« 2017年3月 | トップページ | 2017年5月 »

2017年4月

2017年4月29日 (土)

飽食のサカナを釣る

雨とか雷という単語の入る天気予報だったので、昨夕、船を下架しなかった。

で、今朝はゆっくりと。
9時、出航。

150429【画像:上】
今日の出竿は、こんな風景の見える海域。

沖はベタナギ。
強い日差しで、海面からの反射がまぶしい。

気温が上がり、ジャケットを脱いだ。

【画像:下】
広く、厚くベイト。
サカナはその下で、飽食状態。

飽食状態だから、食ってこないかと思ったが、ンなことはなく、好反応(^o^)

飽食のサカナを釣る。

12時50分、沖上がり。

下品な釣果となった(^^;

春の日に射られ、日焼け。
クチビルがかゆい。

| コメント (2) | トラックバック (0)

2017年4月27日 (木)

『珍 大富豪 ウソのような本当の話』を読む

〝カネを持っている・カネを持っていない〟
〝高い・安い〟
おおかたのヒトの判断基準は、この2つ。

私は前者のみ。
その場その時の行動が、〝カネを持っている・カネを持っていない〟で支配され、〝高い・安い〟にまで頭を持っていけないのが私。

〝持っている〟時でも、ポケットに入っているのは喫茶店でせいぜい2杯か3杯のコーヒーを飲める程度。
それ以上を〝持っていない〟のが私の常態(^^;
情けないが、その日暮らし。
明日どころか、私には今夜も見えない(^^;

ところで、
・自由
・民主主義
・貨幣制度
これらをまっとうなこと・真理だと思えるヒトは幸せ者だ。

資本主義経済社会で生活していくには、モノ・サービスに貨幣価値を感じねばならない。
〝高い・安い〟がエレガントな判断基準だと私にはとても思えないが、便利な指標ではある。
が、その基準の中で生活するのは やはり束縛。
自由ではないし、その価値観を背負っているヒトの言う民主主義は何だか怪しいゾっと。

一方、私のように〝持っている・持っていない〟の中で生きることの何と自由なことか。
ただし、非民主的かつ貨幣制度から つまはじきにされた世界で生きることにはなる(^^;

って、〝ところで、〟から すぐ上の行まではウソ八百の一万倍、ウソ八百万(^^;
口から出まかせ。

Millionaireこんな喫茶店で読み始め。

サウジアラビアは国自体が大富豪。
この国には ほんの25,6年前までは、国家予算というものがなかった。
予算がないのだから、税金もないし決算もなかった。
国が必要とするものは、何でも石油と引き換えに得ることができる国。
札束の上に国があるようなもの。
そもそも、サウジアラビアとは王室の姓。
国 全てが王室のモノ。

本夕、読了。

保有資産額日本一位、二位を争うような大富豪は、プライベートジェット機で移動するものだと思っていた。
が、その保有資産額日本一位、二位を争う某実業家と、JAL国内線に乗り合わせたことがある。
私のすぐ前の席に、その大富豪。
カバン持ちの秘書らしき者を伴わない単独行動。

単独行動なら、私もしばしば。
しかし、私にはビジネスネタは思いつかない。
サカナが何尾か掛かるだけ(^^;

| コメント (0) | トラックバック (0)

2017年4月23日 (日)

急げや急げ

昨日は寒かった。
今朝も寒かったが、雲が払われると気温が上がった(^o^)

午後より野暮用あって、出竿は10時まで。
急げや急げ。

今日の日出は、4時43分。
4時50分、出航。

170523_2【画像:上】
防波堤を出て、南に針路を取ると、こちらに向かってくるウネリ。
このウネリが深く、船速を上げられない。
地球岬をかわす頃には、ウネリの上に小さいが先の尖った堅い風波。

小船では、大変に釣りにくい波。
かつ、こういう波に私の三半規管は機能不活性。
要するに船酔い(^^;

今日の出竿は、こんな風景の見える海域

【画像:下】
サカナがいるのが見える。
が、潮と風が落ち着かないからか、船がカーブを描いて流れ、サカナの上を通過させるのが難しい。

カタはバラバラ。
50センチが2尾。

9時50分、沖上がり。

| コメント (6) | トラックバック (0)

2017年4月21日 (金)

『「プロとアマ」ここが違う!』を読む

芸術家や芸能家や工芸家が、
『この道は一生勉強です』
みたいなことを言う。
ってことは、その道でメシを食っているヒトの今日現在の芸なりワザなりは完成途上だということになる。

