『河童のスケッチブック』を読む:

« 私にはウデがない(^^; | トップページ | 私は〝そんな釣師〟ではない(^^; »