« 上海地下鉄事情 | トップページ | 本日、大潮 »

2010年6月12日 (土)

〝いちど読んだ〟山川日本史(^^;

もういちど読む山川日本史(注1)が、売れている。
“大人のための教科書”というのがキャッチコピー。

---『もういちど読む山川日本史』 前書きからの一部引用 はじめ---
以前、高等学校の教科書として使われていた『日本の歴史(改訂版)』をベースにしていますが、一般の読者を対象として記述を全面的に見直し、時代に即応した簡潔かつ明確なかたちに改めました。
                              ---引用 おわり---
とのこと。

もういちど読む山川日本史』というくらいだから、『日本の歴史』(注2)いちどは読んだという前提で読む本なのだろう。
だけど、〝もういちど読む〟も何も、いちどでも読んだことがあるのかないのか、私は覚えてはいない(^^;

100612

で、〝いちど読んだのかを覚えていない〟『山川日本史』を開くことから。

「歴史観」だとか「歴史認識」だとかという言葉は、私には重過ぎる。
読み物として、『山川日本史』を手にした。

『山川日本史』のスタートは、化石人の浜北人・港川人・山下町洞人から。
そして、紀元1世紀に書かれた『漢書 地理志』中の「倭人」の語が本書における日本(人)の有史の始まりで、終わりは2002年小泉訪朝。
408ページの2千年。

本日、読了。

朝飯に何を食べたのかも昼頃には忘れてしまっている烏頭の私。
読み終えた直後なのに、もう何が書かれてあったのか頭から霧散。
これでは、〝いちど読んだ〟山川日本史とはとても言えない(^^;

が、『山川世界史(注3)も読むべきだろうと、今日、『山川世界史』の表紙をめくった・・・(^o^)

(注1)
〝山川日本史〟とは、山川出版社の高校生用教科書の『日本の歴史』のこと。

(注2)
『日本の歴史』の出版は2004年まで。
いま現在、〝山川日本史〟に相当するのは『詳説 日本史』(だと思う)。

(注3)
『山川世界史』に相当するのは『詳説 世界史』(だと思う)。

【余談】
今回初めて知ったのだが、『詳説 日本史』も『詳説 世界史』も、文科省検定済教科書だという理由で無課税。
795円と安い。
ところで、文科省検定済教科書の扱い書店が少なく、またAmazon.co.jpでも扱っておらず、入手は意外と難しい。
私は結局、両書とも山川出版社のサイト(ブックモール ジャパンの扱いで手数料が210円プラスされる)から購入した。

« 上海地下鉄事情 | トップページ | 本日、大潮 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/48442/48322457

この記事へのトラックバック一覧です: 〝いちど読んだ〟山川日本史(^^;:

« 上海地下鉄事情 | トップページ | 本日、大潮 »