« 冬山を歩く 10 | トップページ | 『出ない順 試験に出ない英単語』を読む »

2015年1月 3日 (土)

冬山を歩く 11

夜半から今朝にかけて降雪。
北西の風強く、シケ。

7時45分、入山。

登り:西尾根コース
下り:西尾根コース

150103【画像:上】
新雪が深い。
処女雪面の登りにかかる。

登りに要した歩数は8562。
内、3000歩はひざがしらまで、1000歩は太ももまで埋まった。

急登ではアイゼンがきかず、踏み出した1歩が3歩以上滑り落ちる。
しかし、体がよく動き、無雪期よりもむしろ少ない発汗と疲労感。

積雪分、自分の背が高くなった。
霧氷樹の枝をかがんでかわさなくてはならない箇所が、そこここに(^o^)

【画像;下】
時々、顔が痛くなるほどの強風、地吹雪。
時々、陽射し。

山頂寒暖計は、氷点下11℃。

西尾根コースを下って、まだ歩き足りない。

更に、夏道(南尾根)コースを往復しようかと。
が、黒雲がやってきて、急に猛吹雪。
登山靴を脱ぐことにした。

山歩き時間2時間55分。
14130歩。
飲食なし。

« 冬山を歩く 10 | トップページ | 『出ない順 試験に出ない英単語』を読む »

コメント

この景色だと、スキーを持っていきたい雰囲気ですが
ちと、大変ですね。

投稿: 川染 | 2015年1月 3日 (土) 14:29

それ、やってみたいです。

聞いた話では、ボードを持って上がる人が百何十人だかいるとのことです。
ゲレンデスキーを担いで、スキー靴で上がったという人も知ってます。
長さも傾斜もアンヌプリよりきついですから、大汗をかきそうですね。

投稿: KON-chan | 2015年1月 3日 (土) 16:18

こんばんは!konchan。
今年もよろしくお願いします。
積雪があるのなら、アイゼンよりもスノーシューり方が良いのではないですか?。まあ、いわゆるかんじきですが、そこまで本格的に冬山をおやりになるのなら、プラスティック製の安物ではなくて、しっかりしたものを購入した方が良いかもしれません。

私も早春の川用に持っています。降ったばかりの雪では厳しいですが、表面が1回溶けて少し硬くなっていれば、膝まで浸かってラッセルはありえません。坂でも後戻りはしませんし・・。後、ソールを張った短い山スキーも良いかもしれません。ご存じてあると思いますが、どちらも札幌の秀岳荘に売っています。通販でも購入可能です。

投稿: shinya@メインハウス | 2015年1月 3日 (土) 18:48

shinyaさん、本年もよろしくお願いします。
八重山への御旅行でしょうか。
いい旅にならんことを。

干支を6回りはしているはずのおば様、
『あなたの足跡があったので、私もツボ足で上がってきました』と。
スノーシューはザックにくくり付けたまま。

彼女がツボ足で上がってきたのと、私がツボ足で歩いている理由は多分同じでしょう。
室蘭岳だけの登下山だと負荷がちょっとモノ足りません。
その内、スキーかスノーシューを使うことになりますが、今のところは、もう少しツボ足で歩こうと思ってます。

ランニングやウォーキングや筋トレの場を、つまり汗をかく場を街やジムから山に移動しているようなものです(^o^)

投稿: KON-chan | 2015年1月 3日 (土) 20:21

KON-chan号船長さん こんばんは(^^♪

連日、室蘭岳の登山スゴイですね。
2時間55分の山歩きでまだ物足りない‥ワオ!

毎週のように室蘭に行っていたのに
いまはすごく遠い感じがします。

息子が船舶免許にトライすると言っております。
「春日和号」も早く室蘭の海を疾走したいと思っているかも。
実現すると良いなあと思っています。

今年もよろしくお願いいたします。

投稿: はるさん | 2015年1月 5日 (月) 18:16

はるさん、こんにちは
今年もよろしくお願いします。

思っていた以上に、山はいいです。
20代、30代の頃の体力に戻ることはできませんから、低い山でも、もう登れない山・ルートがあります。
今の自分の足の範囲で歩こうと思ってます。

息子さんに免許を取っていただき、また春日和艇を沖に出しましょう。
待っています。

投稿: KON-chan | 2015年1月 5日 (月) 19:28

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 冬山を歩く 11:

« 冬山を歩く 10 | トップページ | 『出ない順 試験に出ない英単語』を読む »