« 春山(伊達紋別岳)を歩く 4-1 | トップページ | 春を食う »

2016年5月 8日 (日)

春山(稀府岳)を歩く 4-2

西からの強風は吹き止まず。

伊達紋別岳から下りて、チトもの足りない。

ブルボン ふんわりバームオレンジショコラを1本かじって、稀府(まれっぷ)岳へ。

『北海道夏山ガイド①』にも胆振総合振興局の『登ろういぶりの山』にも紹介されていない山で、702メートルの低山。
稼ぐ高度も570メートル。

160508_6【画像:1枚目】
先に登った伊達紋別岳とは異なった植生で、背の丈を超えるチシマザサがせまる登山道を歩く。

足元はゴロタ。

しかし、高度を100メートルほど上げると、ササが左右に広く開け、足元からゴロタが消えて歩きやすくなった。
そこに、茎の青いフキが1万本。
コゴミが5千本。
残念ながら、コゴミの渦巻きが解けかかっている(^^;

【画像:2枚目】
小さなピークがあって、前稀府岳。
621メートル。
いったん50メートル高度を下げたのちに右の尾根を伝って、高度を上げて、あのピークを目指す。

伊達紋別岳同様、このあたりからは、見事に背の丈が50センチほどに揃ったササ原。

風は変わらず強く、山を鳴らして走る。
その風に、ササ原が波打つのは伊達紋別岳同様。

陽射しが強く、暑いのも同様。

【画像:3枚目】
稀府岳山頂。

この山でもエゾアオイスミレを見る。
給水は、200CC。

山歩き時間2時間30分。
11256歩。

低山だったが2座登ったことで、今日の累積獲得高度は、2424メートル。
トータル27635歩。

もう1座、室蘭岳に登るくらいの脚が残ったが、午後より所用。

稀府岳を下りて、登山靴を脱いだ。

GPSのロギングがうまくいっていない。
原因不明(^^;

Gpslogmtmareppu_5

« 春山(伊達紋別岳)を歩く 4-1 | トップページ | 春を食う »

コメント

山、二つ!
フッ・・。読むだけで足がガクガクしました(^^;。

投稿: 夫婦釣り | 2016年5月 9日 (月) 05:40

夫婦釣りさん、こんにちは

レストア日和に恵まれ、いい休みだったようで。

伊達紋別岳は10年前、稀府岳は5年前に、山頂までのルートが開かれた山のようです。
入山口あたりは桜が咲いていましたが、150メート高度を上げたところにあるヤマザクラの木はまだ固い芽でした。
この時期、木の葉がまだですので展望がきくのと、虫・ダニが少ないのでとても歩きやすいです。

稀府岳では、札幌の山岳会の10人ほどのパーティとすれ違いました。

どちらもいい山でした。

が、沖でお会いしましょう(^o^)

投稿: KON-chan | 2016年5月 9日 (月) 06:45

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/48442/63595851

この記事へのトラックバック一覧です: 春山(稀府岳)を歩く 4-2:

« 春山(伊達紋別岳)を歩く 4-1 | トップページ | 春を食う »