« 『日本人が「9割間違える」日本語』を読む | トップページ | クチビルがかゆい »

2017年1月29日 (日)

冬山を歩く 16

今朝早く。
白鳥大橋の風は、西北西14メートル/秒。
わが小船では、沖に出られない。
てことで、山へ。

 登り:西尾根コース(スダレの滝経由)
 下り:冬コース

170129【画像:1枚目】
ペトトル川の源流にしたたる水滴が凍ってカーテン状に。
〝スダレの滝〟と呼ぶようだ。

ここからペトトル川を遡上して西尾根コースに至ろうとするのだが、腰まで埋まる深雪につかまり身動き取れず(^^;
結局、自分の足跡をたどって、雪のしまったルートに戻る。

ンなことをしていたので、メール着信音に気付かず。
〝地球岬沖航行中〟とのSeaDragon船長よりのメールを開いたのは、着信1時間後。
サクラマス海域はナギで、船団が形成されている模様。

確かに山も穏やか、風がない。
が、すでに高度を上げていて、今となっては山を下りても沖に出ることかなわず(^^;

【画像:2枚目】
室蘭岳山頂にて。

山頂寒暖計は氷点下5℃と、氷点下6℃だった入山口での気温より高い。
気温が急速に上がっていく。

170129_2【画像:3枚目】
山頂で太陽の光を背に。
かなたに羊蹄山。

【画像:4枚目】
山頂で太陽の光を正面に。
かなたは登別沖太平洋、東経141度18分あたり。
あの沖に、サクラマス船団が浮かんでいる。

画像左のピークは、カムイヌプリ。

山歩き時間4時間00分。
14175歩。

給水量は、
 ・150CC

室蘭岳山頂で、
 ・山脇製菓 レーズンかりんとう 6個

Gpslog_4

« 『日本人が「9割間違える」日本語』を読む | トップページ | クチビルがかゆい »

コメント

こんちゃん、出るかな~なんて思ってました。
A海域を離れてからも諦めつかず、B海域で1時間粘りましたが何処もサバっ子だらけ。
次回こそは、と思うのでした(^^)v

投稿: 夫婦釣り | 2017年1月29日 (日) 20:33

夫婦釣りさん、こんにちは

潮っ気がすっかり抜けてしまって、私、波を読めなくなりました(^^;
今日は出ることができたンですねェ。
山の上からも、工場の煙突からの排蒸気煙がだんだん立って
くるのが分りました。
下山に掛かった頃には、暑くて1枚脱ぎました。

出たかったなァ。

まだサバがいるンですか。
水温が15℃くらいまで下がるとサバはいなくなるというのが絵鞆の釣師の間での定説でしたが、分からないモンです。

私、ンなこと分らなくていいンです。
今度の週末は凪いで欲しいものです。

投稿: KON-chan | 2017年1月29日 (日) 22:01

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/48442/64733632

この記事へのトラックバック一覧です: 冬山を歩く 16:

« 『日本人が「9割間違える」日本語』を読む | トップページ | クチビルがかゆい »