プロなら、ンなことは言わないで欲しい、というのが私の気分。
『一生勉強です』では、生涯 完成しない。
完成途上だと認めるような芸・ワザを、プロたる者が我々に披露して良かろうはずがないじゃないか。

もっとも、『一生勉強です』などと言えるのは、すでに最高度の芸域に達しているヒト。
このフレーズを言い出すようなら本物。
で、このフレーズは照れ隠し。

Proamaこんな喫茶店で読み始め。

アマチュアはしょせんアマチュア。
それでもちょくちょく、
・プロ並み
・素人離れ
・玄人はだし
のヒトに出会う。
器用のレベルがハンパでなく、その道でメシを食っているヒトのレベルをしのぐヒト。
確かに いるなァ。

本書には、〝一生勉強〟が必要な〝プロ〟は収められていない(^^;
そんなスゲぇ―話はなく、『アンタたち知らなかったでしょ。 ホントはこうなのよネ』って程度の話。

例えば、
・ジェットコースター:アマは最前列に座るが、プロは最後尾に座る
・洗髪:アマはいきなりシャンプーするが、プロは最初に湯洗いする
・バス旅行:アマは前か後ろに陣取るが、プロは中央に座る

こんなのもある。
・アマは木曜日に仕込むが、プロは水曜日に仕込む
仕込むというのは〝釣り情報〟のこと。
好釣としたければ、釣り情報は水曜日に得るべきだという主張。

かなァ(^^;

本夕、読了。

なお、〝ホントはこうなのよネ〟を裏付ける理論なりデータなりは示されてない。
この本を作ったのはアマチュア以下のヒト。
ただし、この本を流通経路に乗せたのは間違いなく販売のプロ(^^;

| コメント (0) | トラックバック (0)

2017年4月18日 (火)

『ジェット戦闘機 Me262』を読む

世界初の実用ジェット機の話。

Me262こんな喫茶店で読み始め。

〝実用〟と書いたが、〝実用〟とは安全・安心・安定がそろって初めて言えること。
Me262は戦闘機。

戦闘機だから、ジェット機、レシプロ機問わず、安全・安心な乗り物というわけにはいかない。
何せ、飛ばねばならない空域は、敗戦間際のドイツ上空。
Me262の任務は、各機5トンの爆弾を抱え1500機で編隊を組んで飛来する米英軍爆撃機を落とすこと。(注1)
この1500機の編隊に随伴する護衛戦闘機数が、防空のために上がるドイツ軍機を数倍上回る800。(注2)

そこにきて、Me262のエンジンの安定性がきわめて低く、実戦配備当初のエンジン寿命は10時間。(注3)

ああだったらこうだったらという話が、20も30も50も100も出てくる。
しかし、それが当たり前なのじゃないだろうか。
ああだったりこうだったりとモノゴトが進行するなら、戦争に負けるわけがない。

Me262の生産機数は1400ちょっと。
最高速は、米英軍の最新鋭機より時速で200キロも速い870キロ。
ただし、加速性能は並みの戦闘機と同程度なので、離陸直後に後ろに付かれると落とされる。

米英軍機に撃墜されたのが、200機弱。
駐機中に壊されたものが、やはり200機弱。

対して、Me262が撃墜した米英軍機は500機。

本夕、読了。

Me262の運用開始は、'44年6月。 
ドイツの降伏は'45年5月。

(注1)

爆撃機の主力は、映画『メンフィス・ベル』に登場するB17。
この映画にMe262は出てこない。

なぜなら、メンフィス・ベルがドイツ爆撃作戦についていたのは、'42年11月から'43年5月。
Me262の実戦投入は'44年6月からだから。

(注2)
護衛戦闘機の主力はP51。
映画『メンフィス・ベル』には、この戦闘機も出てこない。
P51が護衛につくのは '43年12月から。

(注3)
燃料満タン(2570リットル)での航続時間が90分の飛行機だから、10時間持てば十分と判断したのだろう。
最終的には、エンジン寿命は25時間にまで伸びている。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2017年4月16日 (日)

絵鞆マリン倶楽部 安全祈願祭

晴れたが西風強い。
我が小船では、沖に出られない。

2017041601【画像:上】
当地では、今ぐらいから沖で竿を出すための準備をするヒトが多い。
そのキッカケを、絵鞆マリン倶楽部 安全祈願祭にしているヒトも多い。
今日が、絵鞆の船釣師の釣り元旦みたいなもの。

【画像:下】
風は気にならず、気温が上がり。
絶好の外飯(そとめし)日和となった(^o^)

