« 『北の保線』を読む | トップページ | 『北海道の登山史探求』を読む »

2016年11月15日 (火)

『絶対に行けない世界の非公開区域99』を読む

〝立入禁止〟・〝STAFF ONLY〟・〝PRIVATE〟・〝KEEP OUT〟・〝OFF LIMITS〟・〝禁止入内〟・〝NO ADMITTANCE〟。

大型小売店舗内や美術館内は撮影禁止。

地上波未公開の映画。

まだISDNだった頃。
某プロバイダの〝STAFF ONLY〟区画を見せてもらったことがある。
椅子も机も窓もない部屋のラックに何百個も並べられたモデムの、赤ランプや緑ランプの点滅。
床に描かれた白線枠が〝STAFF ONLY〟境界を示す。

積雪のため道道○○線、△△から□□間、来年5月末まで通行禁止。

ウェブ上のコンテンツ。
〝盗用禁止〟の意味で、〝著作権を主張します〟なんてのがある。
ンなもの、誰も盗用しないって。

かと思えば、公開処刑がある。
カミングアウトがある。

上記、だが、どれも非公開ではない。

Closedこんな喫茶店で、読み始め。

「その存在を含め、肯定も否定もしない」
という文言は、一種の軍事用語。
「存在するに決まってる。 現在オペレーション遂行中」
の言い換え。
ンなわけで、本書『絶対に行けない世界の非公開区域99』の内の32が軍事・諜報施設なのは納得できる。

データの破壊は簡単。
その保管はだから高度に非公開。

アイアンマウンテン社(現ヒューレットパッカード)の地下60メートルの石灰石の廃坑を使ったデータ保管庫。
グーグル社のデータセンターのサーバー群の換気を行うための4階建ての冷却設備。

「わたしはあなただけのもの」
と言われたら、信じたいけれども、100%ウソ。
キミの胸の内は、誰も行き着くことのできない最高度に非公開区域(^^;

本夕、読了。

« 『北の保線』を読む | トップページ | 『北海道の登山史探求』を読む »

コメント

「キミの胸の内は、誰も行き着くことのできない最高度に非公開区域(^^;」読むほうも照れますわ。
コンちゃんだから許される(笑)

投稿: 夫婦釣り | 2016年11月17日 (木) 16:19

夫婦釣りさん、こんにちは

オトナになれない私(^^;
告白すると私、ヨメさん以外に、スキなヒトいるンです(^^;
最高度に非公開区域の彼女の胸の内、覗いてみたいです。
罪なのは、私でしょうか、彼女でしょうか。

いやァー、照れるなァ(^^;

投稿: KON-chan | 2016年11月17日 (木) 19:55

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/48442/64448889

この記事へのトラックバック一覧です: 『絶対に行けない世界の非公開区域99』を読む:

« 『北の保線』を読む | トップページ | 『北海道の登山史探求』を読む »