« 夏山を歩く 1 | トップページ | 『人工知能はいかにして強くなるのか?』を読む »

2017年5月27日 (土)

『森のフィッシュ・ウオッチング』を読む

知来 要(ちらい よう)の写文集。
新聞社のスポーツカメラマン出身。
フィールドを見る目もシャッターボタンを押す指も鍛えられている。

Fishwatching_3こんな喫茶店で読み始め。

重い機材一式を担いで夏も冬も撮影現場に入る。
自身、釣りをやるヒトなのでサカナの生態に詳しい。
河原に腹ばいになってシャッターチャンスを待っている時に、シカに踏まれたことがあるほど自然と同化する。
体力があって、知識があって、その上に何時間もチャンスを待つ。
そうでなければ得られないだろうことが分かる画像ばかり。

・流れの中のイトウ
・水面を割って飛び出したヤマメ
・水中から見たホタル
・洪水のひいた道脇のU字溝に取り残された数千尾のカラフトマス

紙面の面積から言えば、画像と文章の割合が3対1くらい。

すぐれた写真家はすぐれた創作家でもあるから、文章が画像と張り合うこと多々。
しかし、この写真家の文章には創作家めいたところが全くない。
少年の言葉。

本夕、読了。

随分以前のことになるが、某川を歩いていて、私は この人に出会っている。
ウエットスーツを着てカメラを持った彼が、水から出ようとしているところだった。
知来要がカメラを構えるのだから、サカナはいる。
が、私の竿には掛からなかった(^^;

« 夏山を歩く 1 | トップページ | 『人工知能はいかにして強くなるのか?』を読む »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/48442/65294474

この記事へのトラックバック一覧です: 『森のフィッシュ・ウオッチング』を読む:

« 夏山を歩く 1 | トップページ | 『人工知能はいかにして強くなるのか?』を読む »