« 『小説家のメニュー』を読む | トップページ | 1尾目からキープすべきだった »

2015年12月28日 (月)

冬山を歩く 5

北西の強風。
沖には出られない。

登り:西尾根コース
下り:夏道(南尾根)コース

151228【画像:1枚目】
古い雪の上に、新雪が乗っているが、大した積雪量ではない。
結晶の細かい、密度の高い雪で、踏むと鳴る。

ペトトル川の源流を渡渉し、登りに取り掛かる。

わずかに空から雪。

【画像:2枚目】
800メートルあたりから、世界が変わる。
雪が急に深くなり、場所によっては股間まで埋まる。
が、ラッセル距離はわずか。

スノーシューを背負ってきているが、結局、使わずにツボ足で歩き通した。

西尾根ピークの825メートルから前方を望む。
尾根上に成長した雪庇(せっぴ)。
画像の雪壁を左手にして進み、前方の雪庇を右に巻いて尾根から顔を出す。

白鳥大橋の風速計で20m/s近くあったから、このあたりでは20m/sを超えている。
ここをかわすと、霧氷樹林をくぐって歩く、夢の世界(^o^)

【画像:3枚目】
室蘭岳山頂にて。

山頂寒暖計は、氷点下10℃。

南尾根から上がった二人パーティーの先行者が、水元沢コースをスキーでおりたようだ。
シュープールが2組。

【画像:4枚目】
私は、樹林帯を歩く夏道を使って高度を下げた。
このコースは、高度を150メートルも下げると霧氷が消える。
コース上の雪は締まって、靴も埋まらない。

山歩き時間、3時間15分。
12419歩。

給水なし

山頂で、
・柳月 十勝この実 1個

Gpslog_2

« 『小説家のメニュー』を読む | トップページ | 1尾目からキープすべきだった »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 冬山を歩く 5:

« 『小説家のメニュー』を読む | トップページ | 1尾目からキープすべきだった »