コゲ飯を食べることができるのは、この日だけ。
ってことで、炊き込みご飯のコゲをナベ底から引きはがして、ひと口、ふた口、み口。
今日スモークしたホタテの稚貝とソウハチの燻製。
豚汁、ジンギスカン。

ごちそうさまでした。

| コメント (2) | トラックバック (0)

2017年4月15日 (土)

春山を歩く 2

南西の風。
暖かい風だが、強風。
我が小船では沖に出られない。

で、山歩き。

 登り:水元沢コース
 下り:西尾根コース

気温が上がりそう。
1枚脱いでザックに、また、アイゼンもザックに入れ、ツボ足での入山。

が、今時期の室蘭岳、
 ・低いところでは土が見え、それが泥状で滑る
 ・少し上がると、踏むと水が浮き出る腐った雪、かと思えば、アイスバーン
 ・更に上がると、残雪深く埋まる
 ・だから、登りも下りも歩速が上がらない
 ・汗が噴き出る
と、厳冬期よりも歩き辛い。

17041500【画像:1枚目】
入山直後の林では、ウグイスの鳴き声。
アカゲラが1秒間に30回の速さで幹を叩く。

鷲別川の源流は水量が増えて、靴を濡らさなければならない渡渉点が2ケ所(^^;

登り詰めて、滑滝へ。

この左の急登に取り付き、高度を上げる。

【画像:2枚目】
室蘭岳山頂にて。

山頂寒暖計は5℃。

地元の大学のワンダーフォーゲル部の、新入生獲得のための体験登山会に遭遇。

新入部員獲得にふさわしく、登りは夏道コースと負荷控えめ。
かつ、上級生が1年生にお茶を沸かしていた(^o^)

17041500_2【画像:3枚目】
厳冬期、樹氷で目を楽しませてくれた枝をくぐって、西尾根825メートルピークへ。

【画像:4枚目】
雪庇は随分と小さくなった。
このピークが、西尾根825メートル。

17041500_4

【画像:5枚目】
西尾根825メートルから、高度を100メートル落として、振り返り見る山頂。

【画像:6枚目】
ペトトル川の源流をひとまたぎ。

山歩き時間4時間50分。
16755歩。

全給水量は、
 ・250CC

Gpslog

| コメント (0) | トラックバック (0)

2017年4月10日 (月)

『世界なんでもランキング100』を読む

どォーでもいい知識ばかりを集めて並べた本。

Ranking100こんな喫茶店で読み始め。

・刑務所に収監されている人数順(2016年)(注)
 1位 米 国 2217947人
 2位 中 国 1649804人
 3位 ロシア  633826人
 ・・・  ・・・  ・・・  ・・・
33位 日 本    56805人 

・ATM成人人口10万人あたりの台数順(2014年)
 1位 韓 国 291台
 2位 マカオ 225台
 3位 カナダ 222台
 ・・・  ・・・  ・・・  ・・・
10位 日 本  127台
とかとか。
インターネット環境さえあれば、自分でも集められる知識ばかり。

冒頭で、〝どォーでもいい知識ばかり〟と書いた。
〝どォーでもいい〟ということ以上のモノは収録されていない。
その程度の内容だが、一人では収録する項目の選定はできなかったと思われる。
しかし、それほど大人数が必要だったとも思えない。
数人、多くても5人までいかないだろう。
その数人が、何度か編集会議を開いて作った本だろうと思われる。

卒業アルバムなどと同じく、こういう類の本はいちどパターンが決まれば、あとは簡単。
インターネットに転がっている統計資料をかき集めればいい。
例えば、
国家予算順 国民1人当たりの予算額順
警察官の総数順 人口10万人当たりの警察官人員順

世界なんでもランキング、50冊くらいは作れそうな気がする(^^;

(注)
人口が多ければ絶対数が多いのは自然だから、ATMの例のように10万人当たりで並べるのが見やすい。

人口の概数は
米 国  3.2億人
中 国 13.6億人
ロシア  1.4億人
日 本  1.3億人
だから、10万人あたりの刑務所への収監数は

米 国 693人
中 国 121人
ロシア 452人
・・・  ・・・  ・・・ 
日 本   44人 

| コメント (0) | トラックバック (0)

2017年4月 9日 (日)

春山を歩く 1

先の日・月・火・水に見た週間予報では、この週末は釣行にふさわしい日和となるはずだった。
昨夕の予報も波1メートル。
が、今朝の発表は波1メートルのち1.5メートル。
昼を待たずして風が出る予報。

