« 『審判は見た!』を読む | トップページ | 『酒にまじわれば』を読む »

2016年12月18日 (日)

冬山を歩く 7

山歩き。
 登り:水元沢コース
 下り:西尾根コース

16121801【画像:1枚目】
頭の上のほうから山に風の当たる音が聞こえてくるが、ここは谷。
谷は北から南。
風は西から東。
だから、沢に風は下りてこない。
それも、ここ、滑滝まで。

16121807この左手の急斜面を登って尾根に出て、以後は風に当たって歩くことになる。

【画像:2枚目】
596メートルコルから、室蘭岳東斜面に取り付く。

残り高度150メートル地点で見る室蘭市街には日が当たっている。

私は手前の雲の下。
この雲が911メートルの室蘭岳に当たって流れ、それによって山頂が見えない。

雲底は850メートルくらい。

この雲の移動が大変に速く、右から左へ秒速30メートルを超える。
すなわち、風も秒速30メートル以上。
この風にさらされて歩くというわけ(^^;

【画像:3枚目】
室蘭岳山頂にて。

山頂寒暖計は、氷点下6℃。

【画像:4枚目】
西尾根に入り、振り仰ぎ見る樹氷。
この氷片が猛風ではがれ、顔に当たる。
痛い。

16121807_3

Gpslog_2【画像:5枚目】
黒い雲がさらに速度を上げて通過していく。
しかし、雪は付いていなく、かつ雲底が上がった。

【画像:6枚目】
振り返ると、尾根の向こう、山頂が晴れたが、すでに下り行程(^^;

山歩き時間5時間10分。
19094歩。

飲食なし。

« 『審判は見た!』を読む | トップページ | 『酒にまじわれば』を読む »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/48442/64555755

この記事へのトラックバック一覧です: 冬山を歩く 7:

« 『審判は見た!』を読む | トップページ | 『酒にまじわれば』を読む »