« 『ねじとねじ回し』を読む | トップページ | 『とんでもなく役に立つ数学』を読む »

2016年10月16日 (日)

羊蹄を歩く 4

羊蹄山の火口縁に至るには4つのルートがあり、今年は、
  6月7日に真狩コース
  7月1日に喜茂別コース
10月1-2日に京極コース
の3ルートを歩いた。

羊蹄4ルート、もうひとつは比羅夫(倶知安)コース。

161016_3【画像:1枚目】
ということで、入山は比羅夫から。

2合目の開けた視界からは、黄葉。

【画像:2枚目】
6合目から雪が見え始め、8合目あたりの雪は氷化。
アイゼンを背負ってきているが、ストックで氷を割って足掛かりを作って高度を上げていった。

新しい雪が降ったようだ。
9合目まで上がると、靴底だけでグリップの効く粉雪。

7合目からは、雲中登山。

161016_4

【画像:3枚目】
比羅夫コースを登り詰めて火口縁に出ると、そこは火口をはさんで最高点の真反対。

しかし、入山直後から、頭の上のほうから聞こえてくる音が大きい。

火口縁は、やはり暴風。
加えて、濃いガス。
火口縁の向こう側に向かうのは無茶。

なので、火口縁に達したそこを今日の山頂とすることにし、旧小屋跡(気象観測所跡)でザックをおろした。(注)

【画像:4枚目】
下山後、仰ぎ見る羊蹄。

この道路の突き当たりの、あの林からあの山の上を目指す。
堂々と大きな山だ。

そうだ。
オイラはさっきまで、あの雲の中で暴風に吹かれ鼻水を垂らしていたのだ(^^;

山歩き時間9時間30分。
24782歩。


全給水量は、
 ・700CC

登りながら、
 ・イオン キャラメル&ナッツクッキー 1枚

旧小屋跡(気象観測所跡)で、
 ・UCC 職人の珈琲 1ドリップ
 ・イオン キャラメル&ナッツクッキー 1枚

(注)

GPSログの、は6合目あたり。
ガスが湧いてきて視界が閉ざされたのと、上のほうから聞こえる風の音があまりにも大きかったので、ここで下山を決心。
ところが、150メートル高度を下げると、雲の底が見えたので登り返した。
今日は、1合分多く登っていることになる。
だから、火口縁を山頂としてもいいかなっと(^o^)

Gpslog_2

« 『ねじとねじ回し』を読む | トップページ | 『とんでもなく役に立つ数学』を読む »

コメント

こんばんは。コンチャン、死なない程度に遊んで下さいませ。文字で見ると「かあ~るく」登って、「かあ~るく」下りて来たように見えますがそんな訳がない。
今回はすれ違う人も居なかったのでは?

ところでイカは何処へ?

投稿: 夫婦釣り | 2016年10月16日 (日) 17:47

夫婦釣りさん、こんにちは

入山口標高は350メートル、秋。
高度を上げていくと、季節がどんどん進行して、中腹から上は冬でした。
わずか1500メートル高度を上げるだけで、孤独な世界に入ります。
色んなことを考えるヒトもいるんだろうなァと思いますが、私は空っぽ(^^;
山に入る理由、自分でも全く分らないです(^^;

漁火がたくさん見えているので、漁は成り立っているようです。
貴艇がイカ海域の上にいるのは間違いありません。
イカが仕掛けに掛からないのは、ウデでも何でもなく、ひとえにイカの都合です。
何をやっても食わないってヤツ。

山は空っぽでいられますが、海は色々考えなくちゃなりませんね(^^;

投稿: KON-chan | 2016年10月17日 (月) 02:28

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/48442/64356593

この記事へのトラックバック一覧です: 羊蹄を歩く 4:

« 『ねじとねじ回し』を読む | トップページ | 『とんでもなく役に立つ数学』を読む »