« 我が艇基準でも、いいカタ未満(^^; | トップページ | 『山人たちの賦』を読む »

2016年2月 7日 (日)

冬山を歩く 11

北西の季節風強く、我が小船では沖に出られない。
で、山へ。

登り:西尾根コース
下り:冬コース

160207【画像:1枚目】
ヒュッテから40メートル高度を落とし、ペトトル川の源流をひとまたぎ。

雪は締まっている。
が、渡渉先で、アイゼン代わりにスノーシューを付けた。

瀬音を右手に聞く。
鳥の声。
それらが、雪に吸われて消える。

静寂の白。

【画像:2枚目】
標高700メートル付近にて。

手前の斜面を登り詰め、西尾根825メートルピークに立つ。

以降、雪庇帯・深雪帯・霧氷樹林帯と、尾根を伝って高度を上げる。


ここまでは、空に青色が見えていたが、数分後、雪の付いた強風。

【画像:3枚目】
山頂にて。
山頂寒暖計は、氷点下11℃。

【画像:4枚目】
この冬、初めて冬コースを歩く。
冬コースを下りて間もなく、山ボーイ3人・山ガール2人の5人パーティーに追いつく。

追いつくも、スノースライダーで滑り降りる彼ら彼女ら。
たちまち、置いていかれる。

山歩き時間、2時間50分。
13602歩。

飲食なし。

Gpslog

« 我が艇基準でも、いいカタ未満(^^; | トップページ | 『山人たちの賦』を読む »

コメント

ご無沙汰です。しつも~ん。室蘭岳と鷲別岳は同じ山ですか?。

投稿: きーさん | 2016年2月 8日 (月) 00:41

きーさん 、こんにちは

同じ山です。
鷲別岳が正式名称のようですが、そう呼ぶ人はいませんね。
〝ムロラン岳〟、〝ラン岳〟。

だんパラ公園の駐車場で標高400メートル。
山頂が911メートルですから、500メートル高度を稼ぎます。
羊蹄山や富士山登山だと、稼がなければならない高度は1500メートルくらい。
ですから、室蘭岳に3回登る脚があれば、羊蹄山、富士山にも登れます。

水元沢と西尾根の両方を使うと、稼ぐ高度が1000メートルほどになります。
この両方を歩いた日は、一人でニヤツクわけです(^o^)

投稿: KON-chan | 2016年2月 8日 (月) 06:12

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 冬山を歩く 11:

« 我が艇基準でも、いいカタ未満(^^; | トップページ | 『山人たちの賦』を読む »