« 2015年2月 | トップページ | 2015年4月 »

2015年3月

2015年3月29日 (日)

3月は皆勤(^o^)

ナギ。
6時、出航。

この3月は、ナギを使える週末が多かった。
KON-chan号、3月は全部の土日に沖に出た、皆勤(^o^)

150329_2【画像:上】
今日の出竿は、こんな風景の見える海域。

ソウハチ海域に大船団。
群れはすぐ抜け、食いも良くない。
カタはバラバラ。
しかし、デカイのはデカイ(^o^)

10時、ソウハチ海域離脱、根に入った。
朝早くは春がすみ。
ベタナギ。

根に船を進めた頃は西風が降りてきて、釣りづらい海況となった。

【画像:中】
今日の同乗は、仕事仲間のSさん。

この画像を撮った直後、Sさんの竿が大きく曲がった。

【画像:下】
私の釣果。
Sさんも同数。

船中、
ソウハチ100枚ちょっと
ソイ4尾
タラ2尾

正午、沖上がり。

| コメント (4) | トラックバック (0)

2015年3月28日 (土)

3回目の潮のぼりはせず

朝早くは結構な風だったが、釣りにならない海況ではない。
6時30分、出航。

150328【画像:上】
サクラマス海域まで進むつもりでいた。
が、途中海域で見た船団の竿の動きが良さそう。

ソウハチ海域。

今日の出竿は、こんな風景の見える海域。
海上はモヤっていて、オカは見えない。

72メートルあたりから反応が見えるのだが、途切れ途切れ。
シーアンカーを入れて、船の動きを抑えるが、反応は継続しない。
沖へ沖へと流され、80メートルを超えると反応が消える。

【画像:下】
潮のぼりを2回。
3回目の潮のぼりはせず、沖根を経由して竿を納めた。

カタは悪くない。
100枚丁度。

沖上がり、12時30分。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2015年3月22日 (日)

遠景は春のモヤ

日の出は5時37分。
その直前、朝焼け。
東の全てが赤く燃えた。

5時30分、出航。

150322【画像:上】
雲は高く、日がかげることはなかったが、遠景は春のモヤ。

今日の出竿は、こんな風景の見える海域。
サクラマス海域。

【画像:中】
サクラマスのタナとおぼしき80メートルあたりに毛ばりを泳がせたい。
が、70メートルから100メートルにスケソが入り、邪魔をされる。

スケソの反応が途切れた頃、小さなマダラがバケ尻に掛かった。

結局、マスはスカ(^^;

【画像:下】
小さな根の上で、インチクを沈めた。
50センチ超えが出た(^o^)

| コメント (4) | トラックバック (0)

2015年3月21日 (土)

霧笛が、近くに聞こえる

帽子をニット帽から、麻のハットに変えて家を出た。

日の出は5時38分。
5時50分、出航。

150321【画像:上】
海をわたる風は穏やか、暖かい。
良ナギ。
しかし、ガスが濃く、視程は0.1海里もない。
真東から昇る春分の太陽も、濃いガスの向こう、肉眼で直視できるほど。

本船からの霧笛が、近くに聞こえる。

今日の出竿は、こんな風景の見える海域。

9時30分、海域離脱。
ガスの太平洋を、サクラマス海域へ航海。

【画像:下】
サクラマスはスカ(^^;

根の反応は良く、カタもまァまァ。

| コメント (2) | トラックバック (0)

2015年3月15日 (日)

もつれた糸

サクラマスは、魚探で見つけられる魚ではない(と思う)。
水温の高い・低いやベイトの反応で、サクラマスのいる海域の目星を付け実績を出している船長がいることはいる。(注)
そういう船長であっても、海上の1点を指して、「ここを中心に半径300メートルの円内にサクラマスがいる」と断言できるとは思えない。
〝半径300メートル〟というところを〝半径1海里(1.9キロメートル)〟に広げても、さァ、言えるかどうか。

