« 冬山を歩く 11 | トップページ | あけましておめでとうございます »

2016年12月31日 (土)

'16 楽しく釣りができました

当ブログにおける〝釣り記事〟の最後は9月11日。
9月19日、出航後に推進系統に不具合が発生し、以降、今月の29日までKON-chan号がドック入りしたから。

このドック入り期間中、ナギの休日は少なく、仮にトラブルがなかったとしても、上積みできた釣行記事数は せいぜい6編か7編くらいのものだったと思う。
つまり、ボーズの記事を6回か7回 書かなくてよかったということになる(^^;
もっともボーズならつまらないのかというと そんなことはなく、ボーズにはボーズなりの楽しさがある。

Earth_capeこの〝ボーズにはボーズなりの楽しさがある〟という心境は悟りでも達観でもなく、従ってその境地に至るのに精神修行なんかは全然必要としない。
我が身の実力を知ることのみで、〝ボーズにもボーズなりの楽しさがある〟と感じることができる。
って、以上は大ウソ(^^;;

毎年、こう言われる、
「オレの釣果の5分の1がコンちゃんの釣果だね」
「コンちゃんの釣果を5倍したらオレの釣果になるね」

今年、同じことを言われた。
「オレの釣果の5分の1がコンちゃんの釣果だね」
「コンちゃんの釣果を5倍したらオレの釣果になるね」
と。

おのれを知らず、我が身の実力を知らずとも、他人が私を〝5分の1〟・〝5倍〟という数値で評価してくれる(^^;
ところで、この〝他人〟、私のことをおもんかってくれている。(注)

というのも、実績に照らすと、
5分の1を7分の1
5倍を7倍
への修正が必要だから(^^;

まァ、でも言おう、
今年も〝楽しく釣りができました〟(^o^)

(注)
おもんかる:慮る(よくよく考えること)

この〝慮る〟の発音を知ったのは、今さっきのこと。
我がこれまでの人生で、一度も口にすることも書くこともなかった〝慮る〟。
自分が口にしたり書いたりしたことのなかった〝慮る〟だが、読んだり聞いたりしたことは一度ならず、百回以上はある。
この 百回以上は読み聞きしていた〝慮る〟、私は omonbakaru と読んでいたし、私の耳には omonbakaru と聞こえていた。
しがし、omonbakaru は誤用。
正用は omonpakaru なんだと。

ATOK、Microsft IMEは、omonbakaru ・ omonpakaru のいずれを入力しても〝慮る〟と変換する。
あァ、日本語入力システムなんかを辞書代わりにしてはいけないのだなァ、と、悟った大みそか(^^;
これが分かっただけでも、いい一年だった(ということにしよう)(^o^)

良いお年を。

« 冬山を歩く 11 | トップページ | あけましておめでとうございます »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/48442/64616068

この記事へのトラックバック一覧です: '16 楽しく釣りができました:

« 冬山を歩く 11 | トップページ | あけましておめでとうございます »