« 羊蹄を歩・・・けなかった(^^; | トップページ | 夏山を歩く 7 »

2016年10月 9日 (日)

『まるで本当のような嘘の話』を読む

講談師、見てきたようなウソを言い。

赤穂浪士の討ち入り時には、雪がシンシンと降っていた。
日本で初めて新婚旅行を行ったのは、坂本竜馬夫妻である。

いずれも、のちの人の作り話。

〝嘘のような本当の話〟ではない。
知っていた・信じていたことが、実は違う。
本当だと思っていたことが実は違うという話。

True_storisこんな喫茶店で、読み始め。

こういうテーマからは、教訓的な〝善〟なるものが見える気分にさせられるかもしれない。
が、〝本当のような嘘〟を知ったところで、覗き見気分以上のものは得られない(ように思う)。

釣師のバカ話のほうが、はるかに〝教訓〟的。
釣師はホントなんだかウソなんだか、よく分からない話をする。
しかし、実はこの釣師のバカ話、大体はホントの話。

イワシのサビキ仕掛けでサケをあげる。
赤いオモリでヒラメをあげる。
フック1本だけのジグでサバを2尾あげる。

これらは、ウソのようなホントの話。
だから心して竿を出さなければならない。

競馬の実況中継の、本当のような嘘の話。

ゲートの開く音。
駆け抜けていく馬の足音。

これは、だが、本当の音ではない。
合成・付け足し音、嘘の音。

今夕、読了。

« 羊蹄を歩・・・けなかった(^^; | トップページ | 夏山を歩く 7 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/48442/64271948

この記事へのトラックバック一覧です: 『まるで本当のような嘘の話』を読む:

« 羊蹄を歩・・・けなかった(^^; | トップページ | 夏山を歩く 7 »