日出が5時50分。
6時20分、出航。

ナギ良く、26ノットの高速航海。

150315【画像:上】
26ノットで1時間。

今日の出竿は、こんな風景の見える海域。

出竿した海域の水深は120メートル。
シーズン早くは、浅いタナで掛かるのだが、今くらいだと70メートル以深だろう。

毛バリを泳がせながら、ベタ底から竿を一振りするごとに、ハンドルを5回転させてタナをあげてゆく。

80メートルで、ヒット(^o^)

以降、80±20メートルの範囲で毛バリを泳がす。

【画像:中】
仕掛けのフォール中に、サクラマスが食い上げてヒット。

スプールがバックラッシュ。

もつれた糸。
これを解くのに30分ほど、あれこれするがダメ(^^;

午後から野暮用があって、これを機に納竿。

10時30分、沖上がり。

【画像:下】
マダラが1本。
画像の外に、ヤマメクラスが2尾。

(注)
今時期、胆振沖の海水温は2℃もないが、場所によっては0.3度くらい高いところがある。
この変化のキワがいいのか、水温の高い海域がいいのか、低い海域がいいのか、さて・・・
また、アミ類だと思うのだが、かなりはっきりした反応が見える。
これを、小魚が食う。
それをマスが食う・・・、はず。

| コメント (4) | トラックバック (0)

2015年3月14日 (土)

釣りが下品になった(^^;

8時45分、出航。

ナギ良く、26ノットの高速航海。

150314_2【画像:上】
今日の出竿は、こんな風景の見える海域。

海水温は2℃を切っているが、空は澄んで明るい。
陽光が降り注ぎ、海面からの照り返しがまぶしい。

【画像:下】
根にベッタリと張り付いていた魚が、今日は活発に動く。

スカなく、外道なく。
1投1尾が連続15回(^o^)
連続30回は魚信を得られそうな根からの反応。

しかし、すでに釣りが下品になった(^^;
なので、正午、沖上がり。

50センチ超えが2尾混じった(^o^)

| コメント (0) | トラックバック (0)

2015年3月 8日 (日)

ここにいるのか、あっちにいるのか・・・

日出が6時01分。
5時45分、出航。

地球岬をかわしたのちは、北東にのぼる。
船の向かう方向からウネリ。
このピッチが短く、船速を上げられない。
18ノットで巡航。

150308【画像:上】
今日の出竿は、こんな風景の見える海域。
海面は輝いているが、ガスってオカも太陽も見えない。

マス海域。

魚釣りをする際に最も大事なことは、魚のいるところで竿を出すこと。
だが、この〝魚のいるところ〟を知るのが難しい。

マスがここにいるのか、あっちにいるのか・・・

名人の乗る船が見えるからという根拠にならない根拠に頼っての出竿(^^;

やがて、ガスが取れて、陽光が直接降ってきた。

マスはスカ(^^;

【画像:下】
帰航はウネリを追う航海で、25ノット。

根からは、良型が出た(^o^)

13時、沖上がり。

| コメント (6) | トラックバック (0)

2015年3月 7日 (土)

ナギは昼まで II

日出が6時02分。
5時50分、出航。

ナギは昼まで・・・
いや、初めっから、ナギでない(^^;

15030730分もかからない航程を1時間近くもかけての航海。

今日の出竿は、こんな風景の見える海域。

出竿したというだけ(^^;

| コメント (0) | トラックバック (0)

2015年3月 4日 (水)

『常識の世界地図』を読む

〝常識の非常識〟とか〝非常識の常識〟とか。

逆説的と言えばカッコ良すぎる。
キャッチコピー的と言えばいいのか。
このような表現で、我々の意識を見直させることを意図した言い方がある。

これは、私のような凡人未満のモノには、使う機会があり得ない言い方だ。
デキル人が使う言葉の用法で、相当にズルイ言い方だと思う(^^;

