« こんなのは掛かる 1 | トップページ | 『世界猟奇ショー』と『大猟奇』を読む »

2016年7月31日 (日)

『JP01』を読む

JP-01とは、ISOで定めている北海道の地理コードのこと。
「北海道を応援する」と銘打たれている。

Jp01こんな飯屋で読み始め。

季刊で50000部発行されていて、これがフリーペーパー。
道内の道の駅や主要SA・PAや銀行に置いてあり、本誌ですでに12号になるが、私が目にしたのは初めて。

全130ページ。
その全てがアート紙で、写真の掲載が多い。
それらの写真は、プロあるいは腕のある経験豊かなアマチュアカメラマンによるもので、できばえが大変にいい。
有料誌をしのぐ しっかりした編集で、なおかつ広告が少なく、どうやって発行資金を捻出しているのだろう。

釣師の関心は、〝旬を釣る〟のページ。
対象魚はオショロコマ(カラフトイワナ)で、これをフライで掛ける。

私もフライでオショロコマを釣ったことがある。
掛けやすいサカナで、北海道の渓流魚では一番掛けやすいと思う。

海のサカナは渓流のサカナよりも掛けやすいと思う。
そう思うのだが、掛けられない(^^;

本夕、読了。

« こんなのは掛かる 1 | トップページ | 『世界猟奇ショー』と『大猟奇』を読む »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/48442/63993034

この記事へのトラックバック一覧です: 『JP01』を読む:

« こんなのは掛かる 1 | トップページ | 『世界猟奇ショー』と『大猟奇』を読む »