« 『ラバウル獣医戦記』を読む | トップページ | 秋山を歩く 3 »

2016年10月29日 (土)

『響きの科学』を読む

原著者は英国人の音楽家(作曲家・ギタリスト)。
また、物理学者でもある。
現在は、一つの大学で音楽を、二つの大学で物理学を教授している。
〝響き〟とは、〝音楽〟のこと。 

Soundこんな喫茶店で読み始め。

本書の対象読者は、音楽にも物理学にも素人。
だから、使われている音楽用語は、ドレミファソラシ・♯・♭まで。
物理用語は、振動・共鳴・周波数まで。
数学用語は、1/3・1/2・2倍・3倍まで。
と、平易。

なお、本書内には多くの楽曲名が出てくるが、翻訳に当たって、一部は日本人になじみのある曲に置き換えられている。

本書、しかし、相手が素人なのをあまりにも意識しすぎて、説明の言い換え・繰り返しが多く、無駄に本を厚くしているように思う。
日本の出版社の編集者なら、三分の一くらいにまでページを減らすのでは。

ということで、三分の二は退屈なページだった(^^;

モーツァルト(1756-91)が使っていた音叉は、現代のものより半音低いのだそう。
だから、モーツァルトの書いた楽譜を現代の楽器で演奏すると半音高くなる。
そう、我々が今聞いているモーツァルトの楽曲は、モーツァルトの意図した音楽ではない。
彼の意図したより半音高い旋律を聞いて、我々はモーツァルトに酔っているわけだ。

ハ長調の〝ラ(A)〟を決めるために国際会議が開かれていて、それが1939年とごく最近のこと。
標準音としての〝ラ〟音は440ヘルツ。(注)

ヒトが最初に出す音、〝うぶ声〟が万国共通・男女別なく〝ラ〟だというのは有名。

本夕、読了。

(注)
〝ラ〟を440ヘルツとするというのは国際会議での決定事項。
芸術はそんなこととは無関係。
オーケストラは、オーボエの〝ラ〟で音合わせをする。
このオーボエの〝ラ〟は、440ヘルツよりやや高め(らしい)。
いよいよ、モーツァルトの意図から離れていく(^^;

« 『ラバウル獣医戦記』を読む | トップページ | 秋山を歩く 3 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/48442/64340528

この記事へのトラックバック一覧です: 『響きの科学』を読む:

« 『ラバウル獣医戦記』を読む | トップページ | 秋山を歩く 3 »