ただし、私でも1000や2000は並べられるほどに、言い方そのものは簡単だ。

例えば、
 真実の嘘 嘘の真実
 釈迦のキリスト キリストの釈迦
 美徳の悪徳 悪徳の美徳
 健康の不健康 不健康の健康
 存在の不在 不在の存在
 勝利の敗北 敗北の勝利
 戦争の平和 平和の戦争
 平穏の混乱 混乱の平穏
 繁栄の貧困 貧困の繁栄
 始まりの終わり 終わりの始まり
 写実の模写 模写の写実
 愛の裏切り   裏切りの愛
 白昼の暗闇 暗闇の白昼
 爆笑の悲哀 悲哀の爆笑
 静穏の混沌 混沌の静穏
 孤独の喧噪 喧噪の孤独
 ロックの演歌 演歌のロック
 安全の不安全 不安全の安全
 時間の空間 空間の時間
 飽食の飢餓 飢餓の飽食
 湿潤の乾燥 乾燥の湿潤
 デジタルのアナログ アナログのデジタル
 天使の悪魔 悪魔の天使
 好釣の不釣 不釣の好釣 (^^;
などなど。

 

Bookこういう言い方は、釣師には絶対に通用しない。
言葉のアヤなんぞに、釣師が引っ掛かるものか。
そもそもが、釣師は引っ掛ける立場。
釣師というのは、〝常識の非常識〟などと曲がりくねった言葉を頭に浮かべて竿を出したりしない人種だ(^o^)

釣師が相手にするのは、脳の小さな知恵のない非力な魚。
そんな魚をダマシ釣りあげるそのために、いい大人が、ハイカーボンスチールのフックとPEのラインとカーボンのロッドを使い、どこまでも真剣(ホントかなァ)に全力(ホントかなァ)で立ち向かう。
知恵のない非力な魚を相手に、初めから〝常識〟がないのが釣師。(^o^)

21世紀研究会編、文春新書。
今夕、読了。

〝常識の非常識〟とか〝非常識の常識〟とかという話が出てくるのならば、「オイラ、ウデのことはさておいて、釣師のつもり。 ンなこと改めて言われるまでもない話」と言うところだが・・・
書かれているのは、各国・民族それぞれの風習・風俗・ならわし・しぐさ・習慣といったこと。

宗教が背景にある事柄が多い。
例えば、日本の常識の「火葬」は、世界の常識から離れたかなり特殊な葬法だとか。

その発生の起源・背景が分からないが、世界の常識からは非常識に見えるものがある。
日本人に限って言えば、「座り方」、「食器の使い方」など。
「正座」をするのは日本人だけ。
食事の際、食器を手に持つのは日本人だけ。

てなことが、本書に書かれていること。

参考文献多数。
「21世紀研究会」というのは、「編集会議」のことだろう。
編集技術で作られた本だと思う(^^;

| コメント (0) | トラックバック (0)

2015年3月 1日 (日)

ナギは昼まで I

ナギは昼まで持たぬ。
急げや急げ。

日出が6時12分。
6時、出航。

150301【画像:上】
今日の出竿は、こんな風景の見える海域。
沖根。

出竿準備中。
インターラインのロッドからラインが抜けた。

ただでさえ不器用なところへきて、その上さらにかじかんだ指。
ラインを入れ直すのに、大いに手間取る(^^;

小一時間の作業ののち、やっと実釣開始。

【画像:下】
風は山背(東風)。
船が西に落ちては、東に上る。

2℃を切る冷たい水。
魚は根にベッタリ張り付いて、姿が見えぬ。

が、見えぬ魚が1尾掛かったのをきっかけに、根に張り付いていた魚がゾロゾロと動き出した(^o^)

小さなマダラが1尾混じった。

10時30分、硬い小さな雪が降ってきた。

11時、沖上がり。

| コメント (6) | トラックバック (0)

« 2015年2月 | トップページ | 2015年4月 »