« 『科学捜査の事件簿』を読む | トップページ | 冬山を歩く 21 »

2017年2月25日 (土)

冬山を歩く 20

ナギと週末がなかなか重ならない。
今日も北西風強く、我が小船では沖に出られない。

山へ。

 登り:水元沢コース
 下り:西尾根コース

17022501【画像:1枚目】
沢に下りて、鷲別川の源流に沿って上流へと歩く。

新しい雪が深く、すねまで埋まる。
かつ、締まっていない雪なので、急斜面ではグリップが効かず滑る(^^;

左手、瀬の流れ。
右手、今日のこのルートに、私より先に足跡を付けたのはシカ。

【画像:2枚目】
山頂に向かう広い雪原にて。
雪煙を巻き上げて風が吹き下りてくる。

振り返ると、標高750メートルのカムイヌプリが見えるはず。
が、雲底低く山容を隠す。

高度を上げて、雲の中に入る。

17022510_2【画像:3枚目】
雲中、強風の室蘭岳山頂にて。

山頂寒暖計は、氷点下8℃。

【画像:4枚目】
西尾根に乗るため、樹氷の枝をくぐる。

17022513【画像:5枚目】
西尾根825メートルピークにて。
かわしてきた雪庇帯を振り返る。

【画像:6枚目】
650メートルまで高度を落とすと雲から抜けた。

眼下に室蘭市街。

西尾根はさえぎるもののない吹きさらしの斜面が長い。
よって、吹き止まない北西風を右から受けて歩く時間も長い。

山歩き時間5時間30分。
15852歩。

飲食なし。

Gpslog

« 『科学捜査の事件簿』を読む | トップページ | 冬山を歩く 21 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/48442/64917958

この記事へのトラックバック一覧です: 冬山を歩く 20:

« 『科学捜査の事件簿』を読む | トップページ | 冬山を歩く 21 »