« 備えあっても・・・ | トップページ | 同じ海に浮かぶⅠ »

2011年3月15日 (火)

絵鞆マリン倶楽部の皆様へ

私は仕事で何度か釜石や石巻あたりに行ったことがあります。
田老(宮古市)の大防潮堤も見ています。
あんな一瞬に全てが押し流されるほど、それほどに三陸の町々は地震・津波に無警戒な土地柄ではなかったはずです。
が・・・

あの母を呼んで泣いている少女・・・
流されていく車に人影が見えるのに・・・
防潮堤を難なく乗り越える大波・・・

自然が人智・人力を上回ったというのが現実でした。

絵鞆マリン倶楽部員のあいだで、自然発生的に義援金の話が出ました。
すでに義援金をおくった倶楽部員がいることも聞きました。
私たちにできることはしれていますが、『室蘭マリーナの釣りっこ情報』で報告させていただいている通り、倶楽部財源から義援金をおくることにしました。
ご了承下さい。

« 備えあっても・・・ | トップページ | 同じ海に浮かぶⅠ »

コメント

会員です。
倶楽部からの義援金の件
了解いたしました。
被災された皆様には心より
お見舞い申し上げますとともに
一日も早い復興をお祈り申し上げます。

投稿: Iceberg | 2011年3月17日 (木) 11:40

Iceberg船長さん、こんにちは。

ご了解いただきまして、どうもありがとうございます。
今日、室蘭民報さんを通じて義援金をおくりました。
経緯については、4月の安全祈願祭にご報告しようと思います。

今回の震災は、個々人が気を付けるとか備えるとかというレベルを越えています。
運のいい我々は、お気の毒な人たちに何かしてあげられることがあるようにも思うのですが・・・
今、思い付くのはこれぐらいのことです。

投稿: KON-chan | 2011年3月17日 (木) 20:43

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 絵鞆マリン倶楽部の皆様へ:

« 備えあっても・・・ | トップページ | 同じ海に浮かぶⅠ »