« 対応策は4つある | トップページ | つもりはつもり(^^; »

2016年8月30日 (火)

『本番に強くなる』を読む

・アガってしまってェ・・・
・アワテてしまってェ・・・
・プレッシャーに押しつぶされてェ・・・
・集中力を欠いてしまったァ・・・
等々。
実力を発揮できなかった理由。

Performance_2こんな喫茶店で読み始め。

『本番に強くなる』とは、本番で本来の実力を出すということ。

著者は体操競技者だった人。
26歳で指導者となり、その後、大学で運動スポーツ学を教授する一方で、野球・ゴルフ・サッカーなどのトップアスリートたちにメンタルコーチする。
さらには、企業の経営幹部に、組織の心理面での活性化法のティーチングも行っているようだ。

著者自らも書いているが、これらメンタルをコントロールする方法に著者自身が編み出したものはない。
著者がやったのは、内外の文献を調べ、その著者に面会し学ぶこと。
また、ヨーガ、座禅、精神修養所の体験もしている。

心理的・生理的働きに全く触れられてなく理屈に乏しいが、言っていることは外れていないと思う。

・アガってしまってェ・・・
・アワテてしまってェ・・・
・プレッシャーに押しつぶされてェ・・・
・集中力を欠いてしまったァ・・・
等々。
実力を発揮できなかった理由だが、こういうことを言えるのは、
・アガらず
・アワテず
・プレッシャーに押しつぶされず
・集中力を失わない
ならば、実力を出せる人。

そもそも平常時において実力のない者が〝実力を発揮できなかった〟なんて言葉にするはずもないから、本書は実力不足の者が読むに値する本ではない。
って、私のことかァ(^^;

読んだだけ(^^;

本夕、読了。

« 対応策は4つある | トップページ | つもりはつもり(^^; »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/48442/63580424

この記事へのトラックバック一覧です: 『本番に強くなる』を読む:

« 対応策は4つある | トップページ | つもりはつもり(^^; »