« つもりはつもり(^^; | トップページ | 『大作曲家の死因を探る』を読む »

2016年9月 5日 (月)

『文藝春秋9月号』を読む

誌中の広告が洗練されている。

例えば、資生堂のPR紙面。
女性フェンシング競技者(フェンサー)と若い女優の対談。
美容の話も商品名も出てこない。

例えば、レストラン嘉門(帝国ホテル最上階のレストラン)のPR紙面。
『音まで、お召し上がり下さい。』とあって、店内に音楽を流していない理由が語られる。

例えば、天一(天ぷら料理店:札幌東急デパートにも支店がある)のPR紙面。
カッパがウチワを持って座っている。
かたわらに蚊取り線香。
そして、『油断大敵』とあるだけ。

Bungeishunjyuこんな飯屋で読み始め。

新しい情報を得る雑誌ではない。
すでに知っている知識・情報、ブランド・味・企業のセンスの表現力を知る雑誌。
これらの表現が気取っていてはいけない。
しかし、気取っていないと本書にはなじまない。

ということで、私のようなものが手にするのははばかれる。
ましてや、飯を食いながら読むってのは(^^;

まァ、それがKON-chan流(^^;

本夕、読了。

« つもりはつもり(^^; | トップページ | 『大作曲家の死因を探る』を読む »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/48442/64091040

この記事へのトラックバック一覧です: 『文藝春秋9月号』を読む:

« つもりはつもり(^^; | トップページ | 『大作曲家の死因を探る』を読む »