« 2010年10月 | トップページ | 2010年12月 »

2010年11月

2010年11月27日 (土)

数は上品だが・・・(^^;

某大型遊漁船が営業を終えて入港するのと入れ替わるように、12時30分出航。
時間の経過とともに風が落ちて波の頭が丸くなり、船が流れる速度も落ちた。
根釣りをするのにふさわしい海況となった。
が、魚影薄し。

どうやら、某大型遊漁船が営業活動直後の根の上で、出竿したようだ(^^;

101127_6【画像:上】
今日の出竿海域はこんな景色が見えるところ。

秋の日はつるべ落とし。
魚信を得られぬまま、太陽が急速に高度を落とす。
15時30分、沖上がり。

【画像:上】
ガヤが4尾。
そのガヤと大して変わらない体長のソイが1尾。

数は上品だが・・・
こんな小さな魚をキープしてきたというのが下品(^^;

| コメント (0) | トラックバック (0)

2010年11月21日 (日)

1年後の竿頭もMさん夫人

昨年は夏にご一緒したMさん夫妻
今年のご一緒は今日。

ご夫妻にはカレイとサケの両方の仕掛けを持って来てもらいましたが、サケでしょう。

ドジャーでも釣れる。
と言うか、ドジャーの方が釣れる(ような気がする)けれど、
  ビュッ
  スロー・スロー・スロー・スロー・スロー
  クッ・クッ
  ドッカーン
と、1本を掛けた時の達成感の大きいキャスティングで掛けたい。
掛けて欲しい。

東の空の明けの明星が白みかけた空に溶け込みそうになる6時15分、出航。

本船航路から港を出、港口標識の黄色ブイをたどって数分間の西進。
良ナギ。

6時33分、日の出。
日の出間もない日射を受けて、KON-chan号10時方向、70m先、サケの跳ね。

  ビュッ
  スロー・スロー・スロー・スロー・スロー
  クッ・クッ
  ドッカーン

Mさん夫人の竿にファーストヒット(^o^)

101121_2【画像:上】
本日の出竿海域はこんな景色が見える所。

【画像:下】
船中キープは、
オス×4
メス×4
(バレ・リリース×10)

13時、沖上がり。

1年後の竿頭もMさん夫人。

| コメント (2) | トラックバック (0)

2010年11月20日 (土)

満足感50%OFF

手前船頭だと、サケのように重さがあり力の強い魚の取り込み(タモ入れ)は結構難しい。
サケはクチビルが硬いので、フッキングが確かなら滅多にバレることはないのだが、それが分かっていながらもタモ入れ時の緊張感はなかなかのもの。
これは気分を悪くする緊張感ではなく、その逆、ワクワク感のある実に心地いい緊張感で、自前でタモ入れしたサケはそうでないサケの5倍くらいの満足感となる。

つまり、サケを1尾あげたら5尾あげたに相当する満足感にひたれるということ。

本日、満足感は2.5尾相当(^^;

6時10分、出航。
13時、沖上がり。

101120【画像:上】
日の出直前、東の空が紅(くれない)に焦げた。

跳ねを探して伊達、豊浦、静狩まで。
が、スカ。

10時頃になって、画像の海域で跳ねが見え出したとの知らせ。
港を出て、すぐの海域。

【画像:下】
メスが掛かったと思わせたが、2年魚(3年魚?)のオス。

タモ入れ満足感、50%引き(^^;

| コメント (0) | トラックバック (0)

2010年11月 7日 (日)

北北西に進路を取れ Ⅱ

立冬。
6時、出航。
6時15分の日の出を背中で見る。
防波堤を出て西進、数分のち右転舵。

北北西に進路を取る。

波の頭が尖り、船速を上げられない。
跳ねも見えずの航海を1時間半。

小幌のちょっと手前沖で、KON-chan号10時方向、50メートル先、サケの跳ね。
跳ねの方向に船首を向けてスロットルを戻す。
船の行き脚が向かう先にキャスト。

ルアー着水後20秒。
バイト(^o^)

101107【画像:上】
今日の出竿海域はこんな景色が見えるところ。
朝からのモヤがずっと続いた。
油で汚れたレンズの眼鏡を掛けているような気分で、久し振りに船酔い。

11時30分、沖上がり。

【画像:下】
オス 1
メス 4

真ん中の小さい銀ピカ。
もしや鮭児か、と期待させたが、体は小さいけれどイクラ入りメス。

| コメント (5) | トラックバック (0)

2010年11月 6日 (土)

北北西に進路を取れ Ⅰ

『北北西に進路を取るな(^^;』なら、前記事。

早い時期に噴火湾に入るサケは河口に寄るのが早く、沖でサケを見つけるのは大変に難しい。
だから、そんな時期に船釣り師がサケを狙うとしたら、浜からキャストする人たちが狙うのと同じサケが対象ということになる。
私もサケ釣りを知って間もない頃、浜からキャストする人たちの真向かいに船をアンカリングして、河口近くの浅瀬にたまっているサケを掛ける釣りをしたことがある。
が、この釣りはやめた。
絵鞆の多くの船釣り師同様、私がサケを狙うのは秋も深まって沖で跳ねが見られるようになってから。
今頃。

1011069時、出航。
本船航路から港を出て、港口標識の黄色ブイをたどって西進後、伊達火発の煙突に船首を合わせ、北北西に。

稀府沖。
白い飛沫を伴って、秋の濃い青色の空に向かってサケが跳ねた。

【画像】
今日の出竿海域はこんな景色が見えるところ。
他艇からは、『サケ、ヒット』のコール。
北北西に進路を取ったことは、間違いではなかった模様。
が、私の竿は曲がらず(^^;

11時、西風が降りて来て、たちまちシケ。
11時半、沖上がり。

ボーズ(^^;

| コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年10月 | トップページ | 2010年12月 »