風が出ると沖には行けない。
これがちょっとうれしい変な釣師になったオイラ(^^;
と言うことで、山歩き。

170409

Gpslog_2

【画像:上】
雪がすっかり腐った。
鳥が啼く、水元沢コースを登りかけたが、

A 右足を出す。
  埋まる。
  埋まった右足を抜いて、
  左足を出す。
  埋まる。
  埋まった左足を抜いて、
GOTO A
の無限ループ(^^;

ここを渡渉した。
しかし、以降、埋まる・埋まるの循環を継続する気にならず。
引き返した(^^;

【画像:下】
マウンテンバイクを押して上がってきたのは女性。
ここまでの途中、タイヤの直径以上の残雪ケ所がある。

| コメント (2) | トラックバック (0)

2017年4月 6日 (木)

『感動 絶景鉄道』を観る

ドライブレコーダーで撮った動画、それの列車版に相当するのが、車内から撮影された前面展望動画。
YouTubeにはたくさんアップロードされている。

RailwaysこのDVDに収められているのは、車内からではなくて、車外から撮った動画。
この類の動画もYouTubeにはたくさんアップロードされている。

アマチュアとプロフェッショナルとの間の壁は高く谷は深い。
やはり、プロはプロ。
このDVDには、プロの手によって撮られ編集された動画が焼かれている。

手付かずの自然を求めるヒトは多いが、手付かずの自然の中で生きていけるヒトはいない。

・冬山のキツイ斜面に、アイゼンの跡を見る時
・夏山の深い笹・草の中にヒトの踏み分け跡を見る時
・源流を詰めた先で、流れの中に飛び石が置かれているのを見る時
に、自然を克服しようとするヒトの意思を感じ、それに我々は打たれはしまいか。

・雪原を走る列車を見る時
・谷をまたぐ鉄橋を渡る列車を見る時
・海岸線に立つ巨岩を貫く隧道に入る列車を見る時
に、自然を克服したヒトの意思を感じ、それに我々は打たれはしまいか。

・郊外から高架を通って都会の拠点駅へと入る時に見る車窓
・都会の拠点駅から高架を通って郊外へと抜ける時に見る車窓
に、ヒトの生活を感じ、それに我々は打たれはしまいか。

都会の複々線にヒト・モノの離合集散があるのと同じ濃さで、自然の中の単線にもヒト・モノの離合集散がある。

うたい文句は〝絶景50路線〟。

本DVDに収録されている道内路線は、
・宗谷本線
・留萌本線
・室蘭本線
・日高本線
・江差線
・津軽海峡線
・札沼線
の7線。

50路線も収められているから、1路線あたりの収録時間はごく短く2分くらい。
もっとも、静止画像なら数百分の1秒で切り取るところを2分で表現するのだから、じゅうぶんな時間と言える。

気分良く過ごせた ひと時。

本夕、観了。

JR九州からは5線が収録。
その内の1線、〝絶景50路線〟というのが〝絶景5路線〟となっても選ばれるだろうと思われるのが、JR九州肥薩線。

肥薩線の無人駅に降り立った真夏の日のことが思い出される。
1日上下各3便の無人駅のホーム。
JR九州の演出なのだと思う、ふかしたサツマイモを売る少年。

そのサツマイモったら、もう・・・

| コメント (0) | トラックバック (0)

2017年4月 2日 (日)

根のサカナは誘っても食わず(^^;

5時17分、日が昇ってきた。
5時30分、出航。

170402【画像:上】
魚探を見ながら、沖根の上を北から南へと通過。

あとで竿を出そう。

ってことで、さらに沖へ。

今日の出竿は、こんな風景の見える海域。

ベタナギ。
水温は2℃。
冷たい。
ソウハチが25メートルまで浮いているが、シブい。
それでも、誘えば食ってくる。

【画像:下】
良型が揃えば、20リットルペール缶いっぱいで、100枚くらい。

が、本日のカタはバラバラ。
まァまァサイズも混じるが、総じて小さめ。

これで112枚。

魚探を見ながら、往航時と反対に、沖根の上を南から北へと通過。
根のサカナは誘っても食わず(^^;

11時、沖上がり。

| コメント (6) | トラックバック (0)

2017年4月 1日 (土)

カタはバラバラ

9時、出航。

170401_2【画像:上】
良ナギなのに、意外なことに沖に出た艇は少ない。

沖根には1艇も見えない。
もう少し沖に出ると、パラパラと数艇。

今日の出竿は、こんな風景の見える海域。

【画像:下】
正午に浮いていたのは、我が艇を含めて2艇のみ。

ソウハチが浮いていて、そのタナにスケソウが混じる。

カタはバラバラ。

12時30分、沖上がり。

| コメント (0) | トラックバック (0)

« 2017年3月 | トップページ | 2017年5月 »