« 春山を歩く 3 | トップページ | 『日本百名町』を読む »

2017年5月 9日 (火)

『「食べもの情報」 ウソ・ホント』を読む

ぼた餅とクランキーチョコ、似たモノ同士。
モナカとシュークリーム、似たモノ同士。

その流れで、ブルーベリージャム・リンゴジャムをおにぎりの具にして釣行食にしてみた。

Photoこんな喫茶店で読み始め。

本書のテーマは〝食べもの〟。

著者は、栄養学を専門とする科学者で、素人を相手に〝食べもの〟の啓蒙書を何冊か著しているヒト。
また、〝食べもの〟に関して、マスメディアでの発言の多いヒト。
なので、本書に書かれているのはチャラチャラした文章・内容なのかと。
いやいや、どうして、チャラチャラ文は一行もない。

文章はきっちりかっちり。
科学的根拠、出典を示しつつ話が進む。
非常に落ち着いた文章で、読んでいて気持ちがいい。

なお、科学者の書いた本なので、
ヌクレオチド
加水分解
有機酸塩
程度の用語は予備説明なく使われる。

〝タデ食う虫も好き好き〟
食い物・飲み物のウマイ・マズイの感じ方はヒトそれぞれ。

思うに、離乳食を始める頃の幼児の持つ味覚が、ヒト本来のものだろう。
幼児が好む代表は甘味。
好まないのは苦味・酸味・辛味。

甘味以外を好ましく感じるようになるには、ある程度の経験が必要だから、これはウマイ、あれはマズイという感覚は、そのヒトの生まれ育ちを反映している。

本書は、しかし、ウマイ・マズイを話題としない。

有機野菜・プロテイン・クロレラ・酵素・有精卵・砂糖・食塩・脂肪・天然モノ・食物繊維などなど。
体にいいとか悪いとかと、しばしば話題にのぼる食べものについての、定量的・科学的な分析。

本夕、読了。

ところで、
ブルーベリージャムおにぎり
リンゴジャムおにぎり

私の舌だと違和感なし(^o^)

« 春山を歩く 3 | トップページ | 『日本百名町』を読む »

コメント

けったいな具に興味は湧くが恐ろしい(^-^;!

投稿: 夫婦釣り | 2017年5月12日 (金) 17:53

夫婦釣りさん、こんにちは

明日、明後日はシケ模様ですね(^^;

すき焼きは牛肉の砂糖漬け焼きみたいなもの。
煮豆は砂糖煮。
コーラを飲みながらハンバーガーを食べる。
ぼた餅。
大福。
であれば、ご飯にジャムもあかしくないかなァっと。

たまねぎ、ナス、ダイコンの味噌汁があるのだからと、キュウリの味噌汁を作ったことがあります。
私の舌だと違和感ありませんでした。

サカナのあら汁、豚汁があるのだからと、ラム汁を作ったことがあります。
さすがに、これは飲めませんでした(^^;

投稿: KON-chan | 2017年5月12日 (金) 19:46

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/48442/65207503

この記事へのトラックバック一覧です: 『「食べもの情報」 ウソ・ホント』を読む:

« 春山を歩く 3 | トップページ | 『日本百名町』を読む »