« 『豊浦町史』を読む | トップページ | 『あいつのマージャン』を読む »

2017年1月21日 (土)

大寒の翌日の釣り

里も積もった。
山はなおのことだろう。
好天の日、雪山に踏み跡を付けて高度を上げていくときの気分といったら、それはもう(^o^)

が、好天の日、ナギの海に白い航跡を曳いて沖へ向かうときの気分も、それはもう(^o^)

昨夕、天気予報は氷点下4℃と言っていたはず。
「風も穏やかでお出かけ日和です。胆振の波は1メートル」とは、ラジオで聞いた日本気象協会所属気象予報士の言。

それを信じ、本日、船内雪かき後、沖へ。
10時30分、出航。

予報とは違って、朝は氷点下8℃。
室蘭港内奥の波のない海域は、結氷。

170121_2【画像:上】
ナギの海に白い航跡を曳いて沖へ向かうときの気分も、それはもう(^o^)
と、書いた。

しかし、沖に向かうと堅い尖った波で、それはもう(^o^) どころか、竿を出すような海況にない(^^;

ンでも、出竿(^^;

今日の出竿は、こんな風景の見える海域。

【画像:下】
画像の外に、ガヤ並みサイズのソイが2尾。

帰港後、隣艇のキャビン内でスロージギングの講習をジックリ受ける。
今日の釣果は、その知識ということに。

« 『豊浦町史』を読む | トップページ | 『あいつのマージャン』を読む »

コメント

凪かと思っておりました。
仕事が早く終わったので、室蘭まで走ろうかと思ったのですが、中途半端な釣りになった前回の釣りをを思い出し諦めました。
マス、スケトウの様子を遊漁船のブログ等を見てますが、芳しく無いようでこの後どうなるんでしょうか?
ところでkonchan、ジグでマス狙いですか⁉

投稿: 夫婦釣り | 2017年1月21日 (土) 21:00

夫婦釣りさん、こんにちは

風は大したことなく、地球岬をかわすまではワイパー作動は計1分ほど。
そこから先が(^^;

水平線はギザギザ。
遠くからのウネリに小波が乗って、イヤらしい海況になっていました。

青魚・根魚のスローピッチジギングによる釣果には驚かされます。
この先、絵鞆の船釣師の間ではやりそうに思います。

電動リールでジィージィーやるのは楽ですが、楽過ぎます。
少し体への負荷がほしい気分。
脚の次は腕を鍛えようと思います。
右ハンドルの手巻きリールと左ハンドルの手巻きリールを交互に使って(^o^)

マスはバケ。
バケを使っても掛けられないのに、ジギングなんて(^^;

投稿: KON-chan | 2017年1月21日 (土) 21:58

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/48442/64786482

この記事へのトラックバック一覧です: 大寒の翌日の釣り:

« 『豊浦町史』を読む | トップページ | 『あいつのマージャン』を読む »