« 表大雪を歩く 3-2 | トップページ | 『日本の名河川を歩く』を読む »

2016年9月22日 (木)

夏山を歩く 4

くずれるとの予報の出ている天気。

室蘭岳へ。

 登り:夏道(南尾根)コース
 下り:西尾根コース

160922【画像:1枚目】
歩き始めから森林限界の上で、都市の気配を全く感じさせない表大雪ではいい山歩きができた。
しかし、木々が迫り人々の生産活動の証を眺望する この室蘭岳も どの山に劣らず いい山だと私は思う。

長さは別として、100メートル高度を上げ下げする負荷、あるいは1時間脚を使う負荷は、表大雪を歩くよりも、この室蘭岳を歩く方が大きい。

鳥のひと啼き、虫のひと鳴きも聞こえない。
東からの強風。

聞こえるのは、木の枝を揺らし、笹原をなびかせる風の音。

700メートルまで高度を上げて振り返り見る室蘭港。

雲が低い。

【画像:2枚目】
室蘭岳山頂にて。
山頂寒暖計は13℃。

160922_10【画像:3枚目】
下から吹き上がってくる風を受けて、西尾根を歩く。

チシマアザミの枯れ花。

【画像:4枚目】
ペトトル川の源流をひとまたぎして、登り返し50メートル。

飲食なし。

山歩き時間2時間25分。
14963歩。

Gpslpg

« 表大雪を歩く 3-2 | トップページ | 『日本の名河川を歩く』を読む »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/48442/64104218

この記事へのトラックバック一覧です: 夏山を歩く 4:

« 表大雪を歩く 3-2 | トップページ | 『日本の名河川を歩く